日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

正力松太郎特集

三度目の正直で日本一/(C)日刊ゲンダイ

なぜ「正力賞」は田中投手ではなく星野監督なのか


11日、都内で「正力松太郎賞」の選考委員会が開かれ、楽天の星野仙一監督(66)の受賞が決定。レギュラーシーズンで24勝無敗という空前絶後の記録を残した田中将大(25)には、特別賞を贈ることで落ち着いた。 「東日本大震災があってから、星野監督は先頭に立って戦ってきた。指揮官としての頑張りは、正力賞に一番値する」 とは、王貞治選考委員長の弁。星野監督か、田中か、はたまた、シーズン最多本塁打記録を塗り…

続投の可能性はほとんど消滅

球団と原監督の責任問う声 巨人は「野球賭博」で最悪CS辞退


ロッカールームで原監督ら首脳陣、選手、スタッフに「巨人軍の創設者である正力松太郎は、かつて『巨人軍は紳士たれ』という訓示を残した。グラウンド上、グラウンドの外でも紳士たらなければならない重い責任を、巨人軍は背負っている。それを君たちも忘れてはいかん」と訴え、同日から一、二軍の全選手や首脳陣や球団職員などに聞き取り調査を行うことを決めた。 すでに球団にはファンからの抗議電話やメールが殺到。ネット…

米球団買収は「2人のタッグ」が不可欠

孫&王なら米国も支持 ソフトBに「メジャー球団買収」構想


「球団買収の手続きの際、王さんを球団役員に立てれば、米球界を牛耳る各チームのオーナーたちも、ソフトバンクの米球界入りを支持するはずです」(前出の友成氏) かつて、巨人の正力松太郎オーナーは「アメリカ野球に追いつき、追い越せ」と米球界への対抗心をむき出しにしていたものの、毎年のように日本人メジャーリーガーは生まれても、日米ワールドシリーズは今も実現していない。これは巨人OBの王会長にとっても心残…

広岡氏に「弱いチームで采配を振るってみろ」といわれる原監督/(C)日刊ゲンダイ

「まともな指導者がいない」 広岡達朗氏が古巣巨人をバッサリ


正力松太郎オーナーは「大リーグに追いつけ、追い越せ。それが巨人の宿命である」と言った。今の巨人にはその伝統が薄れている気がしてなりません。 昨年、リーグ優勝を果たしたものの、CSで敗退した。にもかかわらず、のんきにハワイに優勝旅行に出かけてる。本来なら辞退すべきです。思わず巨人のフロントに電話しました。「あの戦力ならリーグ優勝は当たり前。日本一になって初めてよし、ではありませんか。それでは正力…

「九月、東京の路上で」加藤直樹著


のちに読売新聞の社主となる正力松太郎は、当時、特高警察のトップとしてこの流言を信じ、惨劇を拡大させながらも、その後は口をぬぐって他人事を決め込んだという。事実を淡々と列記しながらも、新大久保育ちの著者の悲しみと怒りが行間から伝わる。 (ころから 1800円)…

None

FAで大激突 巨人がソフトバンクに負けられない理由


これは正力松太郎氏の「巨人軍はアメリカ野球に追いつき、そして追い越せ」という巨人軍憲章と同じ。巨人への対抗意識を当初から隠していない。 最近の巨人は日本野球機構内でも存在感が薄れていると指摘する関係者は多い。飛ぶボール騒動、コミッショナー問題でも目立ったのはソフトバンクをはじめとするパの球団の方だった。 巨人が2投手の争奪戦でソフトバンクに敗れるようなことがあれば、「盟主交代」という印象を抱くフ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事