日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

村上春樹特集

None

また空騒ぎ? 村上春樹氏「ノーベル文学賞」へ新たなハードル


医学・生理学賞に続いて物理学賞でも日本人がノーベル賞を受賞し、村上春樹氏(66)を信奉するハルキストたちの期待は膨らむばかりだ。文学賞の発表は8日午後8時(日本時間)。悲願は今年こそ実るのか。 「いま、村上春樹を読むこと」(関西学院大学出版会)などの著書がある文芸評論家の土居豊氏はこう言う。 「ノーベル文学賞は通好みで難解な作品を得意とする作家が選ばれる傾向が強いのですが、昨年はサプライズでした…

いつになったら…?

村上春樹は今年も取れない? ノーベル文学賞の行方を占う


英ブックメーカーの賭け率で村上春樹氏(67)が1番人気だけに、「今年こそ!」と関係者の期待が高まっている。2000年代の受賞者を見ると、いくつかパターンがあるようだ(別表参照)。 村上氏にとって有利な条件はある。おおむね2、3年連続で欧州出身者から選ばれた後は、アジアやアフリカなど他の地域から選ばれている。そして2年連続で1940年代生まれが受賞。いずれも村上氏に合致する。 一方、不利な条件もあ…

大磯

村上春樹ゆかりの地にあった「だれかの家」の雰囲気


村上春樹ゆかりの地(以前暮らしていた)である大磯の図書館には、村上春樹本の展示の仕方にある決まりが存在する。「真偽は分かりませんが、そう聞いたことがありますよ」と、通りがかりの大磯人。とにかく春樹本は目立つ場所らしい。どちらにせよ、外も中も美しい大磯町立図書館は一見の価値あり。 最初に大磯を訪れたのは、昨年8月に開かれた「大磯お茶の間映画館」。港に設置された300インチスクリーンで、海からの気持…

この会場に現れた

村上春樹氏“密着取材”2日間…垣間見えたフクシマへの思い


作家の村上春樹氏(66)が被災地・福島県郡山市の文学イベントに現れた。会場では録音や写真の撮影が一切禁じられたとはいえ、“マスコミ嫌い”の世界的作家が公の場で話すのは極めてマレ。11月28、29の両日、現地で密着取材した本紙が知り得た、復興の途上にある「フクシマ」への特別な思いとは――。 「ボク、カキフライが好きなんです」 うっすらと無精ひげを生やし、赤いチェック柄のシャツにジーパンというラフ…

常に話題を呼ぶ村上春樹氏

紀伊国屋が村上春樹の新刊買い占め 「独禁法」クリアできるか


あの紀伊国屋書店が村上春樹を買い占め――。こんなニュースが注目されている。 話題の本は村上氏が9月10日に発売するエッセー集「職業としての小説家」。「スイッチ・パブリッシング」が刊行するもので初版は10万部だ。このうち9万部を紀伊国屋が買い取ったのち3万~4万部を自社で販売。残りをトーハン、日販などの取次会社を通して他の書店に流通させるという。 目的は「アマゾン」などネット書店への対抗策と報じら…

「IQ84」発売当時/(C)日刊ゲンダイ

また落選でもメゲず…正統派「ハルキスト」の必要十分条件


村上春樹(65)のノーベル文学賞はまたもお預け。これに最も落胆しているのが、約80万人の自民党員より多い、全国100万人(推定)の“ハルキスト”たちだ。 今回、最もショックを受けているのは、増刷を狙った出版社より、全国の村上ファンたち。ハルキストとは、村上春樹の熱狂的なファンのこと。単なる読者の枠にとどまらず、村上自身の生きざま、著作物から多大な影響を受け、生活スタイルまで真似る人たちだ。代表作…

内心はホッとしたのではないか/(C)日刊ゲンダイ

安倍首相が胸をなで下ろした村上春樹のノーベル賞「落選」


村上春樹氏(65)が今年もノーベル文学賞を逃した。授与が決まったのは、フランスのベストセラー作家のひとりであるパトリック・モディアノ氏(69)。ブックメーカーの英ラドブロークスの賭け率では3年連続トップにつけ、「今年こそ」と意気込んでいたハルキストはまたも肩透かしを食らった。文芸評論家の土居豊氏は、落選理由をこう分析する。 「選考するスウェーデン・アカデミーは欧米出身の作家に偏らないように地域配…

「女のいない男たち」村上春樹著


■女を失った男たちの孤独を描く話題の短編集 村上春樹の久々の短編集。6編の小説には、それぞれの事情で女を失った、もう若くない男たちが登場する。 ベテラン性格俳優、家福(かふく)は女優だった妻を数年前に亡くしている。妻は生前、夫以外の複数の男たちと関係を持っていた。(「ドライブ・マイ・カー」) 金にも女にも不自由せずに気ままな独身生活を謳歌(おうか)している中年の整形外科医、渡会(とかい)が、人妻…

気になるところには線を引く

【東京地下鉄株式会社】安富正文会長


相対性理論とかブラックエネルギーとか、神秘的なものに引かれるんですよ」 ■一度も読んだことがない村上春樹 好奇心は衰え知れずでいまだに知識に飢えている。時間があればアマゾンでレビューを読み、面白そうな本を探す。脳みそは並はずれて貪欲だ。 それでも受け付けないジャンルがある。 「毎年、ノーベル賞の発表時期になると、“今年こそ村上春樹だ”などと話題になりますよね。でも、彼の本は一冊も読んだことがない…

地方出張でその土地の本屋に行くのが楽しみ

【まるごとにっぽん】小笠原功社長


小説では村上春樹さんの作品をよく読みます。村上作品は、登場人物が人として足りないところの多いところが人間らしくていいですね。「国境の南、太陽の西」では、保育園の同級生と不倫して、嫁の父に出資してもらってバーを出して、そこで恋に落ちて、というような非人間的な話を淡々と描いている。表面では美しさを見せながら、淡々と描いていくことで人間の嫌なところを浮き彫りにしていくんです。道に外れたことや冷酷さに…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事