日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

上島竜兵特集

草野球がきっかけ/(C)日刊ゲンダイ

今あるのはあの人のおかげ

元日でも「竜兵会」最優先 劇団ひとりの「上島竜兵愛」

当時僕は22歳、16歳から事務所に出入りしていたのですが、同じ芸人とはいえダチョウ倶楽部の上島竜兵さんみたいな大御所は、単なるテレビに出てる雲の上の人。太田プロは大所帯でタレントも芸人もいるせいか、芸人同士の結束とか上下関係っていうのが希薄だったから、接点が全くなかったんです。 翌日集まったメンバーは、たった5人。相手チームから選手を借りてなんとかゲームの形にした…

「ダチョウ倶楽部」になじんだ内山信二(中央)

内山信二の復活劇 他の“しくじりタレント”と何が違った?

この日は「ダチョウ倶楽部」の肥後克広(53)と寺門ジモン(53)と共に、上島竜兵(55)の「代役」で登場。上島不在の理由について肥後は「1人の仕事を入れてしまって、内山クンにピンチヒッターで来てもらった」と説明。ハンチング帽をかぶった内山は、上島になりきり“伝統芸能”の「キス芸」「どうぞ、どうぞ」に加え、アツアツおでん芸ならぬ「アツアツ焼き肉芸」を披露。これが大爆…

最近は「キス芸」が大ブレーク

ダチョウ倶楽部で30年 上島竜平が語る「愛されキャラ」の流儀

上島竜兵(54)は「80歳になっても3人で熱湯風呂に入りたいですね。もちろん、おでんもやりたい。ただ、熱湯風呂に入っても、熱がらず『いい湯だな』となったらヤバいですよね……。笑えませんから」と言う。 リーダーの肥後克広(52)、寺門ジモン(52)とともに“リアクション芸”を追求し続ける。一時、3人の“不仲説”が流れたこともあったが、いまだに飲みに行くほど仲が良いとい…

時代が出川に追いついた?

今週グサッときた名言珍言

「『おまえが俺とチューしたくない気持ちより、俺がチューしたい気持ちのほうが絶対勝ってるから』って言うと、90%チューできる」by 出川哲朗

普段、上島竜兵とやる「ケンカからキス」のくだりで、実際に素人女性とその流れでキスまでしてしまう。 ホンの少し前までは考えられない光景だった。なぜなら、出川は特に若い女性から嫌悪されていたからだ。 女性雑誌「an・an」の「抱かれたくない男」ランキングではダントツの得票数を集め、遂には殿堂入りに。果ては「砂に埋めたい男」1位にもなった。出てくるだけで「ギャー」と悲鳴が…

南部虎弾さん

有名人の財布の中身

電撃ネットワーク南部虎弾さん 所持金は28万5000円なり

その後、劇団テアトル・エコーでコント赤信号の渡辺正行と出会い、そこにいた寺門ジモン、上島竜兵、肥後克広と「ダチョウ倶楽部」を結成したが、南部さんだけ辞めてしまう。 「原因は自分のわがままだと思う。ただ、そのまま芸人も辞めてしまうのはシャクでね。いつも頭の片隅にあったのはパリで見た大道芸。あれで外国人を驚かすことができないかと思って……」 こうしてできたのが電撃ネット…

もはや伝統芸能

露出落ちない「ダチョウ倶楽部」芸歴30周年は有吉のおかげ?

上島竜兵(54)は「オレは分かってたんだよ。奥に行った後、コイツのお椀見たら、そうめんが一本もなかったんです。チェックしたんだよ!」と告発していた。 記録挑戦前には「始流式」と称して、“アツアツのそうめん”を上島に食べさせる“アツアツおでん”の変化球バージョンを披露したり、「じゃあオレがやるよ」「どうぞどうぞ」のくだりを見せたりすると、会場からは拍手が沸き起こった。…

まだ2000万円の借金が残る

田代まさし特別インタビュー

本当にやめた?と聞かれたら「お約束できない」と答える

久々に一緒に写真を撮らせてもらって、その後スタジオ見学をさせてもらったら「ダチョウ倶楽部」もいて、上島竜兵が何回もオレのところに来て「今日、このスタジオに田代まさしが来てるらしいですよ」って。「オレだよ!」って何度言ったか。 志村さんは僕のことをかわいがってくれていて、番組の損害賠償も「今回はいいから」と言ってくれた。それでも他から1億円くらい請求されて、家と車を売…

ダルクでは電話番も

田代まさしが激白 リーダー鈴木雅之と志村けんの言葉の重み

久々に一緒に写真を撮らせてもらって、その後スタジオ見学をさせてもらったら「ダチョウ倶楽部」もいて、上島竜兵が何回もオレのところに来て「今日、このスタジオに田代まさしが来てるらしいですよ」って。「オレだよ!」って何度言ったか。 志村さんは僕のことをかわいがってくれていて、番組の損害賠償も「今回はいいから」と言ってくれた。それでも他から1億円くらい請求されて、家と車を…

ファン絶賛の1枚

奇跡の1枚? 元AKB光宗薫の写真が「かわいすぎる」と話題

今年1月のイベントでは、キスを迫るふりをした上島竜兵(54)に一歩も引かず、逆に顔を近づけて対抗。上島を焦らせ、会場の笑いを誘いました。AKB時代はクールなキャラで売っていたので、ギャップが新鮮でしたね」(芸能ライター) AKB電撃脱退から2年以上がたち、充実してきた光宗。ハマりどころが見つかれば、前田や大島の人気を食う日がやってくるかも?…

一家の主/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

整理券ハケても客ゼロ…ファンも同情ジョイマン高木の近況

この前、中野で飲んでたら、偶然、隣の席にダチョウ倶楽部の上島竜兵さんがいらして、<ジョイマンはそのままで面白い>と声をかけていただきました。涙が出るほどうれしかったですね。それとオードリーの若林(正恭)さんがラジオのオールナイトニッポンで<オレほど定期的にジョイマン(のネタ)をYou Tubeで見てる人間はいない>と言ってくださったみたいで、これもめちゃくちゃうれし…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事