日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

島英二特集

「蒼い月の唄」を褒めた加山雄三

新曲を聴いて「これ、いいね」と言ってくれた加山雄三


島英二 加瀬さんの代わりに僕が12弦ギターを弾いたんだけど、当時の音を再現できたと思う。 鳥塚 僕はついこの前、23日に69歳になった。3人合わせて205歳。全員が、がんサバイバーの「ワイルドガンズ」だけど、4月にはなかのZEROホール、5月には習志野文化ホールで50周年コンサートがある。ケネディハウスでも毎月ライブがあるし、老けている暇はないね。 植田 常に現役でライブ演奏して、お客さんに楽…

「蒼い月の唄」の入った最近のCD

加瀬さんが亡くなった後 自宅から未発表の譜面が見つかって…


島英二 加瀬さんも新しいものが好きだったしね。若い作詞家やアレンジャーたちがチームになって、加瀬さんのメロディーを仕上げてくれたんです。 鳥塚 作詞家の方は「waio」さん。ミンクスゾーンっていうバンドの人で、アレンジが「トマホーク」さん。 島 名前を聞いただけで若い音楽家だなって思った(笑い)。 植田 12月のコンサートは、僕ら3人のオリジナルをメーンにして、この曲は3月23日発売のベストア…

楽屋を訪れ言葉をかけた沢田研二

ライブを見に来てくれた沢田研二「安心した」の一言


島英二 うん。加瀬さんが、銀座にライブハウス(ケネディハウス銀座)を残してくれたっていうのは大きいね。 鳥塚 ケネディハウスでは30年、どんな時でもここだけは定期的にライブをしていたからね。 植田 とりあえず我々3人とマネジャーを加えて話し合って、最後は多数決で決めていくルールにして。とにかく動きだした。去年の12月の中野サンプラザが最初のコンサートで、その時は曲順から何からアイデアを各人で持…

故・加瀬邦彦さん

テニスに凝っていた加瀬さん、Vのラインの入ったパンツを買ったのに…


島英二 ステージで、わざとマイクを1本だけ置いて、鳥塚さんと2人がその1本で歌ってみたり。 鳥塚しげき その方がステージ上で動きが出るんだよね。加瀬さんはそこまで計算してた。 植田 やることなすこと斬新だったね。 鳥塚 加瀬さんが考えた曲順やステージ構成は勉強になった。初めは言われるままやってたけど、僕らもだんだん理解できるようになって。今、3人でやる時に、この経験が大いに役立ってる。 植田 …

(写真右から)鳥塚しげき、植田芳暁、島英二

グループサウンズ時代のイタズラに「ごめんなさい」


島英二 ゲートを出たら「植田ク~ン、鳥塚ク~ン」ってすごい声援でね。 植田 泣いて喜んでいる女子とかね。そんなに全国区の人気とは思ってなかったから、驚いたね。初めて全国区のブレークだったって認識したよ。 鳥塚 朝から夜まで分刻みのスケジュールでね。 植田 移動中くらいしか眠れない日々だったね。 鳥塚 地方から飛行機で東京に帰る時、間に合わなくて空港のゲートが閉まっちゃってて、こりゃヤバイってな…

加瀬邦彦さんの訃報にファン衝撃

がんと闘い…ザ・ワイルドワンズ 加瀬邦彦さん「自殺」の謎


加瀬さんは食道がん、鳥塚しげき(68)は胃がん、植田芳暁(67)は大腸がん、島英二(67)は胃がんだったが、全員克服。 冗談交じりに「ワイルドガンズ」と名乗ることもあった。生涯で作曲した曲は700曲以上。体調が優れず、精神的に不安定になっていたというが、何が加瀬さんに自死を選ばせたのか――。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事