日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

林由郎特集

イラスト・渡辺隆司

林由郎ピッチショットはボールに向かって上からヘッドを


「右ひざを止めて、上から叩いたら左に振り抜け」 ピッチショット(球を上げて止めるアプローチ)を教えるとき、林由郎はそう言って、よく次のような練習をさせた。 左足を少し下げてオープンスタンスに構え、左足かかとの内側にボールを置いたら、右足の前にもう1つボールを置く。右足の前のボールには当たらないように振り下ろしてきたら、左かかとの内側のボールを打つ練習である。 オープンスタンスといっても、左足のつ…

イラスト・渡辺隆司

林由郎ヘッドは目標線の左に振り抜いていく


「スイングは円運動なのに、目標に向かって真っすぐ振ってやろうとするからヘッドが回らず(返らず)、フェースが開いて当たるのでスライスするんだ」 そう言って、林由郎は両手をあけてクラブを持ち、グリップエンドをへそのあたりにつけておいて、右手でクラブを振ってみせた。 左手でグリップエンドをお腹に固定しておいて右手で振ってやると、クラブヘッドは左(内側)に振り抜けていく。これがクラブヘッドの正しい軌道だ…

イラスト・渡辺隆司

林由郎飛ばしは両ひざ、両腕に余裕を持たせて構える


しかし、林由郎に言わせると、「車にたとえれば足はサスペンション、両腕はハンドル」だそうだ。 「土台(足元)をぐらぐら動かして肝心の腕が振れないから、ボールはどこへ飛んでいくか分からないのだ」と言って、林は両足で地面をしっかりと掴んでおいて、足を動かさずに腕でクラブを振ることを教えた。 まず、両足の親指で地面をしっかりとグリップすること。そして両ひざに十分ゆとりを持たせ、腕も突っ張らずに両ひじを…

イラスト・渡辺隆司

林由郎スライスに悩むなら左腕は伸ばさないこと


しかし、林由郎は「左腕を伸ばすな」と言った。 「スライスで困っている人が左腕を伸ばして構えると、左わきがあいて、フォロースルーで左ひじをうまくたためないのでインパクトで逆に左ひじが引けてしまう」 そう言って、左ひじをたためるように初めから曲げて、左わきをぴったりと体につけて構えさせた。 インパクトをイメージして左腕を伸ばし、右わきは体につけて構えることが大事だといわれているけれど、林は左ひじも…

イラスト・渡辺隆司

林由郎スライス防止に役立つひざつきショットドリル


初めから林由郎にゴルフを教わった人は、スライスの悩みを知らずにゴルフを覚えたのではないかと思う。林は足を止めておいて腕の振り方から教えた。 しかし、普通にスタンスを取ってクラブを振ると、土台(両足)が勝手に動いてしまうので腕が振れない。そうすると、クラブが振れずヘッドが返らないからスライスすると言って、林は足を動かせないように構えさせておいて、腕でクラブを振ることから始めた。 「ひざつきショット…

イラスト・渡辺隆司

林由郎 ひじのたたみ方を習得すればスライスは出ない


初心者にゴルフを教えるとき、林由郎はよく右手一本でクラブを振らせた。下に置いたボールに向かい、「当たらなくてもいいから」と言って右手で振らせると、ボールを投げるときのように誰でも右ひじを曲げてクラブを振り上げ、右ひじを伸ばして振り下ろしてやる。 ゴルフをやったことのない人でも、そうしてクラブを振り上げて振り下ろす。「これがクラブを振るときの正しい右手(腕)の使い方」だと林は教えた。 けれども、両…

イラスト・渡辺隆司

林由郎左にハンドルを切る要領でスライスは直る


これはどうしてなのか? 林由郎に言わせると、「インパクトで左腕を伸ばそうとすると、振り抜くときにうまく左ひじをたためないので、逆に引けてしまうから」。左ひじを体の近くで素早くたたんで振り抜いてやらないと、スライスは直らないのだという。 プロはトップスイングで右ひじが下を向いて曲がっている。それと同じように、クラブを振り抜くときは左ひじを下に向けてたたまないと、クラブヘッドで円を描けないので、ヘ…

イ・ボミ(左)とキム・ハヌルで8勝

韓国勢になぜ勝てないか 強い選手がなぜ育たないのか


樋口は師匠の中村以外にも、青木功を育てた林由郎にバンカーショットを教わったこともある。アメリカまで行って、米ツアーでパッティング部門で1位になったことのあるトミー・ジェイコブスに教わってイップスを克服し、全米女子プロに勝ったのはその直後だった。 不動が強かったころは清元登子がつきっきりだった。清元は他に大山志保と、すでに引退した古閑美保も指導していた。しかし清元は「責任を持って教えられるのは3人…

None

シャンクが出たらクラブを短く持ってボールに近づく


林由郎プロが、シャンクで頭を抱えているゴルファーにこんなアドバイスをしていた。 「ボールにもっと近づいて、クラブを短く持って右足を少し後ろに引いて構えて打ってみるといいよ」 シャンクとは、ボールをクラブのネックで打ってしまうミスショットのことだ。 フェース位置で構えているのに、ストロークするとヘッド軌道が前に出てネックに当たってしまう。 これを避けようと、アドレスでボールから離れて立つが、それ…

球を止めるアプローチは右足のつま先を開く


ところが、我孫子GCで佐藤精一や青木功など多くのトッププレーヤーを育てた故・林由郎プロは、バンカー越えなどで球を止めるアプローチをするときは、右足のつま先を外に向け構えたほうがよいと言った。 今の我孫子GCはベント芝の1グリーンであるが、昔はコーライ芝の1グリーンだった。昔は今よりグリーンが小さくて、バンカー越えの砲台グリーンが多かった。だから20、30ヤードぐらいの短い距離でも、サンドウエッ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事