日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

林由郎特集

イラスト・渡辺隆司

いま役立つ名手の技

林由郎ランニングアプローチ 左手をコックしヘッドを上げる

昔、ゴルフ雑誌で林由郎の連載を担当しているときに教わったランニングの打ち方は実に簡単な方法だった。 「左足を引いて少しオープンスタンスにしたらボールの位置は右足の前。それで手を左太ももの内側にセットすれば自然にロフトが立つ」 ここまでは本などに書いてある通りだ。ところがテークバックするとき、林は「右手を横(後方)に動かさずに、構えた位置で左手首をコックすることによ…

イラスト・渡辺隆司

いま役立つ名手の技

林由郎バンカーショット ヘッドの重さを生かして脱出

「バンカーショットが苦手な人はボールの10センチ近くも手前をダフっているから、なかなか一発で出ないんです」 バンカーショットを教えるとき、林由郎はそう言ってピンに向かって20センチぐらいの間隔をあけて2個ボールを置いて打っているのを見たことがある。 後ろのボールには当てないように振り下ろすための練習である。 10センチ近くも手前をダフっている人がやったら、ダウンスイ…

イラスト・渡辺隆司

いま役立つ名手の技

林由郎 バンカーショットはオープンスタンスでフェースを開きリーディングエッジはピンに向ける

「グリーン回りのバンカーから、どうしてあんなに止まる球が打てるんですか」 林由郎に初めてバンカーショットの取材をし、「バンカーもダフらずにボールを打つんだ」と言われたときは、本当にびっくりした。 しかし、よく聞くと、「クロスバンカーのようにボールをヒットしてから砂を取るのではない」と言って、詳しく話をしてくれた。 「クロスバンカーと同じようにボールをヒットしてから砂…

イラスト・渡辺隆司

いま役立つ名手の技

林由郎バンカーショットはボールと砂の間にヘッドを入れるイメージ

しかし、青木はバンカーショットも「ダフらずにボールの真下にヘッドを入れてやる」というのだが、実はこれは我孫子一門を率いて、多くのチャンピオンを世に送った林由郎が編み出したワザだったのである。 それを青木は受け継いで世界一のバンカーの名手になったというわけだ。 「グリーン回りのバンカーからボールを直接打ったらホームランになるのでは?」と言う人が多い。 昔、ゴルフ雑誌…

イラスト・渡辺隆司

いま役立つ名手の技

林由郎フェースの向きは円軌道に対して常に直角

「アイアンでグリーンを狙うときは全部コントロールショット」と言って、林由郎はクラブをかなり短く持ってコンパクトなスイングをしていた。 5番アイアンはトップスイングで、左腕が水平よりほんの少し上がるだけ。スリークオータースイングという感じ。しかし、それでもイラストを見れば分かるように、トップスイングで左肩はスタンスのほぼ中央まで入っている。 アイアンショットをするとき…

イラスト・渡辺隆司

いま役立つ名手の技

林由郎 体の回転に沿ってヘッドは左に振り抜く

しかしそれでも、林由郎は「体の回転に沿ってクラブを振ることには変わりない」と言って、横に振ることから教えた。 昔、ゴルフ雑誌で林の連載を担当した頃、レッスンをしているところへ取材に行くと、よく地面に、真っすぐではなく緩やかにカーブした線を引いておいて、それに沿ってクラブを振るように教えていた。 「真っすぐ上げて真っすぐ振れば、ボールは真っすぐ飛ぶと思っている人が多…

イラスト・渡辺隆司

いま役立つ名手の技

林由郎バックスイングはクラブを頭の後ろに向かって

だからアップライトなバックスイングをすればボールを遠くへ飛ばすことができるというのだが、林由郎は「腰と一緒に右ひじを後方(飛球線の内側)に引いてからクラブを上げる」と言った。 「手を高く上げるだけでは体がねじれない(回らない)ので、クラブは外に上がる。これでは外から下りてきて、カットしてスライスするので、距離も出ない」と林。 だから、まず右腰と右ひじを後ろに引いて…

イラスト・渡辺隆司

いま役立つ名手の技

林由郎ドライバーとミドルアイアンでは左ひざの動きが違う

しかし、林由郎は「右腰と右ひじを後方(目標線の内側)に引いてやることによってバックスイングを始める」と言った。 右腰と右ひじを内側に引けば左肩と左ひざも入ってくるので体がよく回るというのだ。 「左肩を回そうとするより、右ひじを引いたほうが、上体に力を入れずに体をねじれる」という考えは、戸田藤一郎も同じだった。 昔、あるゴルフ雑誌で林を取材したとき、ドライバーとアイ…

イラスト・渡辺隆司

いま役立つ名手の技

林由郎ボール位置はウッドもアイアンも左かかと内側線上

しかし、林由郎は昔からボールの位置は「ウッドもアイアンも全部左かかとの内側線上」と言った。 「左かかとの内側線上に置いたボールの位置は変えず、クラブが短くなったら右足を近づけてスタンスを狭くする。そうすれば頭の位置も左に寄っていくので、横からではなく上からボールを見て構えることが出来る。左足寄りに置いたボールを上から見て構えれば、左足に体重をかけて構えることが出来…

イラスト・渡辺隆司

いま役立つ名手の技

林由郎 スライスに悩んだらフックを打つ練習がベスト

レッスンをしていて、スライスで困っている人がいると、林由郎は最初にフックボールの打ち方から教えた。 そうすると誰もがびっくりする。「スライスで悩んでいる人がフックボールを打つなんてそんな難しいことを?」といった顔をする。 ところが林は、「真っすぐより、ボールを曲げるほうがやさしい。フックボールの打ち方が分かればスライスもしなくなるので、真っすぐなボールも打てるように…

イラスト・渡辺隆司

いま役立つ名手の技

林由郎目標へ飛ばすにはクラブを体の回転に沿って振る

しかし、林由郎は「体の回転に沿ってクラブを振らないと、ボールは目標に向かって飛んでいかないのだから、インサイドアウトに振るのはおかしい」とよく言った。 「インパクトの後、腰や肩が左に回っているのに腕だけ真っすぐ振ろうとしたら体から手が離れてしまう。これではヘッドが回らないので、右に押し出すようなショットが出る。体の回転に沿ってスイングするには、飛球線の内側にバック…

イラスト・渡辺隆司

いま役立つ名手の技

林由郎ピッチショットはボールに向かって上からヘッドを

「右ひざを止めて、上から叩いたら左に振り抜け」 ピッチショット(球を上げて止めるアプローチ)を教えるとき、林由郎はそう言って、よく次のような練習をさせた。 左足を少し下げてオープンスタンスに構え、左足かかとの内側にボールを置いたら、右足の前にもう1つボールを置く。右足の前のボールには当たらないように振り下ろしてきたら、左かかとの内側のボールを打つ練習である。 オープ…

イ・ボミ(左)とキム・ハヌルで8勝

日本のゴルフを斬る

韓国勢になぜ勝てないか 強い選手がなぜ育たないのか

樋口は師匠の中村以外にも、青木功を育てた林由郎にバンカーショットを教わったこともある。アメリカまで行って、米ツアーでパッティング部門で1位になったことのあるトミー・ジェイコブスに教わってイップスを克服し、全米女子プロに勝ったのはその直後だった。 不動が強かったころは清元登子がつきっきりだった。清元は他に大山志保と、すでに引退した古閑美保も指導していた。しかし清元は「…

None

100の壁をブチ破れ

シャンクが出たらクラブを短く持ってボールに近づく

林由郎プロが、シャンクで頭を抱えているゴルファーにこんなアドバイスをしていた。 「ボールにもっと近づいて、クラブを短く持って右足を少し後ろに引いて構えて打ってみるといいよ」 シャンクとは、ボールをクラブのネックで打ってしまうミスショットのことだ。 フェース位置で構えているのに、ストロークするとヘッド軌道が前に出てネックに当たってしまう。 これを避けようと、アドレス…

スイング理論ウソホント

球を止めるアプローチは右足のつま先を開く

ところが、我孫子GCで佐藤精一や青木功など多くのトッププレーヤーを育てた故・林由郎プロは、バンカー越えなどで球を止めるアプローチをするときは、右足のつま先を外に向け構えたほうがよいと言った。 今の我孫子GCはベント芝の1グリーンであるが、昔はコーライ芝の1グリーンだった。昔は今よりグリーンが小さくて、バンカー越えの砲台グリーンが多かった。だから20、30ヤードぐら…

None

グリーン黙示録

カナダカップが青木功を世界に飛び出させた

第4回のときに林由郎と石井廸夫が出て団体4位に入った。林のキャディをしていた少年(青木功)がゴルフで海外へ行けると知って発奮したという話が残っている。こういう歴史が日本のゴルフの土台になっているのだが、先週の試合で男子では上位8位タイまでの9人の中で日本のプロは武藤を含めて2人だけ。また女子では8位タイまで13人のうち日本人は10人いるが、優勝と2位は外国人。 余計…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事