日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

瀬戸内寂聴特集

深夜のしゃぶしゃぶがお好き

元気の秘訣は「肉食」 瀬戸内寂聴“93歳”でも衰えぬ執筆意欲


とても仕事ができそうです」 副賞であるパーカーのデュオフォールド センテニアル万年筆(10万8000円)を受け取り、にこやかに喜びを語ったのは僧侶で作家の瀬戸内寂聴先生(93)。「第12回万年筆ベストコーディネイト賞2015」が24日に行われ、“万年筆が最も似合う著名人”のひとりとして選ばれたのだ。 1957年に文壇デビューして以来、万年筆で原稿を書き、数々の話題作を世に送り出し続ける女流作家で…

対談では笹井氏についても言及

小保方さん 瀬戸内寂聴氏との対談で激白「殺されると…」


「小保方さん、あなたは必ず甦ります」と題された記事は、瀬戸内寂聴氏(94)との対談形式で構成されている。白いレースのミニワンピースを身にまとった近影も掲載されている。 対談では、「男性からの攻撃はものすごく暴力的で、本当に殺されると思いました」「味方がいないと思っている人の気持ちに寄り添えるようでいたい」などと、心境を吐露。「アメリカやドイツなど、不思議と海外の研究機関からはお誘いが来るのです…

勝新太郎

瀬戸内寂聴さんは「一銭も持ってないのに気前がいいんです」と振り返り…


「一銭も持ってないのに気前がいいんです」と語るのは作家の瀬戸内寂聴さん。 「京都で1人5万円のステーキを食べようと言い出したんですが、急きょ金策に走って大阪のパチンコ屋さんを呼び出して払ってましてね。祇園でもその人が払って。そのとき勝さんを懐かしがって古い芸者や舞妓が来て座が賑わったんです。その人たちみなに、1万円ずつ渡すんですよ。私たちは、それが自分のお金じゃないのを知ってるから、おかしいやら…

鋭い指摘/(C)日刊ゲンダイ

瀬戸内寂聴さん「子供たちにこの国を渡して死ねない」


「人間は情けないから50年くらいたつと忘れてしまう」「安倍政権の中には戦争を知っている政治家はいないんですよ」――瀬戸内寂聴さんの言葉は鋭く、重い。ぜひ、安倍首相に読んで欲しい。 ■安倍さんのクスリは興奮剤じゃないの? ――都知事選の応援の際、これは脱原発の戦いだけでなく、安倍政権をストップさせる戦いだ、とおっしゃった。しかし、その後も安倍政権はイケイケドンドンという感じで、集団的自衛権の行使容…

「わかれ」瀬戸内寂聴著


(新潮社 1400円+税)…

細川護煕を応援する有志記者会見/(C)日刊ゲンダイ

大集結した「細川支援」文化人 すさまじい熱気と切実な声


ついには吉永小百合、菅原文太も支援に名乗りを上げて、賛同者リストには作家の瀬戸内寂聴、澤地久枝、作曲家の三枝成彰、作詞家のなかにし礼、脳科学者の茂木健一郎、アートディレクターの佐藤可士和、日本文学者のドナルド・キーン、女優の川島なお美、漫画家のさかもと未明、ジャーナリストの下村満子、画家の千住博など錚々(そうそう)たる顔ぶれが並ぶ。彼らが語る細川支援の理由を集めてみた。 ■共通項は「こんな日本で…

細川氏を支援する瀬戸内寂聴、茂木健一郎、湯川れい子各氏/(C)日刊ゲンダイ

都知事選 脱原発で一致団結「細川勝手連」の錚々たる面々


瀬戸内寂聴氏をはじめ、錚々たるメンバーだが、この他にも、脳科学者の茂木健一郎氏が細川支持を明言。日本ユニセフ会長の赤松良子氏、作家の澤地久枝氏、ジャーナリストの下村満子氏、野中ともよ氏も支持するという。 細川と親しい女優の吉永小百合氏や歌手の加藤登紀子氏も支持に回る可能性が濃厚だ。 20年以上脱原発運動をし、危機を訴えてきている音楽評論家の湯川れい子氏は、細川支持の理由をこう話す。 「舛添さん…

大橋巨泉(左)と安倍首相

「安倍晋三の野望は恐ろしい」 大橋巨泉さん“遺言”の壮絶


本紙インタビューに登場した作家の瀬戸内寂聴(94)の言葉はこうだった。 「当時もね、われわれ庶民にはまさか戦争が始まるという気持ちはなかったですよ。のんきだったんです。袖を切れとか、欲しいものを我慢しろとか言われるようになって、ようやく、これは大変だと思いました。こうやって国民が知らない間に政府がどんどん、戦争に持っていく。そういうことがありうるんです」(14年4月4日付) 学徒出陣を経験した…

まるで美人姉妹のよう

作家・落合恵子さん 母親との濃密な日々を振り返る


大江健三郎氏、瀬戸内寂聴氏らが名を連ねる「さようなら原発1000万人アクション」の呼びかけ人の一人。…

著者の小林哲夫氏

「シニア左翼とは何か」小林哲夫氏


ご意見番は大江健三郎、瀬戸内寂聴、澤地久枝、森村誠一など、反体制・反権力的な意見表明をしてきた知識人だ。 「それに対して、初参加組は、孫たちの将来を考えると、原発再稼働も安保法制も許せないと、60歳を超えて初めて参加した人たちです。1970年当時、大学生は同世代の20%、全共闘は多数派ではありませんでした。でも、戦後の民主主義教育を受けた人たちが危機感を抱いて初参加するほど、状況がひどいというこ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事