日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

佐藤信夫特集

浅田の膝は回復するか

3回転半回避しSP5位…浅田真央に囁かれる“ジャンパー膝”


浅田は左膝の状態について「大丈夫です」と多くを語らないものの、佐藤信夫コーチは「無理をさせられない。焦らずに進めるしかない」とし、“大技”がいつ披露できるかは不透明な状況だ。 それだけに、スケート関係者の間では重症説もささやかれ始めている。審判経験者によれば、先のフィンランディア杯でも滑りに異変が生じていたという。 トリプルアクセルを回避せざるを得ない中、着実なスケーティングで加点を狙いながら…

今でも表現力は日本人随一だが…

GPファイナル最下位で涙…浅田真央に「引退危機」再び


だからだろう、浅田を指導する佐藤信夫コーチも、当初は「現役復帰は難しい。ボロボロになるぞ」と引退を勧めていたという。 フィギュアスケートの世界では25歳は決して若くはない。まして18年平昌五輪では27歳になる。親しい関係者には「1年間休養して、体重が落ちにくくなった」と漏らし、現在もハリ治療やマッサージが欠かせなくなった。 ただでさえ、今回の復帰に関しては、スケート連盟の意向も強く働いたといわ…

イメキャラを務める化粧品メーカーの広告発表会に出席

真央を悩ます「体重管理」 技術に手応えもベストから3キロ増


すでに佐藤信夫コーチのもとで練習を再開しており、連日3~4時間のメニューをこなしている。この日も早朝練習後に、イベントが行われた都内の会場に駆け付けた。 約1年間のブランクがあるものの「(佐藤)コーチと本格的にやり始めたのは5月に入ってからですが、今は技術が出来てきている」と早くも手応えを口にした。 もっとも「ケガをすると大変なので、体重管理が必要だなと感じている」と話した通り、ジャンプや演技の…

すでに練習を再開している浅田真央

連盟の“権力争い”まで絡み…浅田真央「現役続行」の全舞台裏


休養中の女子フィギュアの人気者が「師事していた佐藤信夫コーチ(73)に再び指導を依頼」とあったが、同じ日に佐藤コーチも「そういう方向(現役続行)でいきたいと聞いている」と認めた。同コーチによれば、すでに真央は練習を再開しており、「18日に(記者会見で)本人が話すというので、それまではそっとしてあげて欲しい」とした。 真央は「集大成」と位置付けた昨年2月のソチ五輪に惨敗。帰国後は進退について「ハー…

充電完了!

1年間の休養経て…浅田真央が「現役続行」へ 18日に正式表明


すでに復帰に向けて、佐藤信夫コーチに指導を依頼、5月から本格的な練習も再開した。18日に都内で記者会見を行い正式に表明する。 14年2月のソチ五輪後、去就について「ハーフハーフ」としていた浅田は5月に、「心身の疲労」から1年間の休養を宣言。今季はアイスショーには出演したが、競技大会は欠場した。休養中はラジオのDJ、姉や友人との旅行などスケートを離れて充電。そうした中から改めてフィギュアへの思いを…

佐藤コーチでは厳しい… 真野慎也/JMPA

平昌五輪を目指すなら…浅田真央に求められる「コーチ交代」


■心のケアができず 佐藤信夫コーチ(72)も「なんて言ったらいいか分からないですね。何が彼女の中で引っかかっているのか。調子は悪いわけではない。これが五輪といえば、それまでなんでしょう」というだけ。浮足立つ教え子に対しお手上げ状態だった。 佐藤コーチはフリー演技直前、高熱で寝込んだ教え子が気力でリンクに上がり、会心の演技を披露した話を真央に聞かせたという。「どんな状況に追い込まれても選手は気持…

ベストなコンビだったのか? 真野慎也/JMPA

真央とのスケート観にズレ…佐藤コーチの指導に“疑問”の声


浅田真央が佐藤信夫コーチ(72)に師事したのは、2010年9月から。以来、ジャンプやスケーティングを基礎から見直してきた。約3年半で真央のスケーティングやステップはよくなったが、なぜかトリプルアクセル(3A)の成功率は上がらなかった。 五輪シーズンに入っても、3Aは一度も成功していない。それなのに今年に入ると、フリーで2度跳ぶはずだった3Aを1回に減らすというプログラムの変更で対処しようとした。…

完全アウェーのリンクで 真野慎也/JMPA

団体SP出場は裏目…浅田真央にメンタルとアウェーの壁


もしメンタルの先生がいるのなら指導力に問題があるのではないか」 佐藤信夫コーチがいくらスケーティング技術を教えても、五輪の舞台で過度に緊張すれば普段の演技はできない。競技を問わず、トップアスリートがメンタルトレーナーに指導を受けるのは今やスポーツ界の常識だ。 ■15歳リプニツカヤの活躍 「真央にとって団体競技の経験は大きなマイナスになる」との声もある。 現地記者が言う。 「真央の前に滑ったのは地…

村主章枝の妹で解説者の千香氏/(C)日刊ゲンダイ

切ない表情、恋の明るさ…真央「完成形に近い」と村主千香氏


スケーティングが乱れると、スピードが出ずに、高く跳べないのです」 ■感情表現 ――スケーティング以外に顕著な部分はありますか? 「バンクーバー五輪以降の4年間、佐藤信夫先生のもとでスケーティングを基礎から見直して精神的な余裕もできたことで、ステップでは確実にレベル4を取り、ジャンプで失敗しても他の要素で点が取れるようになったのは強みです」 ――他の要素とはどんなところですか? 「もともと、ジャン…

バンクーバーではコーチだった(右)/(C)日刊ゲンダイ

浅田真央の“最強参謀” ロシアでの絶大な存在感と影響力


佐藤信夫コーチ(72)はオーサーほどの戦略家ではないだけに、今季フリープログラムの振り付けを担当したあのオバちゃん、タチアナ・タラソワ(66)の存在が大きい。 タラソワの父はソ連時代、アイスホッケーの代表チームを9度の世界王者に導いた英雄アナトリー・タラソフ。11年に他界した旦那(ウラジミール・クライネフ)は著名な音楽家だ。この2人に加え、「タラソワを知らないロシア人はいない」といわれている。 …

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事