日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

小沢昭一特集

「あしたのこころだ 小沢昭一的風景をめぐる」 三田完著


小沢昭一は2012年12月、83歳の生涯に幕を閉じた。亡くなる直前まで、40年続いたTBSラジオの番組「小沢昭一小沢昭一的こころ」の収録を続けていた。 著者は作家で元NHKのディレクター。2009年からこの長寿番組の筋書き作家となり、晩年の 小沢と交流を持った。「小沢昭一的風景」を巡る著者の旅は、千日谷会堂で営まれた小沢の通夜の場面から始まる。そして、亡き人を偲びながらゆかりの地を訪ね歩き、過…

永六輔(左)への感謝を語る木の実ナナ

ファンであり批評家 木の実ナナを励ました“永六輔の手紙”


■真っ赤なロングドレス姿を「さすが、粋だねえ」と 75年には小沢昭一さん主宰の劇団「芸能座」の旗揚げ公演。永さんが脚本を書かれた「清水次郎長伝・伝」で、次郎長の妻・お蝶役を任され、1カ月以上、全国各地をご一緒したのが懐かしく思い出されます。 永さんや高石ともやさんらが立ち上げた京都の「宵々山コンサート」に出演したのもこのころ。他の出演者はジーパンとかラフな格好でステージに上がっていたけど、私は…

「永六輔の伝言」矢崎泰久著


補導されたときの警官の一言がきっかけという渥美の芸能界入りのエピソードや、永の家に入り浸り、新婚旅行にもついてきたという渥美との若き日の思い出をはじめ、ともに中年ご三家を名乗って一世を風靡した野坂昭如や小沢昭一、美空ひばりら、「昭和」を生き抜いた有名人たちの気骨を伝える。(集英社 740円+税)…

「男の詫び状」野坂昭如著


岸田今日子、妹尾河童、阿川佐和子、吉永小百合、小沢昭一、永六輔、筒井康隆、横尾忠則らからの病気見舞いとして書かれた手紙に、野坂が闘病を感じさせないキレのある返答で応えていく。 たびたび手紙に書かれるのは、野坂自身の戦争体験だ。「今の日本は危なっかしい。戦争がすぐそばにある状態。ぼくらには戦争を語り続ける義務がある」と憂い、「このまま行けばまた同じあやまちの繰り返しか」と戦争を伝え切れなかった昭和…

None

洲崎パラダイス 赤信号(1956年 川島雄三監督)


新珠の客あしらいのうまさ、芦川いづみの可憐さ、小沢昭一のすっとんきょうな出前持ちも本作の魅力だ。 洲崎は現在の東陽町駅付近にあった。 地元の人によると20軒前後の遊郭があり、娼婦は純情で優しかった。亡くなった二枚目俳優はこの地の遊郭の息子だったという。 (森田健司)…

これが芸人の世界だ編


古今亭志ん朝、柳家小さん(5代目)、立川談志に始まり、早野凡平、マルセ太郎、小沢昭一ら計30人の芸人のエピソード。実はその半数以上が故人。彼らの類いまれなる才能に惚れ込んだ著者が、友人として、評論家としての思いをつづる。2001年に自ら命を絶った桂三木助(4代目)との秘話は涙を誘う。落語が好きな人は一読しておきたい「演芸人類学」だ。 (新潮社 1300円+税) 1970~80年代、テレビが最も…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事