日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

土田晃特集

土田晃之が長年通い続ける佐野ラーメンの名店「おぐら屋」


バラエティー番組で引っ張りだこのピン芸人、土田晃之(42)はラーメンが大好物。多い時には週7回も食べることもあるというツッチーがわざわざ遠くまで食べに行く店があるという。 栃木県佐野市にある「麺's SHOP おぐら屋」は、ご当地グルメ“佐野ラーメン”の人気店。最寄りの田沼駅から車で10分と、市街地からは離れているが、何しろその人気は絶大で、遠方から観光バスで人が押し寄せるほど。足しげく通う地元…

お笑い芸人 土田晃之さん (41)


芸能界随一のサッカー通/(C)日刊ゲンダイ

土田晃之が腰痛とおさらばできた名波浩の「引退試合」


左から土田晃之、小籔千豊、田村淳

TV界での生き残りかけ…“コメンテーター芸人”が増殖中


今のところ“コメンテーター芸人”として抜きんでているのは土田晃之と小籔千豊か。 司会としては関東圏で放送中の「週刊リテラシー」(東京MXテレビ)の田村淳が“政治芸人”と呼びたいくらい、安倍政権をタブーなしにブッタ斬っている。 しかし、こういう政治バラエティーの仕事が増えることを芸能プロとしては歓迎できない面もある。だれとは言わないが、ワイドショーや政治バラで突っ込んだコメントをしない芸人は、複…

山口もえ(左)との結婚を発表する田中(右は太田)

爆問・田中&山口もえ 7月「再婚スクープ」を否定したウラ


東MAXとか、つっちー(土田晃之)とか友近も誘ったんだけど、みんなダメで。そうしたら彼女が『子供連れてってもいいですか?』と。それで4人でご飯を食べに行きました。それからしばらくご飯に行く関係が続いた」と経緯を語り、最初のデートから2年半の間、ずっと子供連れで過ごしてきたというからアッパレ。 今年1月に山口の父親と初対面した際は「再婚同士だし、正直2人はどうでもいい。ただ、孫が悲しまないように」…

最近は「キス芸」が大ブレーク

ダチョウ倶楽部で30年 上島竜平が語る「愛されキャラ」の流儀


今や上島よりもはるかに売れっ子になった有吉弘行や土田晃之、劇団ひとりら後輩芸人との飲み会だ。そこでの話題を後輩がテレビで披露し、上島に突っ込みを入れたりすることで、笑いが生まれている。 「後輩から『めんどくさい』と思われないよう一番気をつけてます。以前、デンジャラスのノッチを飲みに誘ったら、『お腹が痛い』と断られた。でも、飲み会中にリーダーが電話したら、来たんです。『正露丸を飲んだら治りました』…

番組内で森進一に謝った高橋克実と安藤優子

フジ「グッディ!」 MC2人が番組中に“制作サイド非難”の波紋


この一連の取材VTRに対して番組コメンテーターの土田晃之(42)が「うるせぇやつだな」「本当にクソみたいな……」と吐き捨てると、MCの高橋克実(54)も「森さん、本当に失礼しました」「一体何をしてたんですか、この番組は」と取材ディレクターを非難。同じくMCの安藤優子(56)も「見ていて心臓ドキドキしましたよ。申し訳なくて」と同調したのである。 「グッディ」は今回の森に限らず、“直撃LIVE”と…

クリス松村

「しゃべりが命」とはいえ…クリス松村に心配される“暴走癖”


16日に放送された「僕らが考える夜」(フジテレビ系)で「玉の輿には乗らない」と答えた渡辺麻友を擁護し、「乗る」と答えた島崎遥香と島田晴香に「あんたらは間違ってる」と責めると、土田晃之に「ジジイは黙っとけ!」と一喝された。 クリスの暴走はこれだけではない。5月には「5時に夢中!」(MXテレビ)に出演してトークで暴走、MCのふかわりょうに「帰ってくれ! もう二度と来ないでください」と出禁を言い渡され…

休日は娘とべったりだとか

“イクメン芸人”定着のフジモンが「イケメンに見える」なぜ?


お笑い業界にはすでに、土田晃之(42)や加藤浩次(46)などの「イクメン芸人」がいるが、フジモンの場合、こうした日々の何気ない家族の風景をユッキーナの“妻目線”から垣間見ることができるのが、若い女性の共感を呼んでいる理由のようだ。 第2子が誕生したら、さらにイクメン“バブル”が続くことになるフジモン。一生、ユッキーナには頭が上がらないか。…

情報番組はバラエティー色3割増し

華丸、ハライチ沢部…増殖する芸人コメンテーター辛口審査


サバンナ高橋茂雄(39)、カンニング竹山隆範(44)、麒麟川島明(36)、土田晃之(42)の中堅勢は無難にやり過ごしているだけで、可もなく不可もなく。コメンテーターらしくしようと猫をかぶっているのか、安藤優子に萎縮しているのか、いいところがまるで出ていない。キャラを生かして竹山が安藤にブチギレたら視聴率が上がるかも!? ひな壇番組が減少、あふれた芸人たちが流れ流れて情報番組に。おかげで情報番組は…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事