日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

渡辺善一特集

None

野球のバットスイングで飛距離を伸ばす


パワフルに振れるようになります」(渡辺善一プロ) ゴルフは地面にあるボールを打つので、スイング軌道はタテ振りになる。体の水平回転エネルギーと同調させるのが、なかなか難しい。言い換えれば、水平回転エネルギーを有効に使うのが難しいため、手打ちになりやすいのだ。だからこそ水平素振りで体の使い方を覚えなければいけない。いってみれば、野球素振りだ。 クラブを野球のように水平に思い切り振ってみよう。野球のバ…

None

飛距離アップにハンドダウンで横振りする


『とりあえずトップの高さをグリップひとつ低くすればいいのではないか』って」(渡辺善一プロ) そのアドバイスで実際に飛距離は伸びるという。 ゴルフスイングはダウンブローが鉄則だ。アイアンなどは、この感覚がなければ、ボールを取っていけない。しかし、ドライバーのようにティーアップされたボールを打つときは、払い打つようにフラット軌道でクラブを回転させた方が、体の回転エネルギーを有効にクラブに伝えられるの…

None

スライス防止はクローズに構えゆったり振る


「そういうときは、スタンスをクローズにして、ゆったりとしたタイミングで振ってやるとボールがつかまるように修正できます」(渡辺善一プロ) まず、スクエアにアドレスしたら、右足を靴1足ぶん後ろに引いてクローズドスタンスにする。肩のラインはスクエアのままだ。 クローズにスタンスをとったら、ゆったりしたテークバックを心がける。トップからの切り返しは下半身先行でスタートする。スタンスをクローズにしている…

None

ショートパットのひっかけは頭の向きで防ぐ


渡辺善一プロが秘策を授けてくれた。 「ショートパットは顔を最初からカップに向けておけばいいんですよ。そうすれば引っかけの凡ミスなんてやりません」 まず、素振りをしてアドレスに入る。もちろん最初は顔はボールに向いている。目もボールを見ている。そこまでいったら、頭をひねって顔をカップに向ける。打つボールは横目で見るのだ。 「そうすれば、ボールからカップまで気になる部分が、顔を動かさなくても見渡せま…

None

素振りは意識してやってこそ練習になる


そういう素振りを繰り返せば、体が正しいスイングを覚えていきます」(渡辺善一プロ) スポーツでは、「体で覚える」という言葉がよく使われる。反復練習によって、体が反射的に正しく動くようにする。ゴルフなら、それが素振りという反復練習なのだ。 「体に覚えさせる」のにも手順がある。反復練習は考えながら行わなければ効果はない。考えるのは大脳(運動野)だ。大脳で修正し、考えながらフォームを固めていくと小脳がそ…

None

家の中でもできる「100切り」練習


スコアづくりは、そこからなんです」 というのは、渡辺善一プロだ。 ドライバーは結果的に一番遠くにボールが飛ぶクラブではあるが、飛ばそうと思って振るクラブではないと指摘する。シャフトが長く、ロフトが立っている。他のクラブと同様に普通に振って距離が出るクラブなのだ。 「ドライバーは飛距離を競うクラブではない」(渡辺プロ) スコアをまとめるのは、「ボールを遠くに飛ばす」という意識を根本的に改めて「確実…

None

体をトップに止めてフックを打つ


「スライスが直らないゴルファーはフックボールを打つ練習をすればいいのです」というのは渡辺善一プロ。 スライス病のゴルファーがいったいどうやったらフックが打てるのか。 「トップまで体をしっかり回したら、そこで体を止めて、手だけでボールを打ちにいけばいいのです」 体を右にしっかりひねり上げたら、腰も上体も右に向けたまま、手だけをボールに向けて振り下ろしていく。つまり手・腕だけでボールを打ちにいくの…

None

一本足打法で飛距離アップを目指す


「飛距離不足に悩んでいるなら、一本足打法の練習が近道です」と、アドバイスするのは渡辺善一プロだ。 一本足打法といえば、野球のホームラン王、王貞治選手。 「そう、あれを真似して練習してみてください」 テークバックで左足を上げ始め、トップでは完全に右足に乗ってしまう。 切り返しは、左足の戻しから始まる。 トップまで回しきった上体を残して、左足をアドレス位置に戻していくと、猛烈なねじりパワーが生じる…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事