日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

井村雅代特集

「井村雅代不屈の魂」川名紀美著


井村雅代は1950年、大阪生まれ。小学4年生の時、兄姉たちと名門・浜寺水練学校に通い始めた。そして、「シンクロって、きれい」という母の言葉に導かれて、シンクロナイズドスイミングを始めた。マイナーなシンクロの世界で選手となり、中学の保健体育の教師になってからも続けていた。 その後、浜寺のコーチになり、指導者として頭角を現していく。練習は過酷だ。選手たちには、円柱のような丸い体、競泳並みの体力、精…

リオでは銅メダルを獲得

東レ×デサント マーメイドジャパンの水着を共同開発


そんなマーメイドジャパンが本番で着た水着は、井村雅代コーチの注文を受け、「東レ」と「デサント」が共同で開発しました。 何でも水中リフトの際、生地の滑りを少なくし、選手が持ち上げやすい特殊な加工がされていたそうです。今回のシミュライズはこの2社の待遇を比較してみました。 東レは、1926年に東洋レーヨンとして創業。現在、航空機などに利用される炭素繊維では世界最大手です。 一方、デサントはスポーツウ…

惨敗に終わった池田勇太

優れた指導者がいない限り東京五輪もメダル獲得は無理だ


シンクロナイズドスイミングがリオ五輪でメダルを奪還出来たのは、井村雅代監督が中国から戻ったからだ。 日本のゴルフが東京五輪でメダルを取れるかどうかは、指導者いかんにかかっている。 「個々の選手にコーチがついているので、技術的なことについては口出しをしない」 リオ五輪のコーチに就任した丸山茂樹はこんなことを言っていたが、これではコーチとはいえない。コーチは全責任を持って選手を指導し、メダルを取れ…

チームも3位でフリーへ

練習は1日12時間 シンクロ日本復活の裏に「ハイポ」あり


かつては「お家芸」としてメダルを量産してきたシンクロも、井村雅代ヘッドコーチ(HC)が04年のアテネ五輪後に中国代表コーチへ転出すると、一気にレベルダウン。前回のロンドンでは、チーム、デュエットとも5位に終わり、五輪で初めてメダルを逃す屈辱を味わった。対して中国は北京、ロンドンの2大会で3つのメダルを獲得する大躍進。改めて井村HCの手腕がクローズアップされた。 ■「地獄」と呼ばれるスパルタ練習…

井村コーチ(央)の誕生日をメダルで祝った乾・三井ペア

シンクロデュエットで銅 乾・三井組に“リフト50cm”の差


187.1358点にとどまったウクライナを0.9189点差で上回り、現地時間16日に66回目の誕生日を迎えた井村雅代ヘッドコーチにメダルをプレゼントした。 前回のロンドンで84年ロサンゼルス大会から続いていたメダルが途切れた日本は、北京大会を最後に代表HCを離れた井村氏が14年に復帰。合宿中は多い日で12時間近くにも及ぶ猛練習で強化を図ってきた。 前回のデュエットで5位に終わった乾は「このために…

ライバルを上回れるか

シンクロ乾・三井組のメダルは井村HCの“政治力”が鍵握る


前回のリベンジを期す乾は「どれだけ勝ちたいかという気持ちの勝負になる」と話したが、メダル奪還は井村雅代ヘッドコーチ(HC)の存在が鍵を握る。 ■レフェリーへのロビー活動 シンクロは言うまでもなく採点競技だ。試合でのジャッジにはレフェリーの主観も少なからず反映される。世界選手権で上位に入ったチームが五輪で好結果を残すのも、レフェリーの印象度がジャッジに加味されるためだ。 加えてHCの政治力もジャッ…

オフィシャルパートナーの会見に臨んだシンクロ日本代表

「ドーピングはシンクロにも」 井村HC“暴露”発言の狙い


そんな水泳界に蔓延するドーピングについて「シンクロにもありますよ」と暴露したのは日本代表の井村雅代ヘッドコーチ(HC)だ。 28日に東京五輪組織委員会のスポンサー契約会見に選手とともにゲスト出演した井村HCによれば、シンクロはメンタルが結果を左右する種目だけにステロイドなどの筋肉増強剤ではなく、興奮剤を使用するケースもあるという。 実際、04年アテネ五輪を前にロシア代表選手の禁止薬物使用が明ら…

None

シンクロ井村HC“不可解採点”猛抗議でリオ五輪メダルへ布石


シンクロ日本代表の井村雅代ヘッドコーチ(HC=65)が今年8月開幕のリオ五輪でのメダル取りに自信を見せた。 8日、チームの五輪出場権を勝ち取った日本代表が世界最終予選(ブラジル・リオ)から凱旋帰国。成田空港で会見した選手たちは「1位通過を狙っていたので悔しい。僅差で負けたのは自分たちにスキがあったからだと思う」と口を揃えた。 日本は今大会、フリールーティンで全体トップの94.633点をマークし…

井村ヘッド(右)が見守る中で…

鬼コーチ断言 シンクロ日本「リオ五輪出場」は“勇気”次第


鬼のように厳しいことで知られるシンクロ日本代表の井村雅代ヘッドコーチ(HC=65)が満足そうに話したのは、12日のこと。リオ五輪世界最終予選(3月2日開幕=ブラジル)に向けた合宿を公開した時だ。 世界最終予選では、強敵のスペインやウクライナも参戦。上位3カ国に出場権が与えられる。14年の就任以来、メダル奪還(チームは04年アテネ大会の銀、デュエットは08年北京大会の銅が最後)を公言してきた井村…

盧毅コーチ(中央)は早くもダメだし

中国雑技団出身者が欠点激白 シンクロ日本「リフト下手」深刻


井村雅代ヘッドコーチは、五輪で表彰台を狙うには「リフトの完成は避けて通れないこと。3月までに完成させないといけないのですが……」と焦りを隠さなかった。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事