日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

藤本佳則特集

谷原は2年ぶりのツアー優勝

谷原逃げ切りも 「最終日バック9に見せ場なし」と評論家酷評


谷原にプレッシャーをかけられなかった同組の藤本佳則(26)は2位で賞金2000万円。これでは「もらいすぎ」と憤りを感じるゴルフファンは多いはずだ。…

None

松山、石川に若手プロは続け


岩田寛が世界ランクでは候補者になるが、わたしとしては、小平智、藤本佳則に挑戦してもらいたい。最初は苦労するだろうが、若さで頑張ってほしいのだ。…

球速伸びる特注CSタイプのパターが手に入った


メーカーによると、僕の他にも藤本佳則クンをはじめ同じオーダーがあり、5本の特注CSモデルを作ったそうです。 やはりパター選びの決め手は、顔立ちはもちろん、自分のパットイメージと実際のタッチ、距離感がそろうこと。転がり過ぎず、転がらなさ過ぎずが最も肝心です。さて、この新パターを今週から導入するか、大会初日前に決めます。その判断が適切なら、パット入りまくり、は間違いなし! すべてが噛み合い、シーズ…

竹谷佳孝

最高のキャディーとは


同組の小平智、藤本佳則クンはともに25歳と若く、飛ばし屋。おかげで僕は常にセカンドオナーでした。 昨年大会のの7402ヤード・パー72から、今年は7326ヤード・パー71にコース変更されましたが、僕はアプローチとパットがスコアメークの命綱なので、耐えて耐えてチャンスを待ちます。これからも応援よろしくお願いします。…

None

日本と違う海外の芝に苦戦


さらに、スナッグゴルフ全国大会やゴルフ伝道を目的とした小学校訪問を行うスナッグゴルフ担当には谷原秀人部長、そして僕と藤本佳則が理事を務めています。 僕の仕事はゴルファー層の底辺拡大がメーンです。子供たちがゴルフに触れるチャンスを少しでも多くしてあげること。それがいつかツアーの活性化に役に立つと信じています。 年間46試合もあった、かつての男子ツアーの活況は、まったくわかりません。それでも今のツア…

竹谷佳孝

スナックゴルフで子供たちに完敗


全国の予選会を勝ち上がった22校の小学生と一緒に戦う我がドリームチームの顔ぶれは谷原秀人、藤本佳則、塩見好輝、平本穏、片岡大育と僕の計6人。 楽しくプレーするつもりでしたが、子供たちの真剣なまなざしにプロは皆、驚かされました。 そこで、開会式の挨拶では大人げなく、「プロとしての意地とプライドを懸けて戦います」と宣言したほどです。 僕自身はゴルフ伝道師としてスナッグゴルフの経験は積んでいたのです…

竹谷佳孝プロゴルファー

スナッグ大会の子供たちからエネルギーをもらった


全国の予選会を勝ち上がった22校の小学生と一緒に戦う我がドリームチームの顔ぶれは谷原秀人、藤本佳則、塩見好輝、平本穏、片岡大育と僕の計6人。 楽しくプレーするつもりでしたが、子供たちの真剣なまなざしにプロは皆、驚かされました。 そこで、開会式の挨拶では大人げなく、「プロとしての意地とプライドを懸けて戦います」と宣言したほどです。 僕自身はゴルフ伝道師としてスナッグゴルフの経験は積んでいたのです…

サインを投げ返した“前科”がある片山晋呉

“傲岸不遜”目立つ男子プロは「ジャンボ時代の負の遺産」の声


谷原秀人、藤本佳則らも自分に不都合なことがあればすぐふてくされる。そういったジャンボに憧れてプロになった連中が、ツアーの主流を占めているから、見ていて気分が悪くなるのです」 確かに過去にはジャンボ尾崎のおかげで男子大会の人気が上昇し、試合数が大幅に増えたこともあった。みんなジャンボにオンブに抱っこで甘い汁を吸ってきたから、ジャンボの目に余るルール違反やマナーに反した行為に目をつぶってきた。誰も面…

三日間同組の松山(左)スピース/(C)日刊ゲンダイ

粘り強い年下スピースと優勝争い 首位・松山にかかる重圧


2日目は同組の藤本佳則(25)が途中で棄権し、11番からはマッチプレーの様相。2人とも同じ1イーグル、6バーディー、1ボギーの64で回り、松山は通算10アンダー単独首位。スピースは1打差2位タイにつけ大会3日目も同組になった。米ツアーでしのぎを削る2人だが、どちらが強いのか。 松山はスピースについて、「体調が悪いみたいだが、それでもこれだけスコアを伸ばしてくるのはさすが」とコメント。スピースは…

イラスト・上間久里

アイアンはパーオン率よりもピンまでの距離を数値化するSGAに注目


ちなみにパーオン率のトップは藤本佳則で72%。藤田はトップの藤本より7ポイントもパーオン率が低いのである。 では、なぜ藤田はパーオン率があまり高くないのに、しっかり賞金を稼げるのか? グリーンを外したアプローチがうまい、パットでスコアを稼いでいるとも考えられるが、実は、パーオン率というデータそのものが腕前の指標として成立していないのだ。パーオン率の評価の基準はボールがグリーンに乗ったかどうかだけ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事