日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

長友佑特集

UAE戦で右太もも裏を痛めた長友 (C)六川則夫/ラ・ストラーダ

アジア杯で低レベルの相手にてこずった長友佑都の「限界」


DF長友佑都は27日、イタリアに旅立つ際にハッキリとこう言った。 「もっとレベルアップしないとW杯出場も難しくなる。自分でもすごい危機感を持っている」 アジアのW杯出場枠は「4.5」(ブラジルW杯の場合はアジア5位と南米5位が大陸間プレーオフ)。UAEに準々決勝で負けて「4強」を逃すようでは、確かにW杯出場はおぼつかない。 「なぜ長友が悲愴感タップリに《危機感を持っている》と話したか。日本代表の…

None

「手を抜かず全力プレー」の長友佑都に感じ入った


ミラノダービーは出番がなかったが

首脳陣の狙いは移籍金 ミラン本田12月から始まる“品評会”


ロシアW杯予選の前半戦最後のサウジアラビア戦(15日)の後、欧州組は所属クラブに戻って週末のリーグ戦で存在をアピール……と言いたいところだが、サウジ戦の先発から外れたミランFW本田圭佑(30)とフル出場したインテルDF長友佑都(30)は、セリエAでも「日本代表での立ち位置」そのままだった。 20日(日本時間午前4時45分キックオフ)、同じミラノ市を本拠にするミランとインテルが対戦した。本田、長友…

FW大迫は1トップでも機能した

代表新戦力や若手は今後もベテランをガンガン突き上げて


10年南アW杯、14年ブラジルW杯で主軸だったGK川島永嗣(33)、MF長谷部誠(32)、30歳のFW本田圭佑、FW岡崎慎司、DF長友佑都といったベテラン勢。代表20試合以下のFW大迫勇也(26)、FW原口元気(25)ら新戦力。そして24歳の小林祐希、22歳のFW久保裕也、FW浅野拓磨、20歳のMF井手口陽介ら若手組である。 南アW杯の後から代表常連となったMF香川真司(27)、本田と岡崎がサ…

勝算あり…?

水泳北島は5億円 体操界初のプロ内村航平はいくら稼ぐ?


今後は長友佑都(インテル・ミラノ)、岡崎慎司(レスター)らが所属するマネジメント会社と契約し、スポンサー企業など支援先を募る。日本体操界初のプロだけに商品価値は未知数ではあるものの、海外にはこんなケースがある。 リオで個人総合を含む4冠の体操女王シモーネ・バイルズ(19=米国)は五輪後、正式にプロに転向。9月には新たに寝具メーカーと契約するなど、スポンサー企業5社から合わせて年間約2億円の収入…

失点に憮然とする吉田

EL直接対決もパッとせず…長友と吉田は日本代表も危うい


インテル(イタリア)のDF長友佑都(30)とサウサンプトン(イングランド)のDF吉田麻也(28)が、日本時間21日午前2時キックオフの試合でスタメン出場を果たしたのである。 長友も吉田もハリルホジッチ日本代表では主軸を張っているが、2人とも今季リーグ戦先発出場は1試合だけ。欧州CLよりレベルの低いELでお呼びが掛かる“カップ戦要員”に成り下がっている。 そんな2人は試合でパッとしなかった。 開始…

苦肉の策…結果はどう出るか?

苦戦必至の豪州戦 ハリル苦肉の策“本田1トップ”は正解か


DF酒井宏樹(26=マルセイユ)が出場停止の上にDF長友佑都(30=インテル)が負傷リタイア中。本職サイドバックが酒井高徳(25=ハンブルガー)と太田宏介(29=フィテッセ)しかいない。 現役代表最多得点のFW岡崎慎司(30=レスター)は7日から別メニュー調整を続け、10日に全体練習に参加したばかり。この日はキャプテンのMF長谷部誠(32=フランクフルト)が全体練習を回避してランニングやストレッ…

手倉森“次期”監督の青写真も

ハリル消沈…代表合宿はさながら“手倉森新党”旗揚げ前夜


時間の経過とともに手倉森コーチの存在感が増しています」(サッカー関係者) この日(4日)はイタリアのミランMF本田圭佑(30)、インテルDF長友佑都(30)が帰国して昼下がりに合宿地に到着。3日の練習の後に合宿地に入ったイングランド・レスターFW岡崎慎司(30)、フランス・マルセイユDF酒井宏樹(26)といった代表主軸の欧州組も全体練習に参加し、合宿メンバー25人全員が顔をそろえた。 「欧州組も…

独身最後の写真集になる?

平愛梨 セクシー写真集はイタリア行きの“置き土産”か?


サッカー日本代表DFの長友佑都(30)と交際中で、長友が平を表現した「アモーレ」という言葉は今年の流行語大賞ノミネートが確実視されている。 写真集では、下着姿やドレス姿で胸の谷間を見せるセクシーショットが満載。イベント前の取材では「先週? 先々週かな? 3泊(5日)くらいで向こう(長友の滞在先のイタリア)の家に持って行きました。手料理は作らず、専属のシェフがいらっしゃるので一緒に食事しました。(…

格下相手の敗戦にガッカリの長友(左はインテルMFバネガ)

欧州リーグの洗礼…長友、武藤は見せ場なく“不完全燃焼”


中でもインテル(イタリア)所属の日本代表DF長友佑都(30)は、格下相手に痛恨の負け戦だ。 地元にイスラエルのハポエル・ベア・シェバを迎え撃ったインテル(日本時間16日午前4時キックオフ)。長友は主戦場の左SBで先発した。 試合の興味は、実力上位のインテルが「何ゴールを決めて勝つか?」。 ところがハポエル選手たちのアグレッシブなプレーに後手に回り、0─2の完敗劇である。 長友は前半40分、左サ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事