日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

福島瑞穂特集

右が「署名文書」

子育て支援団体が激怒 安倍首相「署名文書」の唖然内容


税金の使い方が間違っています」 社民党の福島瑞穂参院議員はツイッターで〈給食の無償化をするのに、4800億円〉〈TPP関連の予算(に)5000億円〉と指摘している。発効が絶望的になったTPPを早く断念して、それこそ子供の貧困支援に使うべきだ。…

左から田名部匡代、福島瑞穂、青木愛の3氏

強運とファンの後押し しぶとく当選した女性3議員の勝因


党首が落選し、存続の危機にさらされた社民党で、1議席をもぎ取った福島瑞穂氏(60)もしぶとかった。 「福島さんは街頭で、吉田忠智党首そっちのけで『比例区では福島瑞穂と書いてください』と、なりふり構わずアピールしていました。小政党とはいえ、福島さんは知名度が高く、“固定ファン”をつかんでいます」(社民党事情通) 公示直前まで「野党不利」の情勢だった青森で、祖父からの地盤を引き継ぐ自民・山崎力氏(…

著者が「忘れられない」という安倍首相の冷たい言葉


安倍を「鉄面皮」と批判した福島瑞穂に対して、自民党は議事録からの削除を要求したが、鉄面皮そのものではないか。 ★★半(選者・佐高信)…

自衛隊観閲式の安倍首相

軍国主義化は国民生活を犠牲にする


社民党副党首の福島瑞穂・参院議員が2月、ツイッターでこうつぶやいていた。 〈大学無償化のためにかかるお金は、国公立大学で4168億円(内訳は国立大学3315億円、公立大学853億円)、私立大学で2兆6808億円。全大学合計で3兆976億円です。文部科学省高等教育局高等企画課が、2014年度の大学授業料と入学金、学生数をもとに試算。無償化をめざすべき!〉 この中で、とりわけ注目したのは国立大学の…

小沢一郎氏(左)と小林節氏

対談:小沢一郎×小林節 こうすれば安倍政権は倒せる!


それから、社民党の福島瑞穂さん(前党首)もチームの中に置けば、表現力と訴える力が出ます。このドリームチームをいまの安倍内閣と比べてみて下さいと言うと、みんな納得するんです。 小沢 いまの野党には、政権を取って自分たちの政策を実行するんだ、という強いエネルギーがないんですよね。結局、民主党政権のトラウマというか、役人に操られて何もできず失敗した、という諦めがあるんじゃないかと思う。 小林 議員にも…

小林節氏

野党は人材不足という判断は間違っている


さらに、社民党の福島瑞穂前党首(弁護士)も、自分(たち)の意見を分かりやすく他者(主権者国民)に伝える高い能力を持っている。 代表たちだけを寸評してもこれだけの人材があふれている野党が「人材不足」と揶揄されてしまうのは、単に一致結束していないからである。だから、立憲政治の回復のための一点共闘さえできれば、最強の内閣になる。…

None

許せないのは安倍首相のレッテル貼り


集団的自衛権の行使容認から導かれた一連の法案を「戦争法案」と呼んだ福島瑞穂議員の国会発言には、それを理由に削除を要求した。オバマ大統領との共同会見でも、米国の軍事行動への積極的協力に対する批判を“レッテル”うんぬんで一括り。「日本が戦争に巻き込まれるなどあり得ない」と吹きまくってくれた。 ふざけるのもいいかげんにしてもらおう。一般論としてはもちろん、多面的で深遠な人格なり思想なりを、単純なステ…

集会で挨拶する村山元首相

「指南者がいる」「特定政党の系列」飛び交う根も葉もないデマ


すでに民主党の枝野幸男幹事長と細野豪志政調会長、共産党の小池晃副委員長、生活の玉城デニー衆院議員や社民党の福島瑞穂前党首がマイクを握っており、井坂氏で野党5党が結集した。 井坂氏は「与党が『対案を出せ』『対案を出せ』と言うので維新独自案を出したら、たった5時間の議論で『もう十分』と言って強行採決をした。大変、残念な思いだ」と安倍政権を批判した。 日比谷野音での安保法制反対集会などで、野党4党が勢…

青井未帆氏は「国民安保法制懇」のメンバー

憲法学者・青井未帆氏が危惧 「安保法制で憲法が紙切れに」


――新たな安保法案について、国会で福島瑞穂議員が「戦争法案」だと指摘したところ、自民党が議事録から削除しようとしました。しかし、青井先生がおっしゃったように、米国のケリー国務長官は、新ガイドラインについて「歴史的な転換点」という言葉を使ったほどで、新たな日米安保体制で、米軍と自衛隊はより一体となって活動する。どうも、日本国内で政府与党が国民に説明していることと、本当の実態が乖離しているように思…

自民党調査会で呼び出しを受けたテレビ朝日専務

日本の「家父長」気取る首相の「言葉狩り」


社民党の福島瑞穂・副党首が国会で「戦争法案」と発言し、安倍自民党が議事録の修正を求めているのは論外だ。政権側の意に沿わない国会発言の修正を迫るのは、議会制民主主義を根底から揺さぶる暴挙だ。議員個々の発言が平等に尊重されなければ、議会制民主主義はアッという間に有名無実化してしまう。 安倍政権の「言葉狩り」は歴代政権の歴史認識にも及ぶ。首相は20日夜にBSフジの報道番組で、今夏発表の戦後70年談話…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事