日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

上原喜光特集

写真はイメージ

GWに帰省したら親の様子が…真っ先に何をするべきなのか


同時に、大事な問題があると注意を促すのは、介護問題に詳しい全国介護者支援協議会の上原喜光理事長だ。 「こんなケースでまず大事なのは実家の隣町に住む妹さんと、密に連絡を取ることです。『時々、様子を見に行ってくれ』『何か変わったことがあったら、すぐ電話をくれ。飛んでくるから』と。実家の近所にきょうだいが住んでいるのが一番心強い。健康状態のほか、老いた両親の情報が、手に取るように入ってくるからです」…

高齢者運転免許自主返納で受けられる都内の特典一例

高齢者の事故続発…「免許返納」特典でお得な老後ライフ


全国介護者支援協議会の上原喜光理事長が言う。 「地方では車が生活の足になっています。独居老人や高齢夫婦2人世帯にとっては死活問題です。加えて自らの認知、運動機能の低下を自覚できなかったり、免許証を身分証代わりにしている老人も少なくない」 返納すれば、身分証の代わりになる「運転経歴証明書」を交付してもらえるが、東京や大阪などでは手数料として1000円も取られる。 「それじゃ面倒くさがって返納しない…

家賃4万円でもカツカツだった(林崎容疑者の自宅アパート)

次なる新幹線放火犯も? 「年金少ない」下流老人は増加の一途


全国介護者支援協議会の上原喜光理事長も「単身で受給額が12万円なら中の上。恵まれている方です」と話す。 いま、低い年金だけで暮らす「下流老人」が急速に増えている。 国民年金の受給額は、満額で約6万5000円(15年度)。国民年金のみ受給しているのは1000万人で、大半が年金しか収入がない。平均受給額は5万円で、3万円未満も1割いる。 「社会問題になっている高齢者の万引は、一昔前は認知症が原因だ…

「知恵を絞れ」と言われても…/(C)日刊ゲンダイ

「地方創生」の底が知れる 石破大臣のズレズレ「近居」発言


全国介護者支援協議会理事長の上原喜光氏は「はっきり言って石破大臣はズレています」と、こう言う。 「味噌汁が冷めない距離って、『核家族』という言葉が流行した60年代、70年代の理想論ですよ。そりゃ自然豊かな田舎で両親と近居し、のんびり子育てできたら、どんなにいいでしょう。が、地方には仕事がない。実現不可能だから多くの人が都会に働きに出て、地方の過疎が進んでいるわけです。そのうえ消費増税に年金減額。…

写真はイメージ

親殺しは7割が息子 貧困介護の地獄


今は親の年金20万円に自分のアルバイト代の10万円を足して30万円の収入がありますが、もし親が亡くなれば10万円で生活しなくてはいけない」(全国介護者支援協議会・上原喜光理事長) 親の年金があればいいが、ひとり残されれば、もう死ぬしかない。…

写真はイメージ

自治体も黙認の無認可介護ハウス 専門家が薦める利用法は


全国介護者支援協議会・上原喜光理事長が言う。 「全国に1650カ所ある無認可施設のうち3割はキチンと介護している印象です。国が介護施設の枠組みを整備できない現状は、そんな施設も“必要悪”として利用せざるを得ません。だから、使い方が問題。独り身はともかく、家族がいるなら3カ月の期限を区切って使うのです。まずは、介護を引き受けざるを得なくなったときは余裕がないので、3カ月預けて介護サービスの使い方な…

特養以外にも15種類の高齢者施設がある

老親の入院・要介護に備える


そこまで症状が重くなく、日常生活が送れるのなら、市町村などが運営する『シルバーハウジング』や『軽費老人ホーム』という選択肢もあります」(全国介護者支援協議会・上原喜光理事長) 国は今、要介護1と2をなくす方向で検討に入っている。その代わりといっちゃ何だが、特養以外にも15種類(表)の高齢者施設がある。 例えば、長野市にはシルバーハウジング(今井団地)がある。シルバーハウジングとは、要は生活援助員…

写真はイメージ

【介護】40代が離職して親の面倒を見るのが普通になる


全国介護者支援協議会理事長の上原喜光氏は言う。 「介護職員のなり手は急速に減っていて、お年寄り3人に対して職員1人で面倒を見ている状況です。給与の改善が見込めなくなったことで、職員のなり手はさらに減るでしょう。目下、特養の15%は“空室”。職員の不足で、受け入れたくても受け入れられない施設が少なくないのです。そういう施設は今後さらに増えるでしょう。そうなると、要介護状態の親を抱える現役世代は大…

毎日新聞「介護アンケート」の衝撃

何が介護離職ゼロだ! 「殺人まで考えた」介護現場の惨状


全国介護者支援協議会理事長の上原喜光氏にも聞いてみた。 「安倍政権は介護の現場が何もわかっていないのです。特養を作っても職員がいない。今、稼働率は8割くらいです。お年寄り3、4人に職員1人。これだって、ケース・バイ・ケースにすればいいのにやらない。なぜ、職員の給料が上がらないのか。事業所が赤字だからですよ。ヘルパー派遣の中間業者が抜いたりするからです。でも、安倍政権はわからない。有識者会議に現…

安心の老後はあるのか

「老人ホーム」は16種類 自分が入りたいタイプどう選ぶ


■やどかりのように施設を替える 施設の選び方のポイントを「高齢者ホームを選ぶときにまず読む本」(秀和システム)を監修した上原喜光氏(全国介護者支援協議会理事長)がこう言う。 「在宅介護は想像以上に大変です。いずれ認知症になったら特養に入る、老後の資金に余裕があるから有料老人ホーム……というのでは少し単純すぎます。高齢者施設や住宅は選択肢が広がっていて、自分の健康状態や経済状況に応じ“やどかり”…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事