日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

篠原菊特集

「もの忘れを予防する健康脳トレーニングひらめき漢字編」篠原菊紀著


(幻冬舎 1100円+税)…

「もの忘れを予防する健康脳トレーニングあのころ思い出し編」篠原菊紀著


(幻冬舎 1100円+税)…

写真はイメージ

鍛えられるかは経験次第 脳科学者が語る「直感力」の秘密


脳科学者で脳トレ関連の著書多数の諏訪東京理科大学・篠原菊紀教授に聞いた。 判断力と直感力は違う。 「判断力は、AとBなど何らかの選択をする時、その判断プロセスを自覚して答えを出すこと。直感力は、そのプロセスが顕在化していません。なぜAではなくBを選んだのか、その答えに至るプロセスを自覚していない状態を指します」 篠原教授は、直感力に関する興味深い実験を紹介してくれた。それは、棋士を対象に行ったも…

顔ヨガ講師の間々田佳子さん

宮沢りえも実践する 1日3分 「変顔&指体操」で若返り


「諏訪東京理科大共通教育センターの篠原菊紀教授(脳神経科学)に顔ヨガをやっている方の脳の活動状態を調べてもらったところ、記憶や情報を管理する前頭前野という部分の活動が活発化。しかも、顔ヨガに指体操を組み合わせると、より活動量がアップし、運動に関わる運動野や、空間を認識してプランを立てる頭頂連合野なども活発化するため、脳全体が刺激されることが明らかになりました。顔ヨガが、認知症予防にも効果的なの…

写真はイメージ

「早い!」と「まだ…」 1週間の過ぎ方にズレ感じるのはなぜ?


諏訪東京理科大の篠原菊紀教授が言う。 「凄くパワフルに遊んだり、面白いことをしたりして興奮すると、代謝が上がり心的活性度が高まる。結果、時計遺伝子の代謝も促進され体感時間が早く進みます。仕事も同様に興味を持って頑張ったときは一日が過ぎるのが早いと思います」 体感時間は、時計遺伝子と関わっていたのだ。 医学的にはどうなのだろうか。何か病気の前兆だったら一大事だが……。脳神経外科の専門医で、眞田クリ…

金メダル決定の瞬間(C)真野慎也/JMPA

ストレス解消も ヤル気の特効薬「達成感」味わってますか?


諏訪東京理科大学の篠原菊紀教授(脳システム論)が言う。 「達成感を感じて満足した気分になると、脳の腹側被蓋野をスタートとし腹側線条体などに向かうドーパミン神経が活動を増し、ヤル気に関わる線条体の活動が高まります。線条体はヤル気の中核ですから、達成感を感じることは“ヤル気を起こす”ことや、“生き生きした気持ちになる”ことにプラスになり得るのです」 ■疲労感を伴う方が効果的 閑けさや岩にしみ入る蝉…

もっと距離を縮めたい/(C)日刊ゲンダイ

ヤル気も能率もアップ! ラブレターに驚きの「脳トレ効果」


その理由を、脳科学に詳しい諏訪東京理科大の篠原菊紀教授が解説する。 「ラブレターを書く際、相手を“好きである”状態がずっと維持されるので、ヤル気や意欲に関わる脳の線条体の活動が高い状態に保たれます。人は年を取るとなかなか意欲が湧きにくく(線条体の活動が上がりにくく)なりますが、恋心を抱くと線条体の活動が高まり、意欲を出しやすくなるのです」 会社の書類や年賀状を機械的に何枚書いてもこうはいかない…

自分から動くべし/(C)日刊ゲンダイ

今夜から始めよう 「去年より幸せに生きる」7つの方策


こんな研究結果があるというのは、脳科学に詳しい諏訪東京理科大学の篠原菊紀教授だ。 「去年より1つ年を取る分、今年はほうっておいても幸せに生きられます。加齢で困難や不安などを少しずつスルーする能力が高まるからです。ただし、頑固者はこの範疇(はんちゅう)にあらず。素直に生きることが幸福への第一歩です」 (2)健康が第一 UCLA(カリフォルニア大ロサンゼルス校)のブレスロー教授が提唱した7つの健康習…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事