日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

下川裕治特集

下川裕治さん

下川裕治さん(旅行作家)


None

経由地が危険…エクアドル邦人殺害「秘境ブーム」の落穴


旅行作家の下川裕治氏によると、アブナイのはやはり中南米の秘境経由地だ。ボリビア・ペルー国境のチチカカ湖(主な経由地はコパカバーナ)やウユニ塩湖(同ラパス)、ペルーのインカ・マチュピチュ(同クスコ)はグアヤキルと同様、危険度が高いという。 「秘境自体は、国や都市できちんと管理しているし、ツアーでないと入れないため、強盗団に襲われる心配はない。気をつけるべきは経由地となる手前の町です。旅行者を狙う…

屋台風の店で気軽に食べられる

食感は2種類 ビーフン好きなら訪れたい台湾「新竹」ルポ


「新竹の米粉」に引かれたのは、旅行作家で「週末ちょっとディープな台湾旅」などの著書がある下川裕治さんの影響が大きい。新宿・歌舞伎町の台湾料理屋で飲んだ時、「新竹の米粉には2種類ある」「新竹の漁港で、夕日を見ながら飲むビールはうまい」と話されていたのが強く印象に残ったのだ。 2種類の米粉とは、「水粉」と「炊粉」。製造法が異なり、簡単な区別では、水粉は太く歯応えを楽しめ、炊粉は細く軟らかい。現在、…

LCCターミナルにはスーツ姿も

前泊不要で旅費3割減 LCCビジネスで行く海外出張の利点


旅行作家の下川裕治氏は「海外出張にLCCを利用する人が増えている印象がある」とした上で、こう言う。 「世界各地に就航するLCCが増え、早朝便や深夜便が充実。国内での仕事から出張に向かう時間的なロスを少なくしたい人には、使い勝手がいいのです。競争激化でサービス力を向上させる会社も出てきて、大手との差が縮まっているのもポイント。座席の狭さは、ビジネスを選べば大手のエコノミーよりはるかに快適。そんな…

夕暮れのアンコールワット遺跡を楽しむ観光客

海外に住むならカンボジア 有名旅行作家イチオシの理由


裏事情にも精通している旅行作家・下川裕治氏によれば、今、イチ押しはカンボジア。 「銀行への預け金が不要でロングステイの条件が厳しくないなど理由はいくつかありますが、一番のポイントは『働ける』。『定年後はゆっくりしたい』と話していても、日本人は必ず働きたくなる。生きる楽しみのひとつになるし、アジアの他国と日本の経済格差は縮まっており、生活費が結構かかるからです」 アジアで最も人気のタイやマレーシア…

市場には新鮮な野菜がズラリ

【海外旅行】台湾なら往復航空券が2万円以下


旅行作家の下川裕治氏が言う。 「どの路線のLCCも料金が変動しますが、台湾便はほかのエリアに比べて、概して値ごろなのがひとつ。もうひとつはホテル代です。香港やマカオ、シンガポールなどは中国人が殺到してホテル代が高いのですが、台湾は週末でも平日料金で宿泊できることが多い。この時期は台風の心配もない。コストと快適さを加味すると、台湾がベターなのです」 下川氏は「週末台湾でちょっと一息」の著書などが…

None

寺社への「油かけ」イタズラか儀式か…地域や宗教で使用例も


アジアの文化に詳しい旅行作家の下川裕治氏は言う。 「インドのバラモン教やヒンドゥー教など香油を使った儀式をする地域はあります。ヒンドゥー教には『油で洗う』という考えで仏像にかけて拭く習慣もある。油はお釈迦様の誕生日である4月8日前後に相次いで見つかっている。信仰心が強いヒンドゥー教徒なら香油を使った儀式をした可能性もあるかもしれません」 仮に儀式としても、日本では犯罪になる。許されるものではない…

円安が進めば海外はまた高嶺の花/(C)日刊ゲンダイ

長期なら南欧がお得 年末年始「穴場旅行」おすすめスポット


■東南アジアは物価高 旅行作家の下川裕治氏は言う。 「経由地が充実していて、日本からのアクセスが便利になった。東南アジアの物価が上がる中、比較的安い。日本人のシニアの長期滞在者も増え、観光地化されてきたため治安も良くなっています。英語が通じるのもポイントです」 4位「コロンボ(スリランカ)」は、09年の内戦終結後、一気に都市化が進んだ。コロンボ沖合には、人工島のポートシティーが建設されており、…

下川氏はLCC搭乗100回超/(C)日刊ゲンダイ

搭乗100回超の有名旅行作家「LCCは大いに活用すべし」


【旅行作家 下川裕治氏】…

None

正月休みは9連休! 旅行作家が勧める国内・海外「歴史の旅」


世界を旅した旅行作家の下川裕治氏におすすめのプランを聞いた。 成田から飛行機で3時間ほどの上海は、グルメや買い物に人気だが、今や日本国内にもない、古い日本の街並みが見つかる。 「たとえば、李香蘭が収容されていた興業坊や、関東軍とともにアヘン取引組織を作った里見甫が住んでいたピアスアパートなどが、当時の姿そのまま残っています。面白いのは、昭和21年に解散した横浜正金銀行だったビルが現在の中国工商銀…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事