日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

田中史朗特集

日本代表のジェイミー・ジョセフHCも頭が痛い?

日当に不満も? ラグビー日本代表入り“辞退者続出”の真相


FW堀江翔太(30)、SH田中史朗(31)ら昨年のW杯メンバー9人の他、初代表に13人が名を連ねた。 アルゼンチンは昨年のW杯4位の強豪。過去1勝4敗と負け越している相手との対戦を前にジョセフHCは「経験豊富な選手にチャンスを与えると同時に、有望な若手選手も強豪国に対して新しいチャレンジができる。短期間の準備でもしっかり(戦術の)落とし込みができた」と手応えを口にしたが、今回は必ずしもベストの布…

昨年のW杯南アフリカ戦で劇的な逆転勝利を収めた日本代表だが

ラグビー19年W杯 「日本8強」は11月までの3試合で決まる


SH田中史朗(ニュージーランド・ハイランダーズ)ら昨年のW杯代表の他、故障したFB五郎丸歩に代わるプレースキッカーとして松田力也(帝京大)らの若手も名を連ねた。 カナダ戦以後は、昨年大会で惨敗したスコットランドとの2試合(18、25日=日本)の他、11月には敵地でウェールズとの対戦も組まれている。この3カードは、単なる親善試合という位置づけではない。今年のテストマッチの結果が、19年W杯の明暗を…

サンウルブズの選手は喜んでばかりいられない

SRサンウルブズ歴史的初勝利も 日本ラグビーW杯への課題


今季はFB五郎丸歩(豪州・レッズ)、SH田中史朗(NZ・ハイランダーズ)ら4人が海を渡ったが、レギュラーは皆無だ。キッカーとして期待されて入団した五郎丸のスタメン出場は、わずか1試合。途中出場しても、ここ数試合は同僚SOにキックを譲り、すっかり影が薄くなっている。松島幸太朗(豪州・レベルズ)は登録メンバー(23人)から外れるなど、出場機会さえ与えられない選手もいるほど。海外のトップ選手に交じって…

None

ラグビー日本ジョセフ新HCはNZ選手も逃げ出す“鬼軍曹”


ジョセフ氏が率いるハイランダーズで3年間、プレーした日本代表SH田中史朗は「選手には妥協を許さず、練習での追い込み方は(前日本代表HC)エディー以上」と話す。 ジョセフ氏が重視しているのがコンタクトプレーで、実戦形式の練習では流血する選手が珍しくなく、ハイランダーズHC就任1年目にはオーバーワークがたたって故障者が続出。「もうジェイミーのもとではプレーしたくない」とこぼすNZの選手は少なくなかっ…

ジョーンズ氏はイングランド代表HCに

ラグビー日本HCにジョセフ氏浮上 就任の現実度は?


そこで白羽の矢を立てたのが、田中史朗(30=日本代表)も在籍するハイランダーズの指揮官です。ジョセフ氏は95年W杯はNZ代表で出場。その後来日してサニックス(福岡)でプレー。99年W杯は日本代表として出ている。監督ではW杯経験はないものの、今年はハイランダーズでSRに優勝している点が評価された。ただし、ジョセフ氏は管理ラグビーのエディーとは対照的。明るくおおらかな性格です。その点がどう出るか。し…

五郎丸ブームに浮かれてはいられない

空席1万人で協会謝罪 ラグビー界は“なでしこ”の二の舞い


パナソニックの日本代表SH田中史朗は「正直、満員でなくて寂しかった。ラグビーとしては負けの試合。日本協会はしっかりしてほしい」と、いらだちを募らせた。 取材対応の不手際も多い。 「ある選手にインタビュー取材のお願いをしたが、所属チームからはなしのつぶて。散々待たされた揚げ句、『ラグビー協会を通してください』ときた。それなら最初からそう言ってくれと言ったら、『だったら取材をしてくれなくて結構』と…

None

退任のエディーHCが痛烈警鐘 日本ラグビー「育成の問題点」


世界最高峰の「スーパーラグビー」に所属する「ハイランダーズ」(ニュージーランド)で12年からプレーするSH田中史朗(30)は、日ごろからジョーンズHCと大学ラグビーの弊害について話し合っていたという。 「海外の大学生年代の選手はプロのチームでプレーしている。大学生がレベルアップするには、大学に所属しながらラグビーと語学留学が可能なシステムをつくるべきでしょう」(田中) ジョーンズHCが竹を力技…

オヤジのハートをわし掴みの佐藤栞里

「笑ってコラえて!」新MC抜擢で号泣 佐藤栞里は“理想の娘”


先週3日放送の「舘ひろし&上田晋也の日本魂届けますSP」(日テレ系)では、ラグビー日本代表の田中史朗選手の実家を訪問しリポートした。今、まさに旬のラグビーにからむ仕事をゲットするとは、まさに佐藤も“旬”だという証しだ。 「『有吉の壁Ⅱ』でアシスタントMCを務めたり、『世界一受けたい授業』に出演するなど、日テレの番組によく出ています。日テレ関係者にとくに気に入られている、といわれていますね」(芸…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事