日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

白澤卓二特集

None

「100歳まで健康に生きるための111の話」白澤卓二著


(毎日新聞出版 1111円+税)…

「白澤教授が選んだ病気にならない“食べもの”バイブル」白澤卓二著


(扶桑社 760円+税)…

「食べるのを我慢できないのは、あなたの意志が弱いからではありません。」白澤卓二著


(KADOKAWA 1200円)…

白澤抗加齢医学研究所の白澤卓二所長

長寿研究の第一人者が見た 「百寿者」7つの生活スタイル


白澤抗加齢医学研究所所長・白澤卓二氏(長寿遺伝子)に聞いた。 ①糖尿病と肥満がない 100年前は第1次世界大戦の真っただ中。長い年月を生き抜いてきただけに、持病がゼロということはない。 「検体された百寿者を解剖すると、動脈硬化が進み、臓器や脳は萎縮して小さくなっています。前立腺がんや乳がんなど、55%にがんが見つかる。百寿者は概して血圧も高い。病名を並べると、30くらいになります。しかし、その一…

顔ヨガ講師の間々田佳子さん

宮沢りえも実践する 1日3分 「変顔&指体操」で若返り


間々田さんは、アンチエイジングの大家で医学博士の白澤卓二氏と共著で、「脳活顔ヨガで活性脳&若顔・小顔」(ぴあ)を上梓。このシリーズは、累計33万部超のベストセラーだ。その中から、効果テキメンの3つを教えてもらった。 「ウオーミングアップに『あっかんべーで腕伸ばし体操』を。舌を出して、息をはぁーと力強く吐き出し、舌を戻して鼻から息を吸います。『はぁー』に合わせて、前に伸ばした手を外と内にひねる。3…

「食の安全」は名ばかり/(C)日刊ゲンダイ

「食の本」特集


(講談社 860円+税) ■「『いつものパン』があなたを殺す」デイビッド・パールマター/クリスティン・ロバーグ著 白澤卓二訳 アルツハイマー病などの脳機能障害は、誰もが口にしているパンから始まる――そんな食べ物と脳の関係を解き明かした神経科の医師による衝撃のノンフィクション。パンだけではない、お米も含む穀物が人間にとって何よりもかけがえのない器官である脳を痛めつける「テロ集団」なのだという。さ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事