日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

増田光彦特集

イラスト・ボギーマン

短いアプローチ 右腰と右手でボールを運ぶ


だから、「右腕(手)は右腰から出ていると思って、右ひじを体につけたままバックスイングしたら、右腰と右手でボールを運んでやる」と、増田光彦を取材したときに教わったことを今でも守っている。 フルスイングするときは、バックスイングで右ひじが体から離れる。しかし、50ヤード以内になったら右ひじを体(右脇腹)にくっつけたままバックスイングする。 そうすれば、バックスイングが上がり過ぎるということはまずない…

イラスト・ボギーマン

アイアンはボールの赤道にエッジを振り下ろす


九州の鷹といわれた鈴木規夫の師匠・増田光彦を取材したとき、「アイアンはボールの赤道に向かってフェースの下の刃の部分(リーディングエッジ)を入れてやるぐらいの気持ちで振り下ろしてやれ」と教わったことがある。 ■ハンドファーストでヒット 赤道とはボールの中心線のこと。そんなに上を打とうとしたらリーディングエッジがボールの横っ腹に当たるのでトップしてボールは上がらないのでは? と心配する人が多いと思…

イラスト・ボギーマン

アドレスは姿勢を起こしてボール近くに立つ


体の小さい人はフラットなスイングになるのが自然だといわれているけれど、身長157センチの小さい体でよく飛ばした増田光彦は「体の小さい人こそボールに近く構えてタテ振りのスイングをしたい」と言った。 そのほうがストレートに近い軌道でスイングできるので曲がりも少なく、飛距離も出ると言っている。 身長164センチの戸田藤一郎も「シャフトを立てて振るほうが飛んで曲がらない」と言って、クラブを短めに持って、…

イラスト・ボギーマン

アイアンはボール赤道の下にヘッドを入れる


マット上のボールを打つときも、ティーアップしたボールを打つような感覚で振り抜くスイングを心がけたいと、増田光彦に次のように教わったことがある。 「アイアンはダウンブローといわれているので、ボールと芝の間にヘッドを入れてやろうとしている人が多い。しかし、それではダフるので、ヘッドを少し浮かしておいて、ボールの赤道よりもやや下にヘッドを入れてやるぐらいで、ちょうどいい」 アイアンはロフト通りに構え…

体重移動は足の裏で円を描くように


身長157センチの小さな体でよく飛ばすことで有名だった増田光彦プロを取材したときに聞くと、「足をまったく動かさずに、上体だけ回そうとするためだ」と次のように教わったことがある。 「身長が180センチ以上もある外国人選手なら、足をあまり動かさなくても上体をひねることができるけれど、胴長短足の背の小さい日本人には彼らと同じようなスイングは無理。足から回さないと体が回らないし、スピードも出ない。足を…

距離あるバンカーはハーフトップするつもりで打つ


「ダフるのはトップを嫌がるためだから、クラブを短めに持って、ハーフトップするぐらいのつもりでヘッドを浮かした状態のまま、ボールの赤道(中心線)よりほんの少し下を打たないとクリーンショットすることはできない」 鈴木規夫(現・日本ゴルフツアー機構理事)をはじめ多くのトッププレーヤーを育てた増田光彦プロに、フェアウエーバンカーでダフらない打ち方を教わったことがある。 増田プロに言わせると、フェアウエ…

イラスト・ビッグ隆

足の裏から体を回し始める


■円を描くように体重移動 バックスイングで右、ダウンスイングで左と体を捻転し、それに沿ってクラブヘッドを丸く振るのだから、それには足の裏から体を回し始めるようにするのがよいと、鈴木規夫プロをはじめ多くのトッププレーヤーを育てた増田光彦プロに次のように教わったことがある。 「体を捻転することによって足の裏に感じる体重の位置も変化する。バックスイングで右に体を回せば右足の体重はかかと寄り、左足の体…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事