日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

保坂隆特集

「頭がいい人、悪い人の老後習慣」保坂隆著


(朝日新聞出版 1300円+税)…

None

「精神科医が教える 心が安らぐ『老後のシンプル生活術』」保坂隆著


(PHP研究所 540円+税)…

None

「贅沢な節約生活」保坂隆著


(朝日新聞出版 1300円+税)…

ビル・ゲイツ氏も実践

うつ病は「マインドフルネス」で負の堂々巡りをストップ


「聖路加国際病院」(東京都中央区)リエゾンセンターの保坂隆・精神腫瘍科部長の診療室で、コンピューター画面の動画を静かに見つめているがん患者。動画には、雲が浮かび流れていき、やがては消えていく様子が映されている。2年ほど前から保坂部長が導入している「マインドフルネス認知療法」の一例だ。保坂部長が言う。 「マインドフルネスは、自然に湧き上がってくる自分の思考パターンや感情を観察の対象とします。客観…

落ち込んでばかりは良くない

がん患者こそポジティブに 知っておきたい「3つの事実」


元気で前向きで、価値ある人生を送るがん患者になるにはどうしたらいいのか? 長年、がん患者のこころのケアを続けている「聖路加国際病院」精神腫瘍科部長の保坂隆医師に聞いた。 ■がん治療にはこころのケアが不可欠 「がん患者ががんに負けないこころをつくりたければ、まず3つの事実を知ることです。1つめはがんによるショックでうつ病を発症すると免疫力が低下し、がんを悪化させるということ。逆にいえば、がんを治療…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事