日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

雛形あきこ特集

2人の落ち着き先は…(左:小池栄子、右:佐藤江梨子)/(C)日刊ゲンダイ

小池栄子&佐藤江梨子どうなる? 「イエローキャブ」消滅へ


タレント第1号の故堀江しのぶ以降、かとうれいこ、細川ふみえ、雛形あきこ、山田まりやら巨乳美女たちを次々と送り出してきた。しかし、野田氏は04年末に経営トラブルで社長を辞任していた。 「野田氏は現在、雛形あきこ、山田まりや、MEGUMIらが所属する『サンズエンタテインメント』の会長職にある。『イエローキャブ』とは何の関係もないとはいえ、寂しい気持ちのはずです」(芸能事情通) 小池とサトエリは新生キ…

フジVQでは内田有紀と同期

元グラドルの遠野舞子さんは“まつエク”サロンの経営者


雛形あきこ、吹石一恵、山田まりやに共通するのはフジテレビ・ビジュアルクイーン出身であること。本日登場の遠野舞子さんも93年に内田有紀らとともに選ばれ、テレビやグラビアで活躍。その後はタレント、女優と活動範囲を広げた。今どうしているのか。 「いらっしゃいませ。お待ちしていました。奥へどうぞ」 JR品川駅高輪口から1分、瀟洒なマンションの一室にある「アロハビューティー」を訪れると、笑顔の遠野さんがい…

グラドルから女優へ見事転身/(C)日刊ゲンダイ

キャブ自己破産 ひとり気を吐く小池栄子の“業界評”


「堀江しのぶ、かとうれいこ、細川ふみえ、雛形あきこと続くイエローキャブの巨乳の系譜でみると、バスト93センチ、Gカップで登場した小池栄子はまさにその流れで出てきたサラブレッド。『宇宙一のメロンパイ』というキャッチフレーズがハマっていたのを覚えています。社長で、かつイエローキャブの顔だった野田義治氏が事務所を離れ、雛形やMEGUMIが野田氏について行ってしまってからも、イエローキャブの象徴という…

「2000%」と東国原氏、橋下氏は「2万%」/(C)日刊ゲンダイ

ウソ前例多数…島田紳助「復帰2000%ない」は信じていい?


01年に所属の雛形あきこと担当マネジャーとのカーセックス疑惑を報じられた際、「不倫は2000%ない」と否定してみせた。この真相は不明。野田会長が必死にタレントを守ろうとする男気だけがヒシヒシと伝わってきた。 果たして、紳助の復帰はあるのかないのか。前例からすれば「あり」ということになるが。 「紳助のもとには、テレビ出演をはじめとしたさまざまなオファーが来ています。本人は今のところ受ける気がなく、…

いまやデザイナー兼社長/(C)日刊ゲンダイ

グラビア復帰 大原かおりが語った仕事急減と激太り“秘話”


雛形あきこさんの次の世代で、青木裕子ちゃん、私と続く巨乳ブームの真っ最中で、その後もレギュラーが決まり、グラビアや写真集やイメージビデオの話もきた。写真集も売れて、事務所からは歩合でもらってたし、私は物欲がないのでお金は貯まりましたね。お父さんに車を買ってあげたり、家族旅行に使うくらいでした。 でも、太りやすい体質なのに食べるのが大好きで、ずーっと食べてたかった。チョコが大好き。ケチャップも好き…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事