日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

品川祐特集

かなりの酒豪/(C)日刊ゲンダイ

「明日のことは考えない」 お笑い芸人品川祐が語る酒の流儀


不仲が持ちネタの2人だが実は…

毒舌炸裂も実は仲良し 品川庄司が明かした円満エピソード


プライベートでも本番中でもしゃべらないので」(品川祐=44)と、いつもの毒舌を炸裂させるだけでなく「最近は相方も飲めるようになった。2人だけでは行かないけれど、お互いの家族や芸人仲間も交えて飲むことが増えました」と仲むつまじい話も披露。 庄司智春(40)に至っては先日、妻の元「モーニング娘。」藤本美貴(31)がラジオ番組で離婚危機があったことを明かし、話題になったばかり。この日は「離婚なんて考え…

泣く子も黙る“コワモテ俳優”がズラリ

ギャラ総額は…任侠大作「CONFLICT」俳優陣の凄い顔ぶれ


“実子騒動”が記憶に新しい大沢樹生、諸星和己の元「光GENJI」コンビに加え、お笑い芸人からはココリコの遠藤章造、最近は映画監督としても活躍中の品川祐など、多彩な顔ぶれがズラリだ。 “お騒がせ俳優”の高岡奏輔ら個性派も合わせて、「総勢25人」のオールスターが2時間43分の長丁場を暴れ回るのである。 しかし、これだけの豪華キャストを揃えておきながら、映画の知名度はいまひとつ。原因は「こだわり抜いた…

夫婦に歴史あり

妻に頭上がらず 東野幸治がホスト遊び黙認する“深イイ”理由


また「アメトーーク」で自らがプレゼンした「どうした? 品川」の回での、品川庄司の品川祐への「いじり」は大きな反響を呼んだ。 若手芸人いじりの半面、妻にはどうしても頭があがらない。 「口癖は『自分が売れたのは妻のおかげ』ですからね。芸人の中でもトップクラスの収入となった今では、奥さんの豪遊は黙認状態です」(芸能ライター) S(いじり)とM(いじられ)がバランスよく同居しているのが人気の秘訣か。…

共演で衝突が多いパターン/(C)日刊ゲンダイ

ライバル心むき出し テレビ界に出回る「共演NGリスト」


劇団ひとりと品川祐は映画監督としても注目されているが、公開作品の興収でひとりが上回ったことが理由である。 変わったところでは和田アキ子と千昌夫で紅白の楽屋問題、内村光良とキングコング西野、タモリとオードリー若林はともに番組内での発言でモメたためだという。…

「溺れた時、いつも助けてくれた」と小島/(C)日刊ゲンダイ

小島よしおが「僕にとって“海猿”」と感謝する先輩芸人は…


「芸能界で溺れた時にいつも助けてくれた、僕にとっての“海猿”は品川庄司の品川祐(41)さん。マネジャーがいつも『品川さんがいなかったら、絶対にやばかった』って言うほどなんです」 デビュー間もない頃からテレビ番組で一緒になると、他の芸人仲間と一緒の食事に誘ってくれ、反省会のようなものに参加できた。 「品川さんは、ものすごくハッキリとズバズバ言う人。僕が収録であまりしゃべれなかったりした時には、み…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事