日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

後藤祐一特集

何をやっているのか…

安倍首相の“天敵” 民主・後藤祐一議員「大トラ騒動」で禁酒令


民主党の後藤祐一衆院議員(神奈川16区)が、酒に酔って東京・港区の青山仮議員宿舎前の路上で騒ぎを起こしていた。 党関係者によると、後藤は3日午前3時ごろ、タクシーで宿舎に帰宅した際、車から降りるのを拒んで騒いだり、宿舎の門扉を乗り越えようとしたという。間もなく現場には十数人の警官が駆けつけ、一時騒然に。その後、落ち着きを取り戻して歩き出したものの、間もなく路上で転倒して頭や顔に全治1週間のケガを…

あいまい答弁を繰り返す岸田外相(左)と中谷防衛相

ついに国会空転 岸田外相のデタラメ答弁が“戦争法案”を潰す


審議空転の引き金は、民主党の後藤祐一議員への岸田の答弁だ。安保法案の重要争点のひとつが、米軍などを地球規模で支援する前提となる「重要影響事態」の解釈について。法案は「我が国の平和及び安全に重要な影響を与える事態」と規定するが、具体的にはどのような状況を指すのか。そこが極めてあいまいなのだ。 後藤議員は1998年に、当時の外務省局長が国会で答弁した周辺事態(新法案の重要影響事態)の概念について、…

何にも知らん顔

NHK籾井会長に新疑惑 社外取締役を務めた企業に「強制捜査」


民主党の後藤祐一議員が30日の衆院予算委員会で質問し判明した。 予算委で、籾井会長は巨額損失について「(アイビーダイワは)井戸を掘って石油やガスを見つける仕事をしていたが、井戸を2本をあきらめることになり、全額損失に計上した。過去からの積み重ねも一気に償却した」と説明した。 ただ、アイビーダイワの決算を見ると、籾井会長が社外取締役を務めていた1年(2007年3月期)だけ損失が突出している。05…

本人のHPから

「愛人DV」で書類送検 国会も問題視する大塚政務官の行状


質問をした民主党の後藤祐一議員はこう憤る。 「安倍政権は女性活躍なんてうたっていますが、こんな人が役職に就いているのは国民が許しませんよ」 ボスの太田昭宏大臣は大塚議員について問題ないとの意向を示している。国民をバカにするのも大概にしてほしい。…

SPや機動隊とダイビング/(C)日刊ゲンダイ

「金目」どころか山ほど “大臣失格”石原環境相の怪しい行状


それなのに、こうした海外出張の日程を見せられると、いかがなものかと思わざるを得ませんね」(こうした疑惑を国会演説で突きつけ、罷免を迫った民主党の後藤祐一衆院議員) 改めて、こんな大臣は即刻、クビにしなければ嘘である。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事