日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

桃井かおり特集

“桃井かおり”を捨てて桃井かおりに

「今はもう“桃井かおり”は清水(ミチコ)さんと(椿)鬼奴さんにあげて」 by 桃井かおり

若いときから「個性派」女優として確固たる地位を築いた桃井かおり(64)。一方で、少し前まではその「個性」に縛られることも多かった。 「“桃井かおり”も結構パターン化してましたから、桃井かおりの看護師さんとか、桃井かおりの学校の先生とか、みんな“桃井かおり”でやってた」と当時の心境を吐露した上で、自身の「個性」を真似する芸人の名前を挙げて語った言葉を今週は取り上げたい…

桃井かおり

桃井かおりの監督2作目 「火 Hee」に込められた宣戦布告

桃井かおりが、孤軍奮闘している。「無花果の顔」(06年)に続く自身2本目の監督作にして主演の「火 Hee」(公開中)が素晴らしい出来栄えなのだ。そんじょそこらの“女優監督”が真似できるような作品ではない。 アメリカでうろつく、ちょっとホームレスのような老女の役を桃井が演じる。彼女は精神を病んでいるようにも見える。日本人の精神科医の治療を受けるも、捨てゼリフを吐いて去…

海外でも演技の評価が高い桃井かおり

充実の女優・桃井かおり ベルリン国際映画祭に意欲満々

桃井かおりが映画でフル稼働している。監督・出演した邦画と外国映画の2本が2月11日から開催されるベルリン国際映画祭に出品、上映されることが決まった。映画に並々ならぬ意欲を見せてきた桃井にとって長年の苦労が海外で実になりつつある。 出品されるのは邦画の「火 Hee」とドイツ映画「フクシマ、モナムール(原題)」。前者は2006年の「無花果の顔」に次ぐ桃井の監督第2作にあ…

64歳で初入籍した桃井かおり

64歳で初入籍 桃井かおりの「男性遍歴」はまるで“トラブル史”

週末の芸能界の話題といえば「桃井かおり(64)、入籍」の一報。肥留間氏も舌を巻く「辛抱強い男性」とは音楽プロデューサーの宇都宮一生さん。桃井が12歳の頃からの知り合いで、05年に再会、13年から事実婚状態にあることはすでに報じられていた。 それはともかく、周囲が驚くのも無理はない。桃井の男性遍歴はそのまま「トラブル史」と言ってもいいほど波乱の連続だったからだ。噂にな…

年上男性が好みなのか

浮名を芸の肥やしに 二階堂ふみが歩む“カマキリ女優”の系譜

桃井かおり、大竹しのぶら個性派女優たちと同タイプ 地元沖縄でスカウトされて芸能界入り。映画「私の男」(14年)では近親相姦の難役に挑んで高い評価を受けた。今年でデビュー8年目だが、映画を中心に着実に女優としてのキャリアを積んでいる。 「今回の熱愛報道は女優としてプラスに作用することはあっても、マイナスな要素は一切ない。芝居の経験を積む一方で、女優は書かれるのも立…

恋をしては破局を繰り返すショーケンだが…

男たちの性豪列伝 PART2

女優も一般女性も 女たちが萩原健一の悪口を言わない理由

岸恵子、江波杏子、范文雀、桃井かおり、小泉一十三(75年結婚、78年離婚)、いしだあゆみ(事実婚)、藤真利子、前橋汀子、倍賞美津子(事実婚)、石田えり、一般女性(96年再婚、06年離婚)。特に映画「恋文」(85年)で共演し、交際8年、同棲5年半の倍賞美津子とは真剣愛だったと芸能リポーター・川内天子氏が当時を振り返る。 「倍賞さんの高齢のお父さんを引き取って介護しよう…

監督と主役を兼ねる水谷豊

水谷豊が監督 映画「TAP THE LAST SHOW」の不安と期待

佐分利信や田中絹代の昔から、松田優作、桃井かおり、役所広司、今年なら黒木瞳。映画にこだわりをもつ俳優たちが挑戦し続けてきた。しかし、すべての人が興行で成功できるほど監督業は甘くはない。 “俳優監督”の作品が興行で難しいのは映画へのこだわりが強すぎて、その結果、凝りに凝った中身が観客を選んでしまうことが多いからだ。中身がわかりづらい場合もある。 だから、監督の水谷に期…

大崎洋社長(右端)と西川きよし 、木村祐一らも登場

映画祭に学校設立も 吉本興業“沖縄ぜんぶ”エンタメ計画

快晴の空の下、レッドカーペットには竹中直人(60)や桃井かおり(64)などベテラン陣のほか、門脇麦(23)や森川葵(20)といった人気女優も登場。芥川賞作家となった「ピース」又吉直樹(35)や斎藤工(34)は特に人気で、丁寧なファンサービスに「優しい~!」と黄色い声援がやまらなかった。 そんな開幕イベントの「トリ」を飾ったのは吉本興業の大崎洋社長(62)。西川きよ…

いまや若手女優の筆頭

有村架純 SK-Ⅱ新アンバサダー抜擢も「肌に自信なくて」

が、当の本人は桃井かおり(64)や綾瀬はるか(30)とともに“ブランドの顔”を務めることに不安を感じているようで……。 17日に行われた発表会では「私は正直、肌に自信がなくて、最初は断ったんです」と恐縮しながらCM起用に至るまでの裏話を披露。それでもクライアント側から「一緒に運命を変えよう」と言われ、「不安がなくなった」と笑顔を見せた。 「あまちゃん」の出演が話題を…

勝新太郎

瀬戸内寂聴さんは「一銭も持ってないのに気前がいいんです」と振り返り…

その夜は桃井かおりさんや、原田芳雄さんとか、15人ぐらいがいらして、翌朝までずっと付き合ってくださったんです。そのとき勝さんが、『おまえ、ちゃんと贅沢してるか? おいしいもの食べて、いいもの着てるか?』と聞くんです。で、突然、『みんな、金出せ』とおっしゃって、すごい大金が車座の真ん中に集められたんです。それを『これは生活のために使うな。おまえだけのために使え。おまえ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事