日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

藤原竜也特集

(C)日刊ゲンダイ

「石原さとみを一日操れるなら」の質問に藤原竜也の回答は…


21日、映画「MONSTERZ モンスターズ」ジャパンプレミアにダブル主演の藤原竜也(32)と山田孝之(30)、石原さとみ(27)らが登場した。 「無人島に行くとしたら藤原竜也さんと山田孝之さんのどっち?」という質問に石原は、「竜也さん! 山田さんは謎。無人島だとコミュニケーションが大事だったりするし、山田さん、何考えてるか分からないから」とつい本音をポロリ。 「一日だけリアルに石原さんを操れる…

公開アフレコを行った藤原竜也

SF好き藤原竜也 川崎のコストコ上空で“UFO遭遇体験”告白


俳優の藤原竜也(34)が9日、映画「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」(7月9日公開)のアフレコイベントに登場。 前作「インデペンデンス・デイ」から20年ぶりの本作で、主人公の日本語版吹き替えを担当しており、実際に4つのセリフをはく“再現アフレコ”を行った。 幼少期から「宇宙に興味がある」と話す藤原は、つい先日見たという奇妙な光景を告白。「川崎のコストコの上空に銀色に恐ろしく光る物体が停滞…

訂正するなら今のウチ

ショーンに便乗? 国分太一、藤原竜也も「経歴詐称」告白


まず、16日、俳優の藤原竜也(33)が芸能界に入る時の資料に「サッカーで埼玉県選抜補欠、秩父市選抜レギュラー」と書いていたことについて「実はその2つ、全くのウソ」と告白。 続いて17日、TOKIOの国分太一(41)が自身の身長について「170センチって言ったこともあるけど、ないです」と述べた。 さらに、18日、今度は南海キャンディーズの山里亮太が「事務所のプロフィルに『ジャズバーでセッション』…

和やかな雰囲気の舞台挨拶

有村架純 初共演の藤原竜也に「顔見るだけで笑っちゃう」


映画「僕だけがいない街」(3月19日公開)の完成披露イベントが25日行われ、主演の藤原竜也(33)や有村架純(23)らが出席した。 役者歴19年の演技派と旬の女優は今作が初共演。どうやら和気あいあいとした現場だったようで、有村は「大先輩なのでちゃんとしなきゃと思っていたけれど、全く壁を感じなくて一緒にいてすごく楽しかった。顔を見るだけで笑っちゃう」。藤原も「楽しかったんなら良かった」と返し、会場…

オリジナルは藤原竜也が熱演

藤原竜也が熱演 邦画「藁の楯」ハリウッドリメークの期待度


大沢たかお、藤原竜也、山崎努ら俳優陣の奮闘も見ごたえ十分。とくにクズ人間の殺人犯を熱演した藤原は代表作の一本になった。95%悪人なのに、5%の人間性の部分が宿る複雑な役柄で、彼がいてこそ、人間の善悪や殺人犯の人権をめぐる映画の主題に斬り込むことができた。 監督は未定だが、一流どころの起用を期待し、話の細部をさらに緊密にした作品を期待しよう。17年の公開を目指すそうだが、機会があれば三池作品を見…

藤原竜也(左)と岡田将生/(C)日刊ゲンダイ

藤原竜也&岡田将生 ドラマ「ST」が模倣した「相棒」の秘密


「ST――」は警視庁科学捜査研究所に新設された特殊機関・警視庁科学特捜班(ST)を舞台にキャリアの百合根警部(岡田将生)とSTのリーダー赤城(藤原竜也)らが難事件を解決していく物語。 「実は岡田と藤原の関係は、『相棒』でいう杉下(水谷豊)と甲斐(成宮寛貴)。2人組が活躍する“バディームービー”は昔からある定番ですが、『相棒』を分析した結果、女性視聴者がかなり存在し、しかも、大半がBL(ボーイズ…

若手演技派もテレビドラマでは四苦八苦

二階堂ふみ 「誰もいなくなった」の演技がイマイチな原因


藤原竜也(34)の主演ドラマ「そして、誰もいなくなった」の視聴率の下落が甚だしい。 初回こそ10.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とそこそこの数字だったのに、2話目で8.6%、3話目には7.2%まで落ち込んだ。ネットでは「これじゃ、『そして、誰も見なくなった』になっちゃう」と囁かれるほどの落ち込みぶりなのだ。 出演者に対する評価も、視聴率の低下とともに下がっている。主演の藤原に対しては初回終…

左から小栗旬、綾野剛、松坂桃李、藤原竜也

蜷川幸雄さん告別式 拍手に包まれ“最後のカーテンコール”


出棺では弔辞を読んだ藤原竜也(34)、小栗旬(33)、松坂桃李(27)、綾野剛(34)ら愛弟子たちが一列に並び、柩を乗せた霊柩車に一礼。 最後は舞台のカーテンコールのような盛大な拍手で見送った。…

多くの人が“世界のニナガワ”の死を悼んだ

演出家・蜷川幸雄さん通夜 キムタクら著名人1200人が参列


その中には藤原竜也(34)や寺島しのぶ(43)ほど有名な関係性ではないが、かつて蜷川氏演出の舞台「盲導犬」(89年)でしごきを受けたSMAP木村拓哉(43)の姿もあった。舞台に出演した当時はまだ16歳。いろいろと込み上げる思いがあったのだろう。報道陣の前で言葉を発することはなかったが、赤いバラと白い花で彩られた祭壇を離れる際には涙ぐんでいた。 遺影は昨年9月、「NINAGAWA マクベス」の舞…

大成功の2作品

64、ちはやふる…1粒で二度おいしい「2部作映画」の狙い


古くは全6部作で上映時間9時間半に及んだ戦争映画の金字塔「人間の條件」(59~61年)などがあるが、近年の火付け役は、06年に公開した藤原竜也(33)主演の「デスノート」だ。前編で興収28.5億円をマークし、半年後に公開した後編は180%増の52億円という驚異的な数字をたたき出した。70年代ごろから続いた“洋高邦低”の映画市場は、06年を境に形勢が逆転。「デスノート」の成功例が邦画盛り返しのひと…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事