日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

新垣隆特集

新垣氏はトバッチリ?(左は佐村河内氏)

新垣隆氏の証人出廷ある? 佐村河内氏JASRAC訴訟の行方


裁判はゴーストの新垣隆氏(46)が作曲した曲を自らの作品として発表していた佐村河内氏が、JASRACを提訴。JASRACは問題の発覚後、佐村河内氏の約100曲について契約を解除していたが、佐村河内氏側は「新垣さんから著作権の譲渡を受けた」などとして、JASRACに契約解除までの楽曲使用料の支払いを求めている。 裁判でJASRAC側は「佐村河内氏は楽曲を自分が作曲したとして届け出ている。もともと…

自身のCDジャケットが飾られたパネルの前で

坂本冬美 30周年記念曲は“ゴースト”新垣隆氏が書き下ろし


「愛の詩」(詞・たかたかし、曲・新垣隆)は、現代音楽の作曲家でピアニスト・新垣隆氏が書き下ろした初の歌謡曲だ。 イベントでは1987年3月4日発売のデビュー曲「あばれ太鼓」をはじめ、「火の国の女」「蛍の提灯」「凛として」「羅生門」「桜の如く」、そして30周年記念曲「愛の詩」「北の海峡」の全8曲を熱唱した。 坂本はこの後、9月15日に東京・NHKホールで30周年リサイタル、10月1日から同26日ま…

好きなタイプはAKB48の山本彩

ゴースト騒動で仕事殺到 新垣隆氏「婚活の暇ないほど忙しい」


音楽家の新垣隆氏(44)が11日、ニコニコ生放送の番組「新垣隆 ドワンゴジェイピー配信記念!サルでも分かる!?俺のクラシック」に出演。この日に発売されたアルバム「ロンド~珠玉のヴァイオリン名曲集」の中で自身が作曲の表題曲「ロンド」が先行配信され、デーリーチャートで1位を獲得。5位以内だった場合の公約である炭酸飲料の一気飲みを披露した。 佐村河内守氏のゴーストライター騒動以降、その特異なキャラが大…

バリトンサックス奏者の吉田隆一氏(左)と/(C)日刊ゲンダイ

新垣隆氏「例の彼に感謝」…ゴーストライター特需でCD発売


すっかり“ゴーストライター”が専売特許の新垣隆さん(44)。中谷美紀演じる売れっ子小説家がスランプに陥り、“ゴースト”を立てるドラマの公式HPでは、<あの新垣隆氏が語る「ゴーストライター」>(毎週更新)なんてコーナーまで任されちゃっている。 騒動からちょうど1年。渦中にいた彼が今やテレビや雑誌でタレント活動にいそしむ姿は多くの人が知るところだが、実は本業の音楽でも大忙し。1月に引き続き、今月もC…

佐村河内氏は今どこで何を…

佐村河内氏の“単独インタビュー”公開で新垣隆氏どうなる?


本当は“盟友”の新垣隆氏(45)が作曲を担当。佐村河内氏が障害者のふりを続けていたことは詳しく説明する必要もないだろう。 「FAKE」の監督を務めたのは森達也氏。98年にオウム真理教を題材にした「A」で注目された気鋭の映画作家だ。同監督は「FAKE」について「映画で大切なことは普遍性。単なるゴーストライター騒動をテーマにしているつもりはもちろんない」とし、「誰が彼を造形したのか。誰が嘘をついてい…

いい人過ぎると話題の新垣隆氏(右)/

イビキ、鼻毛…新垣隆氏は旧友から“暴露”されても終始笑顔


25日、作曲家の新垣隆氏(44)が音楽を手がけた映画「シロナガスクジラに捧げるバレエ」の完成発表会見が開かれ、共同作曲者のチェリスト・海野幹雄氏(39)とミニ演奏会を開いた。 新垣氏と出会って15年以上の付き合いだという海野氏は開口一番、「頼んだら何でもやってくれるというので」と昨年2月に明るみとなった佐村河内守氏(51)のゴーストライター問題に引っ掛けてコメント。 「即興演奏では大体こうしよ…

「2015年の顔」になる可能性も/(C)日刊ゲンダイ

潜在視聴率は売れっ子の域 新垣隆氏「年末年始」の稼ぎっぷり


年末年始、TVに出ずっぱりだった作曲家の新垣隆氏(44)。「レコード大賞」などの音楽番組から、「絶対に笑ってはいけない大脱獄」といったバラエティーまで、さらに雑誌モデルも務めるなど、売れっ子タレントさながらの活躍を見せている。民放関係者が言う。 「新垣さんは、文化人枠ですので、ゴールデンタイムの番組でも、1本5万~6万円。もらっていたとしても、10万円程度でしょう。芸能プロやマネジメント会社がつ…

断れない性格だから…/(C)日刊ゲンダイ

いい人過ぎて出演過多…ゴースト作曲家・新垣隆氏の“今後”


この年末年始、テレビで見ない日がなかったほど出まくっていたのが、「ゴーストライター騒動」で話題となった作曲家の新垣隆氏(44)。 「レコード大賞」(TBS系)では両手を耳に当ててキョロキョロする“佐村河内守ポーズ”を披露し、大晦日の「絶対に笑ってはいけない大脱獄」(日本テレビ系)にも出演。その裏番組では大久保佳代子(43)に「壁ドン」するなどもう何でもアリだった。この先もテレビに出続けるのか。 …

来年2月にCDリリース/(C)日刊ゲンダイ

今年の漢字は「嘘」と 収入も増えた“ゴースト”新垣隆氏を直撃


今年、全ろう作曲家・佐村河内守氏のゴーストライター騒動で、一躍、時の人となった作曲家の新垣隆さん(44)。来年2月にはバイオリニストの礒絵里子さんとのデュオで、CDアルバムを発売するという。これまでの“裏方”から一気に表舞台へ進出し、自身の名をドーンと掲げた初のアルバムである。昨3日、関東近郊の某所でレコーディング中の本人を直撃した。 朝から晩までぶっ通しで続くレコーディング。その合間を縫っての…

擁護の声も/(C)日刊ゲンダイ

ゴースト作曲家・新垣隆氏こそ「現代のベートーベン」の声


なにしろ“現代のベートーベン”なのですから」と擁護するのは、ゴースト作曲家だった桐朋学園大非常勤講師の新垣隆氏(43)だ。 「ゴーストだろうがなんだろうが、今回の騒動は彼が認められた証し。曲が素晴らしいのは否定のしようがない。これは世間、音楽ファンがだまされたのではない。作曲家が大ウソつきだっただけ。僕は彼にこれからは『風の谷のナウシカ』のようなアニメ映画のバック音楽を担当してほしい。きっと素晴…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事