日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

宮崎俊郎特集

ベネッセHDは顧客情報管理を丸投げしていた

「マイナンバー預かりサービス」を利用すれば安心?


「共通番号いらないネット事務局」の宮崎俊郎氏が都教育委員会に情報開示請求をして明らかになった。15年12月26日から16年3月31日までの契約で、委託料は5400万円。4月以降は別途料金がかかる見通しだという。 「自治体職員の個人番号収集登録を民間業者に委託した事例はほとんど聞いたことがありません。しかも、やりとりは中途半端。各学校に収集キットを送りつけて、職員が個人番号をとりまとめて返送するの…

写真はイメージ

なぜ法人の情報は保護されないのか


「共通番号いらないネット事務局」の宮崎俊郎氏はこう言う。 「法人や団体にも保護されるべき情報は多い。にもかかわらず、法人番号から引っ張れる情報は個人情報でないという理由で個人情報保護のようなデータ保護措置は一切存在しません。ですが、国は法人番号を使ってカネの出入りを把握できる。口座にもヒモづければ資産管理も可能になる。その団体の活動が手に取るように分かってしまうのです」 これまでも会社などの法…

マイナンバーと秘密保護法は表裏一体

安倍政権がゴリ押しすることに怪しさ危険性はないのか


「共通番号いらないネット事務局」の宮崎俊郎さんもそうした懸念を抱く一人である。 「マイナンバー法と秘密法はコインの裏表の関係にあるような気がします。まず、マイナンバー法で市民の情報を隅々まで効率的に吸い上げる仕組みをつくる。一方、秘密法で、国家にとって都合の悪い情報を市民に隠す。両者が一体となったときにどれだけ個人の尊厳が守られるのか。人権よりも国家の利益が優先しないか。市民は太刀打ちできなくな…

ストックホルムのsofo地区

スウェーデンではカネを払えば他人の情報が見放題


日本のように、多くの国民が税金の使われ方に不信感を抱いているのとは前提がまったく違います」(「共通番号いらないネット事務局」の宮崎俊郎さん) 昨年10月のJNNによる世論調査では、マイナンバーについて「不安だ」との回答が79%にも上った。周知徹底する前にマイナンバー制度を見切り発車でスタートしたのだから、「不安」を感じるのは当然である。…

G7各国はもっと慎重(15年エルマウ・サミット、左から2番目が安倍首相)

「先進国では常識」というが本当なのか


さらに、警察の利用も歯止めがないし、マイナンバー制度の議論の中で、イギリスで廃止に追い込まれた経験が生かされているとは思えません」(「共通番号いらないネット事務局」の宮崎俊郎さん) 日本のマイナンバー制度はG7諸国の中で、突出して厚かましい制度なのだ。(つづく)…

災害対策、税、社会保障の3つの領域でしか利用できないシステムとしてスタート

なぜどんどん利用範囲が拡大していくのか


多義的で曖昧な規定はいかようにも解釈できて、取り締まりの対象は止めどなく拡大していったのです」(「共通番号いらないネット事務局」の宮崎俊郎さん) 反体制グループの摘発も当初は日本共産党を対象にしていたが、研究団体や文化団体にまで拡大し、特高警察に拘束された検挙者数は1928年から1940年までに6万5000人に上った。法律の条文も成立当初は7条だったが、41年の改悪時には65条にまで膨れ上がった…

監視の目

最も活用したかったのは警察なのか国税なのか


ネットワークを通らないので、本人が利用状況を調べるウェブに入っても確認できません」(「共通番号いらないネット事務局」の宮崎俊郎さん) いわゆる「ブラックボックス」なのである。その後2014年3月に公布された政令によって、マイナンバーを使える捜査の対象に破壊活動防止法の処分請求、暴力団対策法の立ち入り調査、組織犯罪処罰法による共助など極めて治安管理的側面の強いものが含まれていることが判明した。 同…

本当に顔写真は必要なのか

顔写真付き個人番号カードは悪用されないのか


写真付きの個人情報は究極のプライバシーだし、マイナポータルでインターネットにつながっているので、情報漏れのリスクは際限ありません」(「共通番号いらないネット事務局」の宮崎俊郎さん) 「そこまで覚悟して、個人番号カードを身分証明書として持つのか」と宮崎さんは問うている。個人番号カードの申請、受け取りは、繰り返すけれども、個人の任意である。…

写真はイメージ

会社への提出は拒否できるのか


「共通番号いらないネット事務局」の宮崎俊郎さんがこう解説してくれた。 「番号法そのものには提供義務や罰則規定は書かれていませんが、マイナンバーの利用対象である税や社会保障の個別法において提供を義務付けている表現がある。だから、提供は義務であると政府は解釈し、企業にも押しつけるのです。国税通則法では『国税に関する申告書を提出する者は当該書類にその氏名又は居所及び番号を記載しなければならない』となっ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事