日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

勇太特集

キャプテンを務めたベテラン田臥勇太

バスケ男子連敗で世界最終予選敗退 リオ五輪“消滅”決定


ベテランの田臥勇太は「悔しい結果ではありましたけど、先につながる大会になったと思う」と話したが、20年東京五輪は開催国枠で出場できる保証はない。 来季から始まる19年W杯の大陸予選の結果次第では男子バスケットボールは東京五輪出場も危うい。…

渡辺雄太は米ジョージ・ワシントン大に所属

エースは大学生の渡辺雄太…日本男子バスケは深刻人材難


最年長の田臥勇太(35)が主将を務めるチームでは、最年少ながらオールラウンドなプレーをする牽引役でもある。 大柄だが切れのあるプレーは本場米国で磨きがかかっているとはいえ、エースとしては物足りない面もある。体重89キロと線が細く、海外勢との対戦では当たり負けも珍しくないからだ。 日本代表の長谷川健志ヘッドコーチも「今は高さだけでなくフィジカルの戦い。体重増が一番必要。パワーが付けば、(リバウンド…

鋭い動きを見せた田臥

35歳・田臥が合宿で際立ち…バスケ男子代表のお寒い現状


14日からの中国遠征、2度の合宿で最終メンバー12人に絞るとあって緊張感漂う中で行われたが、ひときわ存在感を放っていたのがベテランの田臥勇太(35)だ。 5対5の実戦練習では縦横無尽にコート内を走り回り味方のシュートチャンスを演出。173センチと最も小柄ながら、相手のDFに隙ができれば、積極果敢にシュートを打ち込むなど、初日から精力的。シュート、パスとも精度の高さは群を抜いており、海外勢に比べて…

アマチュア時代から「BS」がトレードマークだったが

“3タック”から変身の池田勇太に心配なジャンボの二の舞い


もう一人、会場で注目を集めたのが 通算2アンダーで23位に終わった池田勇太(30)だ。“全身”がいつもと違ったからだ。 プロ転向前のアマチュア時代からブリヂストンスポーツから用具提供を受けており、契約プロの顔としても知られている。ところがアジアンツアーとの共催とはいえ今季日本ツアーの開幕戦にキャップはもちろん、キャディーバッグまでBSマークがなく、「いったいどうしたんだ?」とメディアが騒いでい…

竹谷佳孝

新選手会長とともにツアーを一層盛り上げる


これまで3年間、池田勇太選手会長が試合増のために、ギャラリーサービスや主催社に対してサンクフルトーナメントを開くなど、彼らしい努力を積んできました。メディアではほとんど露出されませんでしたが、勇太選手会長は本当に頑張っていたと僕は思う。 試合会場だけでなく、オープンウイークでも積極的にスポンサー先を飛び回っていたことを知っているからです。だからこそ、少しでも役に立ちたい、微力でも手助けしたいと僕…

 (C)日刊ゲンダイ

【つきじ 雄太】和洋中のうまいもんはここにアリ


少年コミック誌で当時連載していた料理漫画に登場する「勇太」の名に触発されて、店名を同じ読みの「雄太」に。生まれ育った築地で店を構えたのは、97年秋からだそうです。現在は右腕の西やんこと西村三秋さん(52)と、店主のイケメン次男坊・竜広さん(26)と男3人態勢。店内は活気があり、賑やかです。 魚がうまい=和食中心の酒亭かと思いきや、メンチカツ、チャーハンなど和洋折衷のラインアップが並びます。キムタ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事