日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

内村光良特集

“ひとり4役”を務めた力作

内村光良監督3作目「金メダル男」にシン・ゴジラ超えの評


ウッチャンナンチャンの内村光良(52)が、原作・脚本・監督・主演を務めた映画「金メダル男」が22日から公開された。世の中のさまざまな“一等賞”にチャレンジする男の生きざまを、おかしく切なく描いている。 「内村にとっては3作目の監督作品で、この映画にかける“意気込み”は凄まじい。主題歌『君への手紙』は桑田佳祐に、自ら直筆の長文を書いて、実現させたものです」(スポーツ紙記者) 最近は宣伝のために、テ…

ナンチャン(左)とは完全にバラ売り

ギャラよりやりたい仕事優先 内村光良に宿る強き「コント愛」


MCを務めるゴールデン番組2本の打ち切りが決定したお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良(51)。先月28日には「笑神様は突然に…」(日本テレビ系)の終了が正式に発表され、「そうだ旅(どっか)に行こう。」(テレビ東京系)も9月いっぱいでの打ち切りが決定。ゴールデンの司会番組を一気に2本も失うとなれば、内村もさぞ焦ったに違いない。が、内心はそうでもないという。どういうわけか。 「内村さんは…

None

「コントに捧げた内村光良の怒り」戸部田誠〈てれびのスキマ〉著


デビュー以来、第一線で活躍を続ける「ウッチャンナンチャン」の内村光良は、もともとは映画監督志望で専門学校時代に漫才の授業で現在の相棒・南原清隆と組んだのがコンビ結成のはじまり。就職活動代わりに出演オーディションを受けた「お笑いスター誕生!!」で王座に輝くも、しばらくは不遇の時代が続く。その後、レギュラー番組を持ち人気上昇中、収録中の事故でゲストが死亡するというハプニングにも見舞われる。何度も苦…

2005年の結婚会見

レギュラー10本に増加へ 内村光良「高視聴率」連発のヒミツ


夫婦のコミュニケーションに必要な要素を尋ねられ、「ユーモア、笑顔、酒、そして“ありがとう”だな」と笑顔で語ったのはウッチャンナンチャンの内村光良(50)。 6日、内村がNHKプレミアムドラマ「ボクの妻と結婚してください。」の公開イベントを立教大学で開催。ドラマにちなんだ会場からの質問にこう答えたという。 このところ、芸能界で内村の存在感が際立っている。やることなすこと話題をさらい、業界人気がうな…

本命「ウンナン」とは交渉決裂

ウンナンに司会断られ 27時間テレビはMC総動員の窮余の策


なんでも「痛快TVスカッとジャパン」(月曜19時57分~)のMCをしている内村光良(51)に対し、南原清隆(51)はフジ系で今春までレギュラー番組はゼロ。そのため、「『27時間』の布石として、4月期からナンチャンをMCに起用した『超ハマる!爆笑キャラパレード』(土曜19時~)をスタートさせた。それにもかかわらず、早い段階から内定情報が漏れたこともあって、交渉が決裂したと聞いています」(フジ関係…

(左から)コロッケ、くりぃむしちゅー上田・有田、内村光良

実は売れっ子ズラリ 熊本出身お笑い芸人が震災でジレンマ


「この状況下でいつものようにエヘラエヘラしているわけにはいかないでしょうし、そうかといって妙に真面目になるわけにもいかないし、彼らにとっては“死活問題”ではないでしょうか」 そこで、熊本出身のお笑い芸人たちを調べてみると、コロッケ(56)にはじまって上田晋也(45)と有田哲平(45)の「くりぃむしちゅー」、ウッチャンナンチャンの内村光良(51)、たけし軍団の井手らっきょ(56)、次長課長の井上…

左から時計回りに桂文枝・ベッキー・宮崎謙介

判定基準は“F1層”? 年齢で差が出る「不倫バッシング」


ベッキー騒動では、記者会見でコメントを求められたウッチャンナンチャンの内村光良(51)が「戦っていると思います。ファイト!」とメッセージを送り、関係者は凍りついたという。 「内村自身、妻は元不倫相手ですから。『おまえが言うな』とF1層から猛反発されたら大ごとだと思います」(前出の広告関係者) サラリーマンも、会社のF1層には気をつけた方がいいという教訓かも知れない。…

他局のモノマネばかりでは…(左から宮根誠司、内村光良)

フジ最下位の要因は テレビ解説者が“負のスパイラル”指摘


「たとえばバラエティーを見ると、日テレの『世界の果てまでイッテQ!』が当たってるとみるや、司会の内村光良を起用して『痛快TVスカッとジャパン』を作り、これが当たると内村司会でもうひとつ『クイズやさしいね』を作っている。お昼の時間帯も同様で、日テレで『ミヤネ屋』が当たっているからと、『ごきげんよう』も昼ドラもやめて、全部生放送にしようとしています。 この2例を見ても分かる通り、今のフジがやってい…

試練が続くフジテレビ

フジ “秋の新番組”も壊滅…月9やバラエティーの凋落著しく


11月3日から始まる内村光良(51)司会のクイズ番組「優しい人なら解ける クイズやさしいね」に期待したいところだが、フジ亀山千広社長に起死回生の一手は残っているのか。…

芦田愛菜ちゃんと鈴木福くんを“ごぼう抜き”

子役界トップへ 寺田心クンの“大人をメロメロ”にする話術


「例えばベッキーや久本雅美、坂上忍、ハリセンボン、くりぃむしちゅーの有田哲平、内村光良などがファンで知られ、かなりメロメロ。逆指名が入ることでも有名です。だからバラエティー出演が増える。夏休みにまとめて仕事をした分は9月以降にオンエアになるはずです」(前出の放送作家) オトナたちを骨抜きにしてしまう心クン。ますますテレビで見かける機会が増えそうだ。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事