日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

武藤嘉紀特集

須田監督と武藤

マインツ移籍「感慨深い」 慶大の恩師が語る武藤嘉紀の素顔


日本代表FW武藤嘉紀(22)が今夏から、独ブンデスリーガ1部のマインツに移籍する。3月に英プレミアリーグの名門チェルシーからオファーが届いたが、出場機会の多いマインツを選択したのは「堅実な武藤らしい」と評判だ。そんな武藤が「本当にお世話になった」と話すのが慶応大ソッカー部監督(※同大では「ソッカー部」が正式名称)の須田芳正氏(47)。恩師が大学時代の武藤について語った。 付属の慶応義塾高校に在学…

武藤の彼女はANAのCA

婚約者報道の武藤嘉紀 「チェルシー移籍前に入籍」プラン


英プレミアリーグの名門チェルシーへの今夏移籍が内定している日本代表FW武藤嘉紀(22)。 選手層の厚いチェルシーでは出番なし。すぐにオランダなどにレンタルされる。何年も冷や飯を食わされた揚げ句にJリーグに出戻ってくるのが関の山――。そんな風評を気にしているのか、武藤自身は「これからの道をどうするか、ゆっくり考えて結論を出したい」と慎重なコメント。ここにきて「チェルシーの申し出を断り、ドイツの中堅…

None

川勝良一氏が予想「武藤嘉紀は仏か蘭にレンタルされる」


FC東京所属のFW武藤嘉紀(22)に獲得オファーを出した英プレミアリーグの名門チェルシーが、話題になっている。 モウリーニョ監督はポルト、チェルシー、インテル、レアル・マドリードでリーグ優勝を達成した。英プレミア、イタリアのセリエA、スペインのリーガ・エスパニョーラで優勝を経験した史上初の名将でもある。今季は、自身3度目となる英プレミア制覇に向けてリーグ首位を驀進中だ。 彼のチームづくりは、若手…

ドルトムント戦の武藤嘉紀

武藤嘉紀 「オカザキより線が細いがクイックネスがある」


これからも良いプレーを続け、1年目から納得いく結果を残したいと思っています」…

マインツのクラブハウス前の武藤

武藤嘉紀「FC東京での経験がドイツでも生きています」


(つづく)…

もう香川の「10」は見納め? (C)六川則夫/ラ・ストラーダ

香川真司にさらなる厄難 スポンサーが「背番号10」剥奪意向


今季前半戦の終盤3試合で先発から外れたように現在の立場は完全にベンチ要員です」(サッカー記者) ■後継者はFW武藤嘉紀 日本代表でチョンボを連発。所属クラブでは構想外寸前。そんな香川に気がめいるような話が耳に入ったという。「日本代表のエース番号・背番号10を剥奪される危機にひんしている」(マスコミ関係者)というのだ。 「07年にアディダスが8年総額160億円のスポンサー契約を交わし、その大口スポ…

精力的に動き回った

ハリルどう使う? 横浜M斎藤はイラク戦・豪戦の秘密兵器


W杯アジア最終予選(6日のイラク戦=埼玉スタジアム、11日のオーストラリア戦=メルボルン)に招集されたドイツ・マインツのFW武藤嘉紀(24)が9月29日に古傷の右ヒザを、ドイツ・アウクスブルクのFW宇佐美貴史(24)も同日、足首の筋を痛めて代表合流を辞退した。 代表常連の左サイドアタッカー2人が一度にいなくなり、同じポジションの横浜M・FW斎藤学(26)が、合宿前日の1日に追加招集された。 この…

日本代表では控え

ハリルに届いたか マインツ武藤がEL初ゴールでアピール


欧州でプレーする日本代表の中で数少ない「出番あり組」のドイツ・マインツ所属のFW武藤嘉紀(24)。10月のW杯最終予選2連戦の代表メンバーが29日に発表されたが、もちろん武藤の名前も代表リストに入っていた。 代表ではサブに甘んじているが、レギュラー組のミランMF本田圭佑(30)、ドルトムントMF香川真司(27)、レスターFW岡崎慎司(30)が所属クラブで出番を失っている今、1点でも多くのゴールを…

どうすりゃいいのさ?

ハリル監督を悩ませる 欧州組の低迷と手倉森コーチの再任


ドルトムントMF香川真司(27)、レスターFW岡崎慎司(30)も先発組から外れ、今季ゴールを決めているセルビアMF清武弘嗣(26)、マインツFW武藤嘉紀(24)にしても、レギュラー組にはカウントされていない。 どんなに欧州で実績を残した選手でも、出場時間が少ないと試合勘が鈍り、どうしても試合でポカミスを犯してしまう。 その典型例が、W杯最終予選タイ戦(6日=バンコク)での本田の大チョンボである。…

格下相手の敗戦にガッカリの長友(左はインテルMFバネガ)

欧州リーグの洗礼…長友、武藤は見せ場なく“不完全燃焼”


■マインツ武藤は途中交代 ドイツのマインツでプレーする日本代表FW武藤嘉紀(24)は、地元で行われたサンテティエンヌ(フランス)戦(同16日午前4時開始)にスタメン出場。相手ゴール前でチャンスをうかがってもパスが回ってこず、ボールを保持してドリブル突破を図ろうにも、味方選手との連係も取れずに後半24分、ベンチに連れ戻されてしまった。 チームは後半12分に先制したが、終了2分前に同点弾を決められ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事