日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

石井泰憲特集

写真はイメージ

寿命縮める「夜間頻尿」 原因の“悪習”はこうして克服する


北浦和・石井クリニックの石井泰憲院長に聞いた。 ■鎮痛薬が思わぬ作用 (1)夕方にウオーキングをする 体内をめぐる血液やリンパ液は、立位では筋力の低下などで重力に逆らえず、夕方になると下肢にたまってむくみを起こしがち。横になると、たまっていた血液やリンパ液は大血管に戻り、水分は腎臓から尿として排泄される。この尿が夜間に多いと刺激で目が覚める。 「ウオーキングをするとふくらはぎが刺激されて血流など…

もう薄い色のズボンも怖くない

もう怖くない! 尿の後の“チョイ漏れ”に2つの解消法


石井クリニック(埼玉・北浦和)の石井泰憲院長に聞いた。 厄介だ。排尿後、ペニスをよく振ったのに、ペニスをパンツにしまった後、尿がジワリと漏れる。尿の染みが目立つのが怖くて、薄い色のズボンをはけない。手を洗った際に水滴をわざとズボンに飛ばし、尿の染みをごまかす――。覚えがある人は多いのではないか? 「排尿後の“チョイ漏れ”は『排尿後尿滴下』と呼ばれる症状です。30代から、男性の4人に1人にみられる…

頻尿の原因はさまざま

頻尿に効く意外な薬 ポイントは「必要時だけ服用」と医師指摘


抗コリン薬などが主に使われるが、石井クリニック(埼玉・浦和)の石井泰憲院長は「頻尿の原因はさまざま。患者によって薬を使い分けなくてはならない」と話す。私たちが知っておくべきことは? 20代のAさんは1時間強の通勤中、3度もトイレのため途中下車し、仕事中も何度となくトイレに行きたくなる。Aさんを診た石井院長は「過活動膀胱」と診断し、抗コリン薬を起床後すぐに飲むように指示。すると、1回もトイレに寄ら…

不快症状すぐ止めたい!

ピークでも間に合う くしゃみ、鼻水止める「花粉症」新対策


症状も出ていないのに、眠気などの副作用がある薬を飲むのはどうでしょうか? 私自身は、眠気で仕事にならなかった経験があるので事前に飲むことはしていませんね」 こう話す石井クリニック(さいたま市浦和区)の石井泰憲院長は、前立腺の専門医だが、長年の“花粉症持ち”ということもあって、経験に裏付けされた花粉症対策を患者に紹介している。前立腺の取材で訪問した際、「あなたも花粉症? いい方法があるよ」と教えて…

写真はイメージ (C)日刊ゲンダイ

食生活だけが原因じゃない 便秘と前立腺肥大症の深い関係


石井クリニック(さいたま市浦和区)の石井泰憲院長に話を聞いた。 「高齢男性の便秘には、前立腺肥大症が関係しているケースがよくあります」 Aさん(62)は、数年前から便秘に悩んでいた。お腹が張って、不快感はマックス状態。家族から口臭や体臭を指摘されることもあった。「便秘が長引き発酵が続くと、ニオイが全身を巡って口臭や体臭として出る可能性がある」と書かれた新聞記事を読み、より便秘を何とかしたいと考え…

対症療法しかない/(C)日刊ゲンダイ

症状もピタリ 花粉症の「眠気」とおさらばのオススメ薬


何とかならんかと思っていた記者に、「眠気の副作用がなく、ピタリと花粉症の症状を止める方法」を教えてくれたのが、自身もひどい花粉症だという「石井クリニック」(埼玉・北浦和)の石井泰憲院長だ。その方法を紹介しよう。 「花粉症の薬は何種類もありますが、ほとんどに抗ヒスタミン剤が含まれているので、どうしても眠気が生じます。しかも、花粉症の症状が出る前から飲まなくてはならないのがナンセンス。私も使っていて…

あなたの妻も悩んでいるかも…/(C)日刊ゲンダイ

妻のイライラもこれ? 女性の3人に1人が悩む「尿失禁」対策法


石井クリニック(さいたま市浦和区)の石井泰憲院長に、妻にそっと伝えたい尿失禁対策を聞いた。 ■腹圧性なら簡単な体操で改善 尿失禁の60~70%を占めるのが、腹圧性尿失禁だ。 「クシャミやセキ、重い荷物を持ち上げた時などお腹に力が入った時に尿が漏れます。難産だった人、立ち仕事の人、介護の仕事をしている人、筋トレなどで腹筋を鍛えている人、ガードルやボディースーツで腹部を締め付けている人に多く見られま…

肥大症は日中8回以上/(C)日刊ゲンダイ

風邪薬は要注意…前立腺肥大なら知っておくべき4つのポイント


肥大症で押さえておきたいことを、浦和の石井クリニック・石井泰憲院長(泌尿器科専門医)に、知っておくべき4つのポイントを聞いた。 <尿がパンパンにたまっているのに出ない状態になる可能性あり> (1)がんリスクがある 肥大症と前立腺がんは全く別の病気だ。肥大症からがんを発症するということはない。怖いのは、「肥大症だと思っていたら、がんだった」というケースだ。 「前立腺がんは初期の段階では症状がありま…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事