日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

清水宏保特集

再婚、出産にも意欲/(C)日刊ゲンダイ

新恋人はDJ メダリスト清水宏保の元妻・高垣麗子の男運


高垣はスピードスケート元日本代表の清水宏保(40)の元妻。10年に3年の交際を経て結婚するも、その1年後に清水と銀座のホステスの不倫が報じられ、その半年後の11年12月、1年9カ月の結婚生活にピリオドを打った。 それから2年半、交際しているのは音楽ユニット「STUDIO APARTMENT」のDJ・森田昌典(37)。平井堅やMISIAなどアーティストのリミックスプロデュースも手がける人物だという…

スケート連盟会長にして五輪選手団長/(C)日刊ゲンダイ

「ソチ五輪検証」で明らかにすべきSスケート界の“怠慢”


■金メダリスト清水宏保氏が指摘 日本のお家芸ともいわれている男子スピードスケート500メートルは今回メダルなしに終わった。大会期間中、98年金メダルの清水宏保氏が某新聞で「敗因は海外のレベルが上がっていることをきちんと認識していなかったことだ」と指摘。オランダ勢が表彰台を独占したことについては、「ソチのリンクの氷をつくっていたのはオランダ人。だからオランダのリンクと氷の質がよく似ている。砂地を…

事務所の先輩・石井一久氏と一緒に

吉本入りの岡崎朋美 “スベリ”よりスケートの宣伝に全力投球


私や清水宏保選手がメダルを取っていた時代はスピードスケートも注目されていたけど、今はちょっと低迷しているので、若い人は(スピードスケートを)知らない。これからはメディアにいっぱい取り上げてもらって盛り上げていきたい」と移籍の理由を語った。 同席した石井が多くのバラエティー番組に出演していることから、報道陣から「芸人ではないですよね?」と問われると、冒頭のようにコメント。石井が「僕は(芸人に)片足…

左から、オバマ米大統領(C)AP、宮崎駿監督、星野佳路氏

オバマも宮崎駿も庶民的…一流の人の食事はなぜ質素なのか


元スケートの清水宏保(41)やサッカーの小野伸二(35)もその一人で、朝食を抜くことで消化器の負担を軽くし、試合で力を発揮するためだ。 「1日1食はきついという人は、朝食抜きから始めたらいいと思います。〈3食しっかり食べる〉人で成功している人をあまり聞きません」(船瀬氏) 美食三昧は二流、三流の人のすることだ。…

None

オランダ圧勝のSスケート 日本は「情報戦」で負けていた


高速リンクといわれた長野五輪では清水宏保が男子500メートルで金、1000メートルで銅。女子500メートルで岡崎朋美が銅メダルを獲得した。 ■欧州勢に有利な軟らかいリンク そんなこんなで「夢よもう一度」とそろばんをはじいたのだろうが、ここまで日本スケート陣はメダルゼロ。オランダ勢の強さばかりが目立っている。 男子500、5000、1万メートル、女子1500メートルでメダルを独占。冬季五輪の同一大…

6位にがっくりの長島圭一郎 真野慎也/JMPA

ソチで苦戦の日本…夏季との違いは「実業団主導」の機能不全


例えば、長野五輪金の清水宏保氏は16日付の朝日新聞でスピードスケート界の現状を「大きな実業団の派閥に分かれ、情報の共有すらなされない。選手を中心とするサポート体制が整っていない」と痛烈に批判。男子500メートルの惨敗については「敵を知る部分が欠けていた」と指摘した。実業団に属していない選手や関係者には、コーチ申請の知らせもなかったというからおかしな話だ。 スポーツライターの工藤健策氏は、「各競技…

13位に終わってガックリの小平 真野慎也/JMPA

スピードスケート短距離メダルゼロを招いた日本勢の“驕り”


長野五輪500メートルで清水宏保はロケットスタートを決めて差を付け、逃げ切った。特に2本目は最初の100メートルを最速の9秒54。その勢いで35秒59。2本合わせて1分11秒35で優勝した。今回、長島は1本目の100メートルは9秒53でトップだったが、それでも3位だった。 ■井の中の蛙 今回、男子500メートルで金、銀、銅メダル独占したオランダは世界一美しいといわれる長島圭一郎の滑りを徹底研究。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事