日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

片山さつき特集

7月の参院選では全国比例で再選

貧困JK騒動に便乗 懲りない片山さつき氏のスタンドプレー


NHK「NEWS7」で紹介された“貧困JK”をめぐる騒動に片山さつき参院議員(57)が首を突っ込み、コトを大きくしている。「次長課長」河本準一(41)の生活保護費問題でも火ダルマになったくせに、懲りていないようだ。 18日放送の特集「“貧困の現状知って”進路悩む高校生」で取り上げられたのが、神奈川県内に住む高3のUさん。アルバイトの母親と2人暮らしで、進学を希望しているものの、経済苦が壁になって…

左から片山さつき、猪瀬直樹、東国原英夫の各氏

片山さつき、猪瀬直樹…舛添氏辞職で損する人・得する人


ニンマリしている筆頭は片山さつき参院議員(57)か。現在、改選に向けた活動の真っただ中。これまでも別れたダンナを痛罵していたが、舛添知事が辞任に追い込まれたことで、再びスポットライトが当たる。選挙にはプラスだろう。 そして、得するもうひとりは、猪瀬直樹前知事(69)だ。徳洲会グループから5000万円もの怪しい資金提供を受け、議会でみっともない姿をさらした末に、都知事の職を追われた。そんな恥辱の…

土下座も平気だが…/(C)日刊ゲンダイ

元夫・舛添の応援拒否 片山さつきが抱える結婚生活のトラウマ


片山さつき参院議員(54)が19日、安倍首相から「誰よりも片山さんに応援に立って欲しい」と、舛添元厚労相(65)の“応援弁士”を頼まれたことを明らかにした。片山は、「障害を持つ婚外子に対する慰謝料や扶養が不十分。解決していない」と拒否したという。確かに舛添は、元愛人との間に生まれた子供の養育費をめぐって裁判をやっている。だが、片山が拒否したのは、それだけが理由ではないだろう。 ■さすがの目立ちた…

左から、小野田紀美、青木愛、松川るいの3氏

ハーフ、外務官僚…参院選「注目の美人候補」が続々当選


一時、出馬に待ったの声がかかるなど大荒れのスタートでした」(自民党関係者) ■トップ当選で“タカビー”加速? 大阪(改選数4)の新人、「外務省の片山さつき」こと松川るい氏(大阪・45・自民)は8時過ぎに早々と当確を決め、「政治を前へ前へ進めたい」と勝利の弁。 東大法学部在学中に外務公務員1種試験に合格。外務省で女性参画推進室の初代室長を務めるなど華々しいキャリアと“美貌”を持つ。 「タカビーな性…

参院で国政復帰した矢先/(C)日刊ゲンダイ

岐阜~東京~山形…流浪する佐藤ゆかり氏の執念


だからといって今度は大阪なんて、あまりに無節操ですわ」(府連関係者) ■片山さつき参院議員をライバル視 15年に及ぶ逃走劇を演じた福田和子さながらの流浪の旅。この執念深さの源泉は何なのか。 「彼女は郵政選挙で当選した『同期』の片山さつき参院議員をライバル視しています。特に今秋の党人事で、片山さんが外交防衛委員長に就いたのに彼女のポストは消費者問題特別委員長。“格下扱い”されてプライドを刺激された…

人材は多いわけじゃない/(C)日刊ゲンダイ

目玉候補は誰だ? 9月内閣改造「女性大臣枠」6人の名前


例えば、そろって有力候補とみられる同じ安倍シンパの山谷えり子と有村治子は『犬猿の仲』といわれているし、メディア露出度が高い片山さつきを入閣させたら、ライバル心メラメラの佐藤ゆかりが黙ってはいない。あっちを立てればこっち立たず、でグダグダになるでしょう。党内からは、こうなったら、“逆サプライズ起用”として、小池百合子や、安倍政権に批判的な野田聖子、さらに片山さつき、佐藤ゆかりの両議員も入閣させたら…

稲田防衛相は3年で約260枚(右は片山さつき議員)

閣僚に相次ぎ発覚 白紙領収書横行の自民は“脱税犯”だらけ


特に舛添問題の時には、元嫁の片山さつき参院議員を何度もテレビ出演させ、かつてのダンナを口汚く罵倒させていたじゃないか。 今年5月13日の定例会見で、舛添氏の自宅近くの飲食店が白紙領収書を渡したとの疑惑が浮上した際、片山氏は情報番組でこう語気を強めていた。 「(仲間内で)脱税しようとしない限り、白紙の領収書を多量には渡さない」 片山氏の弁を借りれば、菅氏も稲田氏も高市氏も脱税犯となる。今回の問題で…

米山隆一氏と森民夫氏

どうなる新潟知事選 脱原発の野党共闘vs原子力ムラ鮮明に


片山さつき参院議員や地元選出の国会議員が勢ぞろいし、自民党新潟県連会館で行われた個人演説会では、新潟1区の石崎徹衆院議員が「連合が森候補支持をしてくれる。電力労組が原発推進なので、こちら側についてくれたのだろう」「柏崎市議会は原発再稼働推進の議決をしている」などと原子力ムラの存在をチラつかせて支援を訴えた。 「森さんは『(原発)再稼働ありきではない』というスタンスですが、本気で信じている有権者は…

ブログでの過激発言が話題の長谷川豊氏

ボクサーと一緒…発言の場がある者の発言は凶器にもなる


あたしはこういうことを言い出すやつが大嫌い! 生活保護叩きの片山さつきと一緒だよ。 自分は優秀なんだと悦に入ってのその発言なんだろうけど、弱者を叩いて偉そうにしている、おまえは何者なんぞ! 正義感からの発言だというなら、なぜ怒りの矛先を巨悪に向けない? ちなみに、あたしは自堕落な生活のせいで、糖尿病になったわけじゃない。しかし、自堕落な生活をしてそうなったとしても、同じことを言い返せる。おまえ…

パーティーで石原経済再生相と握手をする内田茂都議

さながら決起集会…“都議会のドン”一晩で3000万円集金か


他の主だった参加者は、石原伸晃経済再生相、丸川珠代五輪相、石破茂前地方創生相、細田博之総務会長、下村博文幹事長代行、片山さつき参院議員や平沢勝栄衆院議員……。 「そうそうたる顔ぶれが集まり、内田都議は終始ご満悦の様子でした。来賓から『ドンもいろいろありますが、ドンドン頑張って下さい』とダジャレを入れた祝辞があると、爆笑していました。もっとも、さすがはドン。自分の挨拶になると、顔を引き締め、『幼…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事