日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

島袋洋特集

2歳までは右利きだったし島袋/(C)日刊ゲンダイ

ソフトBドラ5・島袋洋奨 父が2歳で与えた「左用グラブ」


None

投手コーチになって初めて野球技術書を買った


11年には、前年の春・夏甲子園で優勝した興南高の左腕・島袋洋奨が入学してきた。彼は打者から背中が見えるほど腰をひねるトルネード投法で、右足のステップにやや問題があった。それを完全に直すと持ち味の球威が落ちる。 将来はプロに進むであろう逸材だ。セットポジションでの注意点だけアドバイスしてそのまま投げさせた。これはプロでの指導経験があったからだ。 ちなみに先の吉沢は、私の指導が至らなかったこともある…

島袋(左)と安楽/(C)日刊ゲンダイ

阪神は有原からベタ降り 新旧甲子園ヒーロー“両取り”狙いへ


中大の左腕・島袋洋奨(4年)だ。東都大学リーグ関係者が証言する。 「春は深刻な制球難でプロ入り自体が危ぶまれたけど、先日、1年ぶりにリーグ戦で勝った。巨人、阪神、中日などが視察に訪れたが、阪神が単独で指名するようです。興南高時代の春夏連覇投手。トルネード旋風を起こした甲子園の人気者は、一応獲得しておこうという思惑のようです」 今年の阪神の補強ポイントは投手と明白。確率が低い有原より、安楽、島袋と…

東日本国際大戦で準々決勝進出に貢献した浜田/(C)日刊ゲンダイ

プロが目を皿にしてチェック 意外なドラフト上位候補2人


一方で、山崎康は登板過多による疲労の蓄積が心配されるし、山崎福也(明大)、石田健大(法大)、島袋洋奨(中大)が揃って春のリーグ戦で本来の力を発揮したとは言いがたい。高校生にしても、昨夏の優勝投手・高橋光成(前橋育英)、MAX157キロ右腕の安楽智大(済美)も故障の影響などで目立った成長が見えない」(安倍氏) 今秋ドラフト、この2人に注目してはどうか。…

復調が待たれる中大の島袋/(C)日刊ゲンダイ

巨人ドラフト戦略変化 1位候補にあの春夏連覇投手が浮上


その代わりといってはなんだけど、中大の左腕・島袋がリーグ戦の不調とは裏腹に評価を上げているんです」 ■社会人拒否で退路断つ 島袋洋奨(4年)は沖縄・興南時代に甲子園春夏連覇を達成。輝かしい実績を引っ提げ、中大に入学したものの、通算11勝17敗と伸び悩んでいる。各球団がドラフト上位候補としている前出の投手より下の位置付け。エース兼主将となったこの春、最初の登板となった8日の亜大戦も、5者連続四死球…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事