日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

藤井聡特集

藤井聡・京大教授が苦言

大阪W選 橋下維新リードに藤井聡教授「選挙とテレビは違う」


京大教授の藤井聡氏に話を聞いた。 「政治学では、政治的権力を得るためにあらゆる嘘をついて多数派工作をする政治家が一定存在することは常識。当方の分析によれば、橋下氏はそういう政治屋であることは間違いない。つまり橋下市長は、ヤラセでも嘘でもいいから視聴率が取れる番組を作ろうというテレビと同じです。 例えば『大阪都構想』は、まっとうな行政学者が全員同意しているように大阪に何のメリットもないどころか疲弊…

藤井京大大学院教授と橋下徹氏

橋下維新にメール公開された藤井教授 「やり方に恐怖覚える」


標的にされたのは、京大大学院教授の藤井聡氏。レギュラーコメンテーターを務めていた朝日放送の「おはようコールABC」と「教えて!NEWSライブ 正義のミカタ」への出演が17日付で“見合わせ”になった件だ。 大阪維新は16日、「おはよう――」が放送法4条(政治的公平性)に違反するという理由でBPO(放送倫理・番組向上機構)に調査を申し立て、「信頼し得る者から入手した」とする藤井氏が知人に送った私的…

正月休みに民主主義のお勉強本特集


「デモクラシーの毒」(新潮社 1300円+税)は、京都大学大学院教授で内閣官房参与の藤井聡(1968年生まれ)と、作家・哲学者の適菜収(1975年生まれ)の対談集。2人とも“保守”という立場から、「民主主義がバカを増殖させる」と警鐘を鳴らす。「え? 民主主義って良いものじゃないの?」という常識に対して、民主主義が陥る危険な例を挙げていく。 バカとは、無知ではなく、価値判断ができないことだ、と著…

ギャップ萌えの自己演出に心が凍りついた


編者でもある藤井聡氏によると、“ブラック”の場合、徹底的な詭弁、言論封殺、プロパガンダで世論を誘導しておいて、その結果、選挙なり投票を行って、その結果を絶対視するという特徴がある。またそのプロセスで必要なのは、いささかもためらいがないというニヒリズムだという。 私も橋下氏に「サイババ」と罵られ、テレビで討論したことがあるが、たとえば「○○の予算を知っているか」などと質問してきて大阪行政に明るくな…

橋下氏(左)と二階氏

橋下市長vs二階総務会長「最後の攻防」


その対抗馬として出馬を囁かれているのが、京大教授の藤井聡。言うまでもなく、藤井教授のバックには自民党総務会長の二階俊博がいる。二階・藤井の2人は国土強靱化の旗振り役として、コンビを組んできた盟友。仮に藤井教授が府知事ということになれば、橋下たちの大阪のカジノ構想が白紙になるかも」 首相官邸に近い維新の会の橋下・松井コンビでカジノを計画してきたのは、大阪湾の南港に面した大阪市の夢洲地域である。府知…

捨て身の作戦か?

維新窮地の11月大阪W選 松井知事に「市長選鞍替え出馬」浮上


俳優の辰巳琢郎氏を府知事選に擁立しようとして失敗したものの、“反大阪都構想”で一気に知名度を高めた京大教授の藤井聡氏、堺市長の竹山修身氏らに知事選への出馬を要請しているといいます。市長選も地元の有力市議で一本化が進みそうで、維新は知事選、市長選と連敗する可能性があります」(府政関係者) 知事選と市長選をダブルで落とせば、大阪新党はのっけから崩壊する。市長選の候補者として、とうとう東国原英夫氏の出…

悪あがきか…

11.22大阪ダブル戦 またも「都構想」公約に掲げて選挙のア然


一方、知事選も松井知事に反発する自民府連が、13年の堺市長選で維新候補に勝った竹山修身市長か、京大大学院教授で、大阪都構想反対の論客だった藤井聡氏を担ぐのではないか、とみられている。そうなれば知事選も敗色濃厚です。竹山市長が知事選に出れば、堺市長選も行われて『トリプル選』になる。ヘタをすれば、大阪維新は3選全敗ですよ。ピンチの松井知事は橋下人気にあやかって『都構想』をブチ上げるしか方法がないので…

松井大阪府知事と辰巳琢郎

大阪知事選 俳優・辰巳琢郎「出馬」なら松井知事に圧勝するか


「これまで府知事選の候補者には、Jリーグのチェアマンだった川淵三郎(78)、女子バレーの監督だった柳本晶一(64)、京大教授の藤井聡(46)と、何人もの名前が挙がっています。自民党府連はそれぞれに出馬を打診したが、全員から断られたようです。辰巳さんもフェイスブックで『可能性は0%。あり得ないことです』とコメントしている。ただ、自民党府連はまだ諦めていないようです」(府政関係者) 11月のダブル…

藤井聡・京大大学院教授

橋下市長の作戦に騙されるな 「大阪都構想」反対派論客が警鐘


【特別寄稿】藤井聡(京大大学院教授) 「大阪都構想」の住民投票を前にして、メディア各社も入り乱れての大論戦が繰り広げられていますが、言論空間はかなり荒れていて、言葉遣いもずさんになってきています。 例えば、ある報道には「(橋下市長が)賛成が上回った場合、平成29年4月の『大阪都』実現に伴う『都知事』には、『松井一郎大阪府知事がなるだろう』と述べ(た)」とありました。今回賛成派が勝てば、「大阪府」…

笑ってられるのも今だけ?

橋下市長と都構想を皮肉った「4分49秒」パロディー動画の中身


藤井聡京大教授らが「反対」への賛同を学者に呼びかけると、わずか1週間程度で賛同者は128人(5月6日時点)にも上った。賛同者の研究分野は、行政学、政治学、法律学、社会学、地方財政学、教育学、都市計画学、防災学など多岐にわたり、105人が専門的な観点から、HP上で都構想の問題点を明らかにしている。藤井教授らは、9、10日に住民向けの説明会も行う計画だ。 実際、都構想の効果はだんだん曖昧になっている…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事