日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

上杉隆特集

古賀茂明氏(左)と鳥越俊太郎氏

民進党都連会長の松原仁さん、野党共闘のため何してる?


12日は、ジャーナリストの上杉隆と鳥越俊太郎が立候補の会見を開いた。 上杉氏は都の予算などを相当深く調べていて、政策も良いものだった。そして、彼はこう言った。 「党とかはどうでもいいこと」 ほんとその通り。 あ、古賀茂明さんから電話がかかってきた! 両方の会見に古賀さんが出席していたので、電話したのだ。そしたら、折り返しがあった。 上杉の政策は抜群だと、彼も褒めていた。「彼が泡沫候補扱いされるの…

MCを務める田村淳

説得力あった 消費税は「8%か10%か」より「5%がいい」


ウエスギタカシ(旧上杉隆)も「民主党も民進党になって『新しい判断をしました』でいけばいい」とし、「5%なんて言うコメンテーターを使ったら番組プロデューサーの首が飛ぶかもしれないから、局には5%は頭にない」と多少皮肉を込めて語った。 NHKや東京キー局の番組では確かに8%か10%かが両論になっていて5%という数字は出てこない。視聴者も「8%を維持してほしい」「10%にしないと社会保障や子育て支援は…

左から古賀茂明、鳥越俊太郎、香山リカ、森永卓郎の4氏

古賀茂明氏だけじゃない TVから一掃された“反政権”言論陣


原発事故後に東電と国の原子力行政を批判してきたジャーナリストの上杉隆氏や岩上安身氏らも、地上波から完全に姿を消してしまった。 ■今の民放キー局に“意見は不要”の自粛ムード 「私も民放キー局から、だいぶ干されています」と打ち明けるのは、経済アナリストの森永卓郎氏だ。森永氏はアベノミクスに否定的な立場を明確にしている。 「古賀さんのように官邸にニラまれなくとも、今の民放キー局には政権批判の自粛ムード…

政治バラエティー向き/(C)日刊ゲンダイ

大手民放よりのびのび ロンブー淳は「MXテレビ」と好相性


スタジオのコメント席で隣に座った小沢の顔をいきなり触ったり、検察との一件でマスコミに叩かれた時期の解説をMCのひとりの上杉隆から聞くと「本当にかわいそうな人間ですね」と小沢の肩に手をかけてしみじみと呟いた。なんと番組後半には「昨日までは好きじゃなかった!」「本当はステキな人だなぁ」と言いたい放題(小沢はそのつど苦笑した)。 さらに奈々がひとりでやる天気予報のコーナーで「私は元気マックスで~す!…

政界転身のウワサは尽きない/(C)日刊ゲンダイ

ロンブー淳が政治ショー司会 「紳助流」で目指す総理のイス


田村淳とジャーナリストの上杉隆氏(46)が、ゲストコメンテーターを交えて1週間のニュースを振り返る生放送の番組だ。 14日のゲストは、日刊ゲンダイ本紙で「新政官業研究」(火・木曜掲載)を連載中のノンフィクション作家・森功氏。その前週の7日は元航空幕僚長の田母神俊雄氏を招いていた。そして、なぜかスタジオ見学に訪れた若手の国会議員も紹介されたりする。福島県知事選や集団的自衛権の問題など、お堅いテーマ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事