日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

百田尚樹特集

「報道はネガキャン」と言い張る百田氏/(C)日刊ゲンダイ

百田氏発言に米大使が激怒 「袋小路」に入り込んだ安倍政権


NHK経営委員の百田尚樹氏の放言が、外交にも悪影響を与え始めている。米国のキャロライン・ケネディ駐日大使が、「南京大虐殺はなかった」「東京裁判は(米軍の)大虐殺をごまかすための裁判だった」などという百田氏の一連の発言を理由に、NHKの取材を拒否していたことは深刻な問題だ。 「大使館が、特定の問題を理由に公共放送のインタビュー取材を拒否するのは、極めて異例のことです。それほど、百田氏は“危ない”と…

怒り心頭の百田尚樹氏(左)/(C)日刊ゲンダイ

百田尚樹氏に“売名作詞家”呼ばわり 及川眠子氏が本音語った


作家の百田尚樹氏がツイッターで怒っている。今年1月に亡くなった関西の視聴率王・やしきたかじんさん(享年64)の最後を追った近著「殉愛」での一件だ。 同書で百田氏は、たかじんさんの歌「エゴイズム」を引用。そこへ「エゴイズム」の作詞家・及川眠子氏が12日、自身のツイッターで疑問を投げかけた。「解釈が違うよ~」(以下、ツイッターから)と。 さらに「なぜ及川のとこに取材に来てくれなかったんだろう。いつで…

すべての仕事をする人に「プロの姿勢」を教える名著


■「百田尚樹『殉愛』の真実」角岡伸彦+西岡研介+家鋪渡+宝島「殉愛騒動」取材班・著 故・やしきたかじんさんを献身的に看病し続けた妻・さくらさんのことを、百田尚樹氏が聖母のごとく描いた「殉愛」は、ベストセラーになったものの、疑惑が多数噴出。「かつてない純愛ノンフィクション」をうたっているものの、さくらさんの証言ばかりが使われ、たかじんさんの長女・H氏や元マネジャーであるK氏らが悪人に仕立て上げられ…

「フォルトゥナの瞳」百田尚樹著


(新潮社 1600円)…

蓮舫氏は「私は国政で」と意思表示

都知事選で自民党が“隠し玉” ZERO村尾キャスターの名前も


2011年の都知事選に出馬したワタミ創業者で自民党の渡辺美樹参院議員(56)や、作家の百田尚樹氏(60)が色気を出しているという情報が流れている。 「出るのかどうかよくわかりませんが、2人を自民党が擁立することはありません。しかし、もし出馬すれば自民党票が奪われる。前回、舛添氏と戦ったタカ派の田母神俊雄氏は61万票取りましたからね。与野党対決の構図となった場合、自民党は少なからず影響を受けるでし…

元宮城県知事の浅野史郎さん

浅野史郎さん 山本周五郎の「ながい坂」が人生を後押し


リストには歴代の名作家が並ぶが、その中には池井戸潤や百田尚樹といった最近の作家も目につく。 「池井戸作品の一冊『空飛ぶタイヤ』は今思い返すと、燃費偽装問題で揺れる三菱自動車の話に通じるところがあって面白い。僕の読書スタイルは、ある作家を読み始めると次から次へと読んでいく。池井戸作品はほかに6作品読みました。読んでいるうちにどこかの作品で違和感を覚えると、そこで終わり。『永遠の0』は作品としてはよ…

None

【プロパガンダの過去と現在】「戦争法案」騒動で弱腰に終始した大手マスコミ。その裏には権力によるプロパガンダの歴史が深く横たわっている。


現代日本では百田尚樹の「永遠の0」などの「右傾エンタメ」や自民党がユーチューブとニコニコ動画を利用して作った「教えて!ヒゲの隊長」アニメまでを取り上げて論じている。(イースト・プレス 800円+税) 早大でメディア論を講じる著者の立場は明快。プロパガンダとはなにか。自国ではなく敵国民に対して行うもの。少なくとも民主主義国では。しかし、中国や韓国やロシアは独裁体制のなごりで自国民へのプロパガンダを…

ビートたけし(左)と千原ジュニア

たけしもチクリ…話題番組を打ち切る迷走フジの“本末転倒”


ちなみに、11日の「ダウンタウンなうSP」は「こじらせてる人 大集合!」として猪瀬直樹や百田尚樹、内田裕也が登場したが、視聴率は4.6%。こっちのほうがよっぽど終わらせたほうがいいのではないか。 相変わらず、何をやってるのか不明な「バイキング」とか、終わらせて欲しい番組は続いて、続けて欲しいものは終わらせる。このわけのわからなさ。おまけに10月から19時~の3時間を「日曜ファミリア」という特番…

カーコンビニ倶楽部の林成治社長

【カーコンビニ倶楽部】林成治社長


最近読んだものでおもしろかったのは、出光興産の創業者をモデルにした、百田尚樹さんの「海賊とよばれた男」ですね。会社を立ち上げ、成長させる苦労がよく描かれています。弊社は事業の中で石油元売り系の会社と密接な関係をつくっているので、社員にもできれば読んでもらいたいですね。…

加藤敦美氏は現在京都市在住

投稿でSEALDs励ます 加藤敦美さん「若者たちに希望感じる」


百田尚樹著『永遠の0』のような美化された世界ではない。実際、練習生隊長からは「天皇や国のためなんかのキレイ事ではない。お前たちは消耗品だ。命令されたら死ねばいいのだ!」と言われました。そして先輩や同輩たちは特攻で死んでいった。人間魚雷「回天」で亡くなった仲間もいた。でも本当は「自分たちは生きたかった。死にたくなかった」と思います。もっと言えば、「愛されたかった。愛したかった」。 それで、朝日新聞…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事