日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

上西小百合特集

ナニワの関係者が怯える…

「除名」の意趣返し? 上西小百合議員が投票前夜トークショー


“国会おさぼり疑惑”で維新の会を除名された上西小百合議員(32)が「大問題トークライブ大阪大炎上vol.10 浪花のエリカ様こと上西小百合衆議院議員緊急激白」と題したトークショーに出演することで話題になっている。 それも16日の午後7時半、大阪市内で開催というから穏やかじゃない。翌17日には橋下徹代表が進める大阪都構想の是非を問う住民投票が行われる。古巣の一大事の前日に、なぜ出演するのか。上西事…

“サンジャポ”ではメークも薄め

“浪速のエリカ様”上西小百合議員がちゃっかりイメチェン


24日放送「サンデー・ジャポン」(TBS系)に、あの“浪速のエリカ様”こと、上西小百合議員が出演していた。 名目は、大阪都構想の住民投票で敗北し、「政治家は僕の人生からは終了です」と、今年12月に政界から引退することを表明した橋下市長について、元維新の党の上西議員が語るというもの。テレビ番組に出るのは初めてだとか。新しモノ好きのテレビが、次のオモチャになりそうな素材を見つけたから、お試しで1回使…

本家のエリカ様(右)が気の毒?

「本物が気の毒」の声も 上西議員“浪速のエリカ様”命名に賛否


維新の党を除名された上西小百合議員のことだが、名付け親は「週刊文春」。先週号では「浪速のエリカ様 国会サボってホワイトデー温泉旅行疑惑」という見出しでその行状を報じた。 その後、メディアがこぞって「エリカ様」と騒ぎ、注目度が高いためなのか、発売中の同誌の特集「上西小百合 浪速のエリカ様と巻き舌秘書の品性」では、冒頭で「恥ずかしながら『浪速のエリカ様』の名付け親は本誌」とし、始まりは上西議員の地元…

今度は税金”還流”疑惑(右上は家城氏)

上西議員に新疑惑 男性秘書への“手当”と父親への“資金援助”


国会サボリ疑惑で維新の党を除名されながら、国会議員の職に居座る上西小百合衆院議員(31)。7日、国会内で記者団に囲まれると、悲劇のヒロイン気取りで「国民の声を国政に届けると選挙時に約束したことを貫きたい」と話していたが、冗談ではない。 “浪速のエリカ様”は、浄財である政治資金の使い方もデタラメ。交際が囁かれる秘書や父親に、「手当」や「資金援助」と受け取られかねないカネの使い方をしているのだ。 上…

灰岡香奈

【広島】元閣僚2人を蹴落としそうなダークホースの作戦


維新政治塾の1回生で、あの上西小百合衆院議員と同期でもある。13年の参院選では次点につけた。 灰岡に勝算を聞いた。 「橋下徹さんに教わったパネルを使った演説をしたり、聴衆と積極的に握手しています。3年前の落選から地道に活動してきました。今度こそ当選したい!」 握手作戦が功を奏すか。 <予想の見方> ○当選圏内、△拮抗でやや優勢、▲拮抗でやや劣勢。左は政治評論家・野上忠興氏、右は政治ジャーナリスト…

左から宮崎謙介、上西小百合、武藤貴也の各3氏

ゲス不倫やエリカ様も議員になれた「公募制」の呆れた実態


ゲス不倫問題で議員辞職した自民党の宮崎謙介前衆院議員、国会をサボり男性秘書との旅行疑惑が報じられた“浪速のエリカ様”こと上西小百合衆院議員、同性買春疑惑と金銭スキャンダルで自民党を離党した武藤貴也衆院議員。共通点は「公募議員」であること。小泉チルドレンの杉村太蔵もそうだったが、こうもロクでもない人材が選ばれるのはなぜなのだろう。 公募は党によって基準が異なる(別表)が、な~んにも考えずに選挙に出…

焦ってる?

本人やる気満々 橋下前大阪市長「有料サイト」開設の狙い


「国会サボリ疑惑で話題となった『浪速のエリカ様』こと上西小百合衆院議員は維新政治塾の1期生。政治塾出身はあまりいい人材がいないといわれています。橋下氏は『それなら自分で見つけよう』という思いがあるのでは。割高でも集まる会員だからこそ、いい人材が発掘できると踏んでいるのでしょう」 しばらく黙って引っ込んでいてほしいものだ。…

触らぬ神に祟りなし…

同席者が大トラ騒動 “浪速のエリカ”上西議員は今や疫病神


今年、国会サボリ疑惑で話題となった“浪速のエリカ様”こと上西小百合衆院議員。つい最近、元秘書が実名で「病欠はウソ」と告発したが、話題は尽きない。上西議員と飲んでいた大阪維新の会の大阪府議が泥酔し、警察に一時保護される“大トラ”騒動を起こしたのだ。上西議員と関わるとロクなことがない。 関係者によると、この府議は山本大氏で上西議員の地元(大阪7区)の選出。山本府議は13日未明、泥酔状態でタクシーに乗…

左上から時計回りに加山雄三、大沢樹生、三船美佳&高橋ジョージ

15年テレビの“びっくり” コラムニスト桧山珠美が振り返る


「日テレ上重聡アナのごっつあん疑惑」に「“浪速のエリカ様”上西小百合議員、衆議院本会議を病欠後に旅行疑惑」に「女子アナ不倫SEX写真流出騒動」。3人とも、世間の批判も聞く耳持たず、いまだ居座っているところがすごい。 連ドラではなんといっても、AKIRAの主演ドラマ「HEAT」(フジテレビ系)が2・8%という低視聴率を記録したこと。この不人気ぶりに、すでに決まっていた映画化も白紙になったとか。そ…

焦りまくっている…

今度は女性市議のカネ問題…橋下維新に「新党」はもう不可能


維新のトンデモ女性といえば、仮病で本会議を欠席した疑惑で除名になった上西小百合衆院議員を思い出すが、所属議員の低レベルぶりには目も当てられない。 大阪維新の会を取材しているジャーナリストの櫻本幸吉氏はこう言う。 「維新の会はJC(日本青年会議所)出身者が多く、世間知らずが、どんどん議員になってしまった。だから、金のことがわかっていない。知名度があって外見がよければ、女性なら誰でも立候補でき、橋下…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事