日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

橋口弘特集

None

引退3調教師の勝負駆けはこの馬


今週土日のレースを最後に、武田、橋口弘、松田博師が70歳定年により勇退する。これまで何度も最後のダービーとか、GⅠなどと言われたが、今回は本当に最後の最後だ。陣営の〝勝負がかり〟は明白である。 橋口弘師の調教師人生を例えるなら「記録以上に記憶に残るレースが多かった」。 初のGⅠ勝ちは92年天皇賞・秋のレッツゴーターキン。11番人気での勝利に皆をアッと驚かせ、96年ダンスインザダークは最後の一冠で…

None

【日曜福島11R・バーデンバーデンC】出走全馬の厩舎情報


キリシマオジョウは栗東・橋口弘厩舎の解散に伴い、美浦・石毛厩舎へ転厩。5月5日と早い段階で入厩し、走路再審査を経て、ようやく出走となった。馬体、動きとも悪くはない。…

一昨年のスワンS以来となる逃げ切りV

【阪急杯】〝逃げ切り〟で良かったのか?ミッキーアイルの課題


橋口弘師のラスト重賞で注目が集まったGⅢ阪急杯。制したのはラブソングではなく、同じ勝負服の“ミッキー”アイル。ダッシュを利かせてハナを奪うと、開幕週の絶好馬場を味方にそのまま逃げ切った。 まさに貫禄勝ちだ。今年のメンバーでGⅠ勝ち馬は一昨年のマイルCS馬ダノンシャーク、昨年の桜花賞馬レッツゴードンキもいたが、ミッキーアイルはメンバー最多の重賞4勝。2頭と比較して、よりスプリント色の濃いタイプ。格…

None

【阪急杯】レース後の談話


橋口弘調教師 鞍上は最高の乗り方をしてくれた。結果にも納得してる。直線は久しぶりに声も出たね。この後は息子(橋口慎師)のところに行く予定。そこで頑張ってほしい。 ④着同着サドンストーム(武幸騎手) うまくいったと思ったんだけどねえ。完調なら差し切ってたんじゃないかな。休み明けで千四だったし、次はいいと思う。 ⑥着レッツゴードンキ(岩田騎手) 返し馬から落ち着いてたし、ゲートの中、道中と馬の雰囲…

None

【日曜阪神12R】出走全馬の厩舎情報


ウンゲツが橋口弘厩舎の最後のレース。何とかいい結果を残したい。 ⑭ゴールドブラザー 高橋康調教師 時計的にはそこまで見劣りするとは思わないけど、レースでは差がありますからね。決め手の差がそのまま着順に出てる様子で。このクラスではちょっと家賃が高い気がします。 ⑮キーブランド 増井調教助手 ムラっぽさはあるけど、少なくとも左回りの方がいい馬だったのに、前走があの惨敗。ますますアテにできなくなってき…

None

【土曜阪神9R・丹波特別】出走全馬の厩舎情報


武豊は橋口弘厩舎の管理馬で最後の手綱となるから期待できる。…

昨春以来の勝利なるか

GⅢ阪急杯 桜花賞馬レッツゴードンキ短距離路線で復帰


オメガヴェンデッタは武豊に乗り替わって巻き返しを狙えば、充実が目立つミッキーラブソングは名トレーナー・橋口弘師の最後の重賞挑戦だ。必見のレースである。…

None

【小倉大賞典】マツパク厩舎アルバートドック イン強襲


マツパク厩舎だけでなく、今週で橋口弘師も含めて3人のトレーナーが引退。ラストウイークの勝負がかりには注目が必要だ。…

昨年はラブリーデイが競り勝った

【京都記念】引退間近の名伯楽が送り込む2頭に注目


名トレーナーの橋口弘師も定年。こちらは2走前のジャパンCが0秒3差、有馬記念が0秒5差。GⅡなら復活劇があってもおかしくない。 他には福島記念、中山金杯と中距離重賞を連勝中で波に乗るヤマカツエース。秋天皇賞以来でも順調に乗り込んでいるダービー③着馬サトノクラウン。7歳にして本格化ムードもあるヒストリカル、エ女王杯③着のタッチングスピーチなど、馬券的にも面白くなりそうなメンバーだ。…

None

レオナビゲート、エフハリストなど


橋口弘師も「あれでは競馬にならん」とおかんむりだった。今回は度外視の一戦で、次は狙える。 日曜日(10日) ヴェゼール 3R3歳未勝利 ③着6人 器用さを少々欠くタイプだけに、馬群をさばかなくていい大外枠もハマったか。直線は上がり最速の末脚で、上位2頭をかわすかの勢いで伸びてきた。「勝ち馬の後ろでスムーズに運べたし、最後もいい脚を使ってくれました」と岩崎も納得の表情で、「こういった競馬を続けてい…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事