日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

川嶋朗特集

「医者に聞きたくても聞けない がんの質問41」川嶋朗著


(宝島社 1200円+税)…

「ボケたくなければカレーを食べなさい」川嶋朗著


(ワイズファクトリー 1300円+税)…

「逆に病気を呼び込んでいる44の健康法」川嶋朗著


(宝島社 1200円)…

「患者力のすすめ」川嶋朗著


(幻冬舎ルネッサンス 1100円)…

2人に1人が発症する時代

後悔しない選択は? 医者は「がん治療」をこう選んでいる


がんを告げられた時、どうすれば後悔しない選択ができるのか? 「医者は自分や家族ががんになったとき、どんな治療をするのか」などの著書がある東京有明医療大学・川嶋朗教授に聞いた。 「主治医は、自分や家族なら選ばない治療を勧めているのではないか?」 東京女子医大付属青山自然医療研究所クリニック所長を務め、西洋近代医学と代替・伝統医療を統合させた治療を行う川嶋教授のもとには、こんな相談がしばしば寄せられ…

東京有明医療大学の川嶋朗教授/(C)日刊ゲンダイ

濃いルーほど効く カレーとアルツハイマーの深~い関係


自分がボケてしまったら家族に大迷惑だが、東京有明医療大学の川嶋朗教授(57)は「カレーを食べるとボケない」と断言する。 川嶋教授は「ボケたくなければカレーを食べなさい」を上梓したばかり。ズバリ、カレーはアルツハイマー病予防に効果があるのか? 「カレーを食べればボケません。少なくとも、ボケの進行を抑えることはできそうです。そもそもカレーが注目されたのは、インド人のアルツハイマー病の有病率の低さです…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事