日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

笠りつ子特集

1億円プレーヤーまであと3000万円弱

思い切りの良さプラスに 笠りつ子“目標1億円”稼げるか?

5人が首位に並ぶ大混戦を制したのは、最終日に1打差6位発進の笠りつ子(28)だった。 12番で単独トップに立つも、15番で3パットボギーをたたき、一時追いつかれる。しかし続く16、17番の連続バーディーを決めて13アンダーまでスコアを伸ばし、逆転で今季初勝利、ツアー通算4勝目を挙げた。 今季は20試合中13試合でトップ10入りと、開幕から好調を維持。パーオン率70.…

笠りつ子

笠りつ子 ゴルフをシンプルに考えプレーしているのが強み

えっ、今更? と感じる方もいると思いますが、プロ11年目の笠りつ子は私が今季、注目しているプロのひとりです。 2010年から6年連続で賞金シードをキープしており、今季は渡邉彩香、鈴木愛に次ぐ日本勢3番手の賞金ランク6位と、着実に力をつけています。 彼女の長所は、ゴルフに対しての考えがシンプルなところ。それはスイングでも、コースマネジメントも同じです。 トーナメント会…

笠りつ子は古閑美保を慕う

笠りつ子(28歳・ツアー3勝)

今季は2位2度と若手の中で存在感のある笠りつ子だけど、美人でもないし、ブスでもないし、でもちょっと可愛いっていう感じよね。おしゃれ大好きっていう気持ちはビンビン伝わってくるけど、いまひとつセンスがない。ピント外れなんだよなぁ。 あのぉ~、お通夜の帰りですか、それともカラスのコスプレ? ハロウィーンはまだまだずっと先だよ。 薄いアニマル柄の入った生地で作られたワンピ…

笠りつ子

笠りつ子(27歳・ツアー3勝)

ド派手なピンクファッションと、「ドヤ顔」でさっそうと登場した笠りつ子プロです。昔、ラーメンCMで「マダムヤン」ってあったじゃないですか、それを思い出しました。なんでだろう? やっぱりチャイニーズレストランの雰囲気満載だから……。 とにかくファッションチェックです。30年前に街中で見かけた感じだなぁ。バブリーというか浮かれてたころのデザインスーツをリメークして着ました…

今回は守りのゴルフが敗因

攻めの笠に逆転負け イ・ボミ“上手の手”から漏れた20勝目

上がり17番、18番の連続バーディーでパープレーにまとめ、1組前でプレーした笠りつ子(28)と通算7アンダーで並びプレーオフに突入。 だが、2ホール目にバーディーを決めた笠に逆転負けを喫した。昨年のアクサレディスでもプレーオフで笠に負けている。相手が悪かったのか。 田原紘プロがこう言う。 「プレーオフ2ホール目は同じ右ラフでもイ・ボミのほうが深くて運もなかった。しか…

イラスト・小山混

よくわかる! ゴルフルール“基礎の基礎”

ターフがボールの上に乗った場合

ロストボール寸前で笠りつ子が偶然踏んだターフの下にボールを発見。通常、同伴競技者がボールを踏んで動かした場合はリプレースだが(規則18―1)、このケースではボールがターフの下にあり、「ボールの正確な位置が確定できない」ということで、「ボールがあった箇所のできるだけ近い所にドロップ(規則20―3C)」の救済が受けられることになった。イ・ボミは競技委員に確認してドロップ…

各界の2017年注目アスリートたち

さようなら2016年⇔ようこそ2017年

どこよりも早い! 国内主要スポーツの優勝を大予想

※16年賞金ランキング ①イ・ボミ ②申ジエ ③笠りつ子 ④キム・ハヌル ⑤鈴木愛 【男子】 賞金王レースは最終戦までもつれ込み、池田勇太の手に。獲得賞金は2億790万1567円だった。 「来季は小平智(27)がダークホース。今季、シーズン前から体幹を鍛える筋トレを続け飛距離が伸び、コース設定がタフな大舞台で安定した成績を残しているのが最大の強みです。このオフはさ…

韓国女子プロゴルフ協会の推薦で参戦した申ジエ

4ツアー対抗戦 日本女子は団体戦も“韓国二軍”にボロ負け

日本チームは、賞金ランク3位の笠りつ子、鈴木愛(5位)、菊地絵理香(10位)、堀琴音(11位)、渡邉彩香(12位)まではベストメンバー。西山ゆかり(16位)と下川めぐみ(22位)もランクがそれほど下位ではない。 韓国チームは、韓国女子プロゴルフ協会の推薦で今季3勝の申ジエが参戦したが、他の選手は母国が主戦場。実力のあるチョン・インジ、朴仁妃、キム・セヨン、ヤン・ヒ…

優勝は通算9アンダーのキム・ハヌル

賞金10傑たった3人でも 日本人女子プロはなぜか“金満”

イ・ボミ(28=韓国)が2年連続で賞金女王となり、同ランクのベスト10に入った日本選手は3位・笠りつ子、5位・鈴木愛、10位・菊地絵理香の3人しかいなかった。 今季の国内女子ツアーは1試合増えて計38試合を開催。賞金総額は35億2000万円となり、4年連続で過去最高額を更新。ツアーで1億円以上稼いだ女子プロは5人(昨季6人)もいた。 国内女子ツアーで、年間獲得賞金額…

飯島茜

女子プロ “辛口”ファッション診断

飯島茜(33歳・ツアー7勝)

笠りつ子は練習仲間で、ともに片山晋呉に指導を受けている。今季はトップ10入り3度で、賞金ランク35位。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事