日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

冠二郎特集

年齢不詳コンビからインタビューを受ける冠二郎(右)

年齢詐称が奏功? 新婚の冠二郎「スクープさまさまです」


昨年2月、年齢詐称が発覚したと思ったら、早々にカミさんを見つけ、新婚ホヤホヤの冠二郎が29日、「冠二郎 歌謡オンステージ」を東京・赤羽会館で催した。 この中で、冠は新曲「あゝ関ヶ原」など全8曲を熱唱したが、何より目を引いたのは、「年齢詐称」ならぬ「年齢不詳」を売りにしているコンビ「チャコ&ずん子」をゲストに招いたことだ。同コンビは交通安全をテーマにしていて、コントのほか「自転車だって安全運転」と…

None

連載10021回 旅の始めはCMソング


『星をさがそう』のB面の歌の作詞家は、冠二郎の育ての親である三浦康照さんだったように憶えている。 『星をさがそう』は、歌い手の人気でそこそこに売れたが、ヒット曲とまではいかなかった。やはり歌詞に問題があったのだろうと思う。どこかに歌に志を托そうといった青臭い感覚が残っていて、歌謡曲として吹っ切れていない点がアキレス腱だったのではあるまいか。 そ んなこんなで、CMソングから始まった私の「歌づくり…

石川敏男さん

芸能リポーター石川敏男 一家6人の腹を満たしたすいとん


「僕のFMの番組に冠二郎さんの大ファンという人が来たのがキッカケで冠さんの5歳若く言っていた年齢サバ読みが発覚したことと、その流れでカツラ疑惑を面白がられて、みんなに髪を引っ張らせたことも話題になった。冠さんはその影響で仕事が何倍も増えたと喜んでくれています」 ◆石川流レシピ 材料は人参、白菜、コンニャク、ネギ、油揚げ、合いびきのひき肉。すいとんには合いびきを練り込み、煮干しのダシ、醤油、みり…

左上から時計回りに、大木凡人・大山のぶ代・真鍋かをり・久本雅美

大木凡人は4歳も…なぜ?「年齢サバ読み」芸能人たちの事情


2月に5歳サバを呼んでいることを週刊誌で告白した演歌歌手の冠二郎(70)は、デビュー時に周囲から若い方が受けがいいと勧められたのが発端でした」(芸能ライター) イメージ商売の芸能界とはいえ、年齢を偽りながら生きていくのも大変だ。…

大物も詐称 (C)日刊ゲンダイ

江角マキコは“2歳”…業界の常識「年齢詐称」芸能人リスト


“隠してた”というより“誰も興味がなかった”というのが正解じゃないのか」――芸能関係者にからかわれているのは演歌歌手の冠二郎(70)。24日、週刊誌の報道を受けて、自ら5歳サバを読んでいたことを告白し、「お騒がせして申し訳ない」と謝罪した。 関係者がクビをひねるのは、発覚のタイミングだ。25日、80枚目の新曲「酒ものがたり」を発売するという。それだけに、「新手のプロモーション」「炎上商法」なんて…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事