日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

石川佳純特集

第7ゲーム、足の不調を訴える石川

相手の粘りに屈す 石川佳純が卓球女子単初戦で大逆転負け

リオ五輪卓球女子シングルス3回戦で石川佳純(23・世界ランク6位)がキム・ソンイ(22・北朝鮮)に3-4で敗れ、初戦で姿を消した。 石川は2ゲームを先取したが、カット主戦型のキムに2ゲームを返され勝負は最終の第7ゲームへ。4-7とリードされたところで右足を痛めて試合を中断。審判に治療時間を要求したが認められず、そのまま試合を続行。8-11で敗れた。 試合後の石川は「…

全日本準優勝の平野美宇

全日本3連覇の石川佳純も認めた“天才中3”平野美宇の実力

卓球の全日本選手権女子シングルスは、石川佳純(22=世界ランク7位)が、15歳の平野美宇(同18位)を4-1で下し、女子では史上4人目となる3連覇で4度目の優勝を果たしたが、改めて存在感を見せたのは敗れた平野の方だ。 準決勝では15歳対決となった伊藤美誠(同12位=リオ五輪女子団体戦代表内定)を4-0のストレート勝ちで下し、初の決勝では女王石川から1セットをもぎ取っ…

女子世界ランク5位の石川佳純

世界卓球でメダル狙う 石川佳純が語った驚異の「肉体改造」

搭乗を前に取材に応じた女子世界ランク5位の石川佳純(22)が、こう言って単複でのメダル獲得を誓った。 今回は日本女子トップの第5シードにエントリーされ、シングルスでは準々決勝まで強豪の中国勢との対戦はない。日本のエースとして大会に臨むだけに「練習は十分にしてきた。一戦一戦、大事に戦えば結果はついてくる」と手応えを口にした。 個人で初の表彰台を狙う石川を支えるのは強靱…

中国でファン急増/(C)日刊ゲンダイ

実力、人気とも福原愛超え 石川佳純が中国でモテモテ

日本女子(B組)は、1日のオーストラリア戦にエースの石川佳純(21)を温存しながら完勝。1次リーグを5戦全勝で準々決勝へ駒を進めた。最大の敵である中国(A組1位)とは頂上決戦まで顔を合わせないが、その中国では日本との金メダル争いを望む声が多いそうだ。 ファンのお目当ては、やはり石川だ。中国では、国内スーパーリーグに参戦し、中国語もペラペラの福原愛(25)の人気が高い…

ダークホースの17歳

世界卓球トップ内定 “4人目”加藤美優が黄金世代を脅かす

リオ五輪の団体で銅メダルを取ったエースの石川佳純(23)や伊藤美誠(16)は代表入りが確実視されているため、この選考会にはエントリーしていない。5人ある世界卓球の出場枠のうち、残りの3枠を選考会で敗れた早田ひな(16)や浜本由惟(18)、選考会に参加しなかった平野美宇(16)らで争うことになる。 伊藤、平野、早田の3人は国内卓球女子の「黄金世代」と呼ばれている。ち…

(左から)世界ジュニア選手権女子団体で優勝した伊藤美誠、平野美宇、加藤美優、早田ひな

五輪候補に急浮上 「黄金世代」新ヒロイン早田ひなの実力

前卓球女子日本代表監督の村上恭和氏(現日本生命女子卓球部監督)によれば、「福原愛、石川佳純など、個別に才能のある選手はいたが、ここまで能力のある選手が揃った世代はない」という。よってこの3人は「黄金世代」と呼ばれているが、それぞれ持ち味が違う。 前出の村上氏が言う。 「美誠はアイデアが豊富で戦術家。美宇はミスが少なく安定感がありコースを突く。この2人や福原と石川の身…

メダリストは参加しないのか

愛も佳純も出場せず? 卓球新リーグに早くも囁かれる不安

日本卓球リーグは実業団の強豪チームが覇を競うが、そこにリオ五輪女子団体で銅メダルを獲得した福原愛(28)、石川佳純(23)、伊藤美誠(16)や、男子シングルスで初のメダルを獲得した水谷隼(27)の名前はない。つまり、日本卓球リーグは「プロリーグ」という位置付けながらトッププロが不在ということになる。 日本代表候補選手は国際大会を中心に転戦している。選手の最終目的は五…

初戦で敗退した石川佳純

石川と福原が負けた北朝鮮の選手は想像を超えていた

団体戦の前に行われたシングルスでは、エースの石川佳純(23歳・世界ランク6位)が北朝鮮のキム・ソンイ(22歳・50位)にまさかの初戦(=3回戦)負け。3位決定戦では福原愛(27歳・8位)もキムに敗れた。その敗因などについて、女子日本代表監督だった村上恭和氏(58)に聞いた。 ――石川の初戦敗退にはびっくりしました。 「五輪を迎える前にいろいろなところで言いましたが、…

村上恭和監督

独戦1番手・伊藤美誠まさかの大逆転負けが痛手に

その団体戦や、エース石川佳純(23)が初戦負けを喫したシングルスなどの舞台裏を、女子日本代表監督だった村上恭和氏(58)に聞いた。 ■勝ちを計算していたダブルス ――悔しい思いをしたドイツ戦ですが、帰化した元中国選手が2人いました。 「ロンドン五輪後、ハン・イン(当時世界ランク7位)とシャン・シャオナ(同20位)が出るであろうことは分かっていました。ロンドンの時もそ…

会見した石川、福原、伊藤

団体銅の福原愛 4年後に言葉濁す「まずはゆっくり休む」

リオ五輪の卓球女子団体で銅メダルを獲得した福原愛(27)、石川佳純(23)、伊藤美誠(15)の3人がリオ市内で会見を開いた。 チーム最年長で主将の福原は「昨日は試合が終わってからずっと夢なんじゃないかという思いが強かったけど、だんだん実感が湧いてきた」と笑顔。一方、最年少の伊藤は「メダルを取ることが目標だったので、首にかけてもらってうれしい。(日本に)帰ったらお肉…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事