日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

堺雅人特集

「僕は理想の俳優がウォーズマンなんですよ」by 堺雅人


番組中に「魚津万蔵」に改名したいと思っていた、と突拍子もないことを言い出した、堺雅人(41)。その理由を答えた言葉を今週は取り上げたい。 ウォーズマンとは人気マンガ「キン肉マン」に登場する全身真っ黒なロボット超人だ。堺は本当に変わった男である。この番組ではさらに、バイトを無断「出勤」してクビになったことがあるとか、空間認識が苦手で「右・左」がとっさに分からないとか、美術のヌードモデルをやったこと…

再び社会現象を起こせるか

半沢&リーガルと一線 「Dr.倫太郎」に見る堺雅人の“真骨頂”


【連載コラム 「TV見るべきものは!!」】 ドラマ「Dr.倫太郎」(日本テレビ系)の主人公・日野倫太郎(堺雅人)は優秀な精神科医だ。社内いじめに遭っていたOLを救い、秘書を愛したことで悩んでいた小説家を再起させ、政権を仕切る官房長官を陰で支えていたりする。 それでいて、自らの恋愛となると不器用だ。売れっ子芸者の夢乃(蒼井優)に引かれるが、自分の心も相手の気持ちも簡単には分析できない。 また、毎回…

「Dr倫太郎」vs「アイムホーム」

春ドラマ辛口採点 キムタク「アイムホーム」に識者の評価二分


4月スタートの春のドラマは、元祖視聴率男・木村拓哉(42)と旬の演技派俳優・堺雅人(41)の同世代対決が話題だ。識者の評価は――? 「Dr倫太郎」(日本テレビ系)は、「半沢直樹」でブレークした堺雅人(41)が精神科医を演じる異色の医療ドラマ。医者モノは腐るほどあるが、心の病をモチーフにするのは珍しい。 作家の吉川潮氏は、「堺雅人の包み込むような雰囲気やしゃべり方は、心が病んでいたらこういう医者に…

堺雅人から柴咲コウへバトンタッチ

「一年諦めて」 堺雅人が柴咲コウへ大河リレーで“珍忠告”


その立役者のひとりである堺雅人(43)から、次回作「おんな城主 直虎」の柴咲コウ(35)へのアドバイスは、演技や生活習慣より切実だった。 「いろいろな方に不義理をした。友達にもほとんど会わなかった。一年は諦めた方がいいよ。柴咲さんも不義理をするということで、友達に待ってもらってください!」 真田幸村が14年間の幽閉生活を送った紀州九度山特産の柿とともに、次の主演の座を譲り受けた柴咲。堺とは異なり…

また高視聴率を叩き出すか?

真田丸ヒットも追い風 堺雅人に「半沢直樹」続編説が浮上


「この10月から『半沢直樹』の続編を放送することを、ようやく主役の堺雅人に内諾してもらったようです。情報解禁は早くて8月下旬。現在、堺が出演するNHKの大河ドラマ『真田丸』の収録がすべてクランクアップするのが8月以降で、ギリギリまでPRができないということです。制作スケジュールはかなりハードになるけど、これまで周囲に“幻のドラマ”とからかわれてきたことを思えば、気にもならないでしょう」(制作会…

真田幸村役に浮上

「朝番組」不調、「半沢」堺雅人にはソデ…TBSの四面楚歌


発売中の「女性自身」によると、主演の堺雅人(40)が16年のNHK大河ドラマの主役に抜擢され、他の連ドラ出演は難しい状況らしい。 16年の大河ドラマは真田幸村が主人公で、三谷幸喜が脚本を担当。三谷は04年に手がけた大河ドラマ「新選組!」で、当時はそれほど知られていなかった堺を抜擢。堺も大ブレークのきっかけになったのは、08年の大河ドラマ「篤姫」への出演だった。 「『半沢直樹』の続編は来年の1月期…

「パンドラ」シリーズで主演/(C)日刊ゲンダイ

監督絶賛! 堺雅人が「パンドラ」で見せる“素の演技力”


堺雅人(40)が15日、ドラマWスペシャル「パンドラ~永遠の命~」(27日22時~、WOWOW)の制作記者会見に出席。高視聴率を立て続けにマークした「半沢直樹」「リーガルハイ」に続く主演作をこう振り返った。 「責任感と新しい風を吹き込めたらと思って取り組みました。すばらしい骨格を持った作品。楽しく、勉強になりました」 役者一筋22年、早大時代から劇団員として場数を踏んできた男とは思えない謙虚さ…

2度目の正直/(C)日刊ゲンダイ

堺雅人&菅野美穂 “箝口令”敷かれた挙式会場の本命は…


堺雅人(40)と菅野美穂(36)夫妻が滞在先のハワイから帰国。ウワサされた挙式はせず、両家の親族の食事会だけで済ませたようだ。 となると、気になるのが、ホンモノの挙式場所だ。実はこの2人、昨年、島根県の出雲大社に挙式の申し込みをしていたが、関係者がツイッターでバラしてしまい、挙式を延期した経緯がある。 「ただし、年も改まったことでやはり当初の意向通り、出雲大社で挙式する予定のようです。関係者には…

引く手はあまた/(C)日刊ゲンダイ

なぜだ!? 堺雅人&能年玲奈のCM契約が伸びないワケ


堺雅人(40)と能年玲奈(20)の名前が、ランキングに入っていなかったのだ。 今年は「半沢直樹」と「あまちゃん」の2つのドラマが話題をさらった。「倍返し」と「じぇじぇじぇ」は流行語大賞にもなっている。その主人公ともなれば、引く手あまたになりそうなもの。実際、あまちゃん関係では、有村架純(20)が下半期だけで9社と契約の荒稼ぎ。合計11社で女性タレントの6位タイに食い込んでいる。 それなのに堺は5…

None

タモリの億単位の「穴」埋めた堺雅人&夏目三久の大躍進


その大きな理由が堺雅人と夏目三久の大躍進である。周知の通り、堺は「半沢直樹」(TBS)で大ブレークし、仕事のオファーが殺到。事務所的には一番オイシイCM契約も続々と決まっている。 夏目もフリー転身後、「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日)、「バンキシャ!」(日本テレビ)などでキャスターとして活躍。「いずれは情報番組やワイドショーなど帯番組の司会も視野に入っている」(テレビ関係者=前出)という。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事