日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

益子修特集

三菱自動車の益子社長(右)と同社会長を兼務することになったゴーンCEO

3社トップ兼務のゴーン社長 三菱自にどう切り込むのか?


「三菱自動車の益子修社長が続投することでハッキリしました。ゴーン氏は本気で自ら乗り込んで切り込むつもりはありません。三菱自動車は、東南アジアで市場を握っているし、三菱グループへの販売も根強い。ゴーン氏はタイトルホルダーのところがあって会長職を引き受けた面もあります。西川氏はポスト・ゴーンのひとりではありますが、ゴーン氏が近い将来に引退すればの話です。時間が経てば志賀氏のようにゴーン氏より先に勇…

明暗分かれた?(益子会長・左と相川社長)

経営責任はどうなるのか 不公平人事に反発の動き


三菱自動車の益子修会長と相川哲郎社長は燃費データ不正の責任を取ってともに辞任する方向だったが、日産自動車による「救済買収」によって事態が急変している。開発部門を担当していた相川氏だけが辞任し、益子氏は暫定的に残留することになった。 ここに今回の買収のポイントがある。三菱関係者は「提携が短期間で合意できた理由は、ゴーン氏と益子氏の信頼関係以外の何物でもない」と言う。4月20日に不正が発覚して以来、…

手前から益子会長と相川社長

三菱自・相川社長が辞任へ “実質トップ”の益子会長は留任


一方、益子修会長は留任し、日産自動車による34%の出資が完了する今秋ごろまで暫定的に社長を兼務するというが、社内には「この10年にわたり、実質的なトップは益子さん。引責辞任するなら彼の方では」なんて声もある。 三菱自は18日、燃費データ不正に関する社内調査結果を、国交省に追加報告する。三菱自はこの中で、販売中の9車種のほか販売を終了した車種についても、調査の状況を公表する考え。不正の疑われる車…

ゴーン氏の狙いは…(益子会長=写真右上と相川社長=同右下)

三菱自 ありえない会長&社長続投案にゴーン社長の皮算用


当然、引責辞任するとみられていた益子修会長と相川哲郎社長の“続投案”が浮上しているからだ。 三菱自再建のためにグループご三家の三菱商事から送り込まれた益子会長は、かれこれ10年以上も経営トップを務めている。先月の段階では「本人も系列会社の関係者に辞意を伝えていたそうです」(同社関係者)。 それが急転直下の続投案。一部で「来月の株主総会後も(経営陣を)続投させる案を検討している」と報じられ、中堅社…

してやったり?(左から日産・ゴーン社長と三菱自・益子会長)

三菱自を電撃救済 日産ゴーン社長に「自作自演か」の声も


疑問だらけです」(大手自動車メーカー幹部) 12日、ゴーン社長と三菱自の益子修会長はそろって記者会見した。ゴーン社長は「三菱自動車のブランドを守り育てる」と言い、益子会長は「日産との提携は信頼の回復や経営の安定を目指す上で重要」と強調した。 ■世界3位グループに浮上 日産は2373億円を出資し、三菱自の株式34%を保有する筆頭株主に躍り出る。日産・ルノー連合は、三菱自をグループに取り込んだことで…

三菱商事出身の益子会長(中央)と重工出身の西岡元会長(右)

大衆尊重せず プライドだけは高い「重工DNA」の罪


当時、社長は三菱商事出身の益子修現会長で、会長は重工の社長・会長を務めた西岡喬氏。「益子氏は後任に相川氏以外を推したが、西岡氏が相川氏で押し切った」(三菱グループ関係者)。西岡氏を重工の社長・会長に起用したのが賢太郎氏だったため、その恩に報いるための人事だったとの見方もある。 ただ、「哲郎氏は父と違って温厚で誠実な人」との評判で、現場からの信任は厚いそうだ。 今回の不正の責任を問われ、益子、相…

三菱自動車・相川社長(右)も“お飾り”だった

25年前から不正横行 三菱自の“隠蔽体質”作った本当の戦犯


■グループ全体を覆う“闇” その後は、資本・業務提携を結んでいたダイムラー・クライスラー(現ダイムラー)から外国人社長が送り込まれるなど紆余曲折があり、05年に現会長兼CEOの益子修氏が社長に就任。 「“三菱ご三家”のひとつである三菱商事出身の益子さんに、格下のプロパー社員が物申せるわけがない。隠蔽体質はさらに強まっていった。益子さんは再建のメドを立てたといわれますが、14年に相川さんを社長に…

相川社長は蚊帳の外だった!?

不正の三菱自に高まる消滅危機 グループ御三家も見切りか


あの時は“三菱御三家”の商事、銀行、重工が救いの手を差し伸べて延命しましたが、もうかばいきれませんよ」(三菱重工関係者) ■再建メド立ち始めた矢先の不祥事 04年のリコール隠し後は、再建を託された三菱商事出身の益子修氏が、05年に社長に就任(14年から会長)。10年を経て13、14年度と過去最高益をたたき出し、やっと再建のメドが立ち始めた矢先の不祥事だ。 経済ジャーナリストの井上久男氏が言う。 …

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事