日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

中丸敬特集

むしろ松井(奥)が安楽(手前)にべったり?/(C)日刊ゲンダイ

ドラ1安楽の“教育係” 楽天・松井裕には「プラス材料」のワケ


松井が中学時代に所属していた緑東シニアの中丸敬治監督は「むしろプラスに働くのでは」と言う。 「松井は昔から後輩の面倒を見るのを苦にしない。むしろ、そうやって世話を焼くのが好きな性格です。松井は黙々と孤独に練習するタイプではありません。去年はチーム内で一番年下でしたが、後輩の安楽くんも一軍キャンプに参加ということで精神的な余裕も出来るはず。人に教えることで、自分も基礎や教わったことを思い出すことに…

先発じゃダメだったけど/(C)日刊ゲンダイ

楽天・松井裕に中学時代の恩師「150キロを投げちゃダメ」


これに「二軍落ちじゃなくて良かった」と話すのが、中学時代に所属していた緑東シニアの恩師、中丸敬治監督だ。 「松井はメンタルが弱いということはないけど、一軍の雰囲気に戸惑っていたところもあったんじゃないか。中学の時は監督におだてられてやってきたようなものですから(笑い)。二軍では相手を見下ろして伸び伸び投げられるけど、それではいつまでも一軍の雰囲気に慣れることは出来ない。まあ、プロではない素人の私…

茫然自失/(C)日刊ゲンダイ

2軍落ち楽天・松井裕に「力みすぎ。冷静に」と恩師がエール


中学時代に所属していた緑東シニアの中丸敬治監督は「周囲にあれこれアドバイスをされすぎて、頭の中がパニックになっているのでは」とこう言う。 「私は付き合いが長いからでしょうけど、松井はマウンドの表情を見れば状態がわかる。勝つ試合の時は、マウンド上で明るい笑顔を見せていた。今は顔がひきつっているでしょう。あまり緊張しない子なんですけどね……。23日などはとても投げられるような状態ではなかったと思う。…

黒星もバネに/(C)日刊ゲンダイ

松井裕にプロ洗礼も 大物ぶり証明した初登板の心・技・体


松井が中学時代に所属していた緑東シニアの中丸敬治監督は「ハートは強い子でしたから」とこう言う。 「とにかく負けず嫌いで、打てるものなら打ってみろ、という投手でした。変化球には絶大な自信を持っており、中学時代はカウント3ボールから3球続けてカーブを投げて三振を奪う度胸の良さもある。松井が精神的に崩れるのは、自信を持って投げた変化球を打たれた時くらいではないか。野球では常にマイペース。周囲に流され…

オリックス打線をひとひねり/(C)日刊ゲンダイ

中学時代の監督が明かす 松井裕の本質は「変化球にアリ」


■「ブルペンでは良さが分からない」 中学時代に所属していた緑東シニアの中丸敬治監督は「ブルペンを見ても松井という投手はわかりませんよ」とこう話す。 「昔からブルペンよりもゲームでこそ力を発揮するタイプでしたからね。私が久米島キャンプに行ったときも、ブルペンでは直球の制球がバラバラ。それでも、周囲の関係者が『今日のブルペンは今までで一番いいぞ』なんて言っていましたから(笑い)。確かに松井は直球だ…

下半身を強化/(C)日刊ゲンダイ

バントシフト練習で露呈…松井裕は「牽制」と「捕球動作」にも難あり


中学時代に所属していた緑東シニアの中丸敬治監督が「昔からそうでした」と続ける。 「高校時代も、投げるボールは超高校級。フィールディングは、まあ高校生レベル。牽制は中学生レベル。桐光の野呂監督も、それほどうるさいことは言わない監督でしたからね。あれだけのボールを投げられれば、多少牽制などが出来なくても高校生相手なら十分に抑えられる。アマチュア野球だと、牽制球は体さえ一塁方向に向いていれば、足はそれ…

両親と松井/(C)日刊ゲンダイ

監督の孫の誕生日まで記憶…楽天1位・松井を支えた母親の「気配り」


松井が中学時代に所属していた緑東シニアの中丸敬治監督が言う。 「気配り、気遣いですね。私の座右の銘が『一期一会』なのですが、松井くんのお母さんはその文字の焼き印が入ったカステラを私に送ってくれたことがあります。お土産をもらったからうれしいというわけではなく、座右の銘を覚えていてくれて、『監督の言葉のカステラがありました』と言ってくれたのがうれしかった。そうそう、ドラフト後にも、こんなことがありま…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事