日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

川井重特集

調査の“手綱”は都議会に

豊洲“盛り土”真相解明で問われる都議の存在意義と本気度


小池の就任直後、都議会自民党に挨拶回りを行った際、川井重勇議長は「知事と議会は両輪です。一輪車にならないように」と言っていた。豊洲問題は10月6日の港湾・経済委員会で集中審議が行われる。都議会の方こそ“両輪”になることを目指して、徹底解明すべきだ。 「東京都の行政のトップである小池知事が、身内の組織を調査すると言っても、“お手盛り”を疑われてしまう。今回はある意味、小池知事が調査の“手綱”を都議…

自民都連新会長に就任する下村元文科相

都連会長に下村博文氏 小池知事と融和路線もドンの傀儡か


「都議会の議長経験者という既定路線なら、高島直樹・前議長か川井重勇・現議長ですが、内田さんに近すぎる。そこで浮上しているのが、高島さんの前の議長だった吉野利明さん。今期限りで引退するのではとみられていたので、通常なら都連幹事長はありえませんが、吉野さんになるなら、都議会は来夏の都議選までは小池都知事と全面対決しないということでしょう」(前出の自民党関係者) 結局、表の顔が誰になろうが、小池都知…

小池新知事に冷たい対応で川井議長(右)は総スカン

小池知事に塩対応 都庁に苦情殺到で都議会議長“大炎上”


川井重勇都議会議長(68)には、初登庁時の対応をめぐって苦情が殺到。計算高い小池都知事は世論を利用して“宿敵”を葬り去るつもりだ。 小池知事が敵視する自民党東京都連・内田茂幹事長(77)の側近の川井氏が墓穴を掘ったのは、小池知事の挨拶回り。 「知事と議会は両輪。一輪車にならないように」と説教を垂れた揚げ句、握手も記念撮影も拒否。促す報道陣に「あなたの要望に応える必要はないから」と言い放った。その…

舛添都知事(右)の辞表が届けられた経緯を説明する議事部長の新見氏

舛添氏が代理人経由で「辞職願」提出 都知事選7.31有力か


やっと辞職を決めた舛添知事が、川井重勇議長に対する辞職願を代理人経由で提出していたことが分かった。辞めたくなくて未練タラタラなのだろうが、本来は直接、議長に手渡しするのがスジだろう。 舛添知事の辞職願提出を受け、都議会の議会運営委員会の理事会は、15日午後1時からの本会議で採決される予定だった知事に対する不信任決議案の取り下げや、知事の辞職願に同意することを協議したとみられる。舛添知事の辞職は2…

15日午前、登庁した舛添都知事

ようやく辞表提出 “史上サイテー知事”が辞めた後を分析


舛添は15日午前、都議会の川井重勇議長に辞職願を提出した。舛添が都知事の職を追われることになったが、問題は辞めた後だ。次の都知事選、都民は毎度の人気投票にせず、真剣に向き合わないと、再び同じ過ちを犯すことになりかねない。 ファーストクラスを利用して海外の最高級ホテルのスイートルームに宿泊する「豪華海外出張」、公用車を使った湯河原温泉の別荘通い、政治資金による家族旅行と美術品購入……。次から次へと…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事