日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

勝村政信特集

左下はラタトゥイユのゼリー寄せ/(C)日刊ゲンダイ

「ビストロやま」勝村政信が推す裏メニュー“差し入れカレー”


数多くの芸能界の常連の中でもとくに店と懇意にしているのが埼玉県出身の勝村政信(50)。グルメ番組でこの店を紹介した際、大好物料理として挙げたのが通称“差し入れカレー”と呼ばれ親しまれてきた、この店の裏メニューだ。 あくまで稽古場への差し入れとして出しているものだが、それでも静岡の銘柄鶏を長時間、煮詰めて作るブイヨンをぜいたくに使った本格派。アツアツを口に入れると凝縮された鶏のうま味、野菜の甘味…

ファンも憧れるミポリンの恋愛至上主義

お騒がせ続きも…中山美穂の舞台に女性客が殺到するワケ


いざ幕が上がると、舞台では百戦錬磨の勝村政信(52)や萩原聖人(44)が安定した芝居を繰り広げる中、スーツケースを引いた中山が登場。途中、セリフを噛んだりアカペラで音程をはずしながら歌を口ずさむ場面もあり、どこかテレビドラマとは勝手が違う様子のミポリンだったが、舞台上で演じる役は「15年の結婚生活を送るも夫に愛想を尽かされ出て行かれた女」という設定。勝村の「ちょっと奥さん!」という言葉に「独身…

三度目の正直/(C)日刊ゲンダイ

打倒ミヤネ屋 フジ新番組MCに「高橋克実」内定情報


八嶋智人や勝村政信、杉本哲太、三谷幸喜といった同じ所属事務所の面々が、ゲストや代打で出てくる可能性も期待できる。何より、過去に自宅にドロボーが入ったことで離婚が発覚するなど、ひとり身の悲哀を自虐ネタにしながらも、再婚を経て、50歳過ぎて初めて子供を授かった。自らワイドショー的な半生を歩んできた高橋さんが、どう情報番組を仕切るのか見てみたい。ただ彼はボケて映えるタイプ。突っ込み上手の共演者を選んで…

10月から新シリーズ放送/(C)日刊ゲンダイ

高畑淳子がブログで伝えた 米倉涼子「ドクターX」撮影現場


『肝S5亜区域切除術』とか……これは勝村政信さんの台詞。『腹膜全切除術』とか……これは米倉涼子さんの台詞。これをペラペラ皆様しゃべります」 高畑は舌を噛みそうなセリフを当たり前のように話す出演者に舌を巻いたようだ。また、意外な一面を暴露されたのは遠藤憲一。 「遠藤憲一さんは、手術手袋が一人色が違う程、手に汗をかいてました。だから、手袋ビシャビシャです」と尋常でない汗の量にビックリ。手術用手袋をは…

13年前と同じ世界観/(C)日刊ゲンダイ

キムタク嫌いも見た? 「HERO」視聴率26・5%の要因


レギュラーを外れた勝村政信だけでなく、児玉清を写真で登場させたこともプラス。昔を知るファンの心理をくすぐりました」(堀江南氏) フジを救うHEROの登場である。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事