日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

大沢あかね特集

派閥「大沢会」のドン

ママ友派閥を拡大中…大沢あかねは“庶民派路線”のアネゴ肌


神田うのを中心とした「うの会」がセレブママタレの派閥だとすると、庶民派ママタレの代表的派閥が大沢あかね(29)を中心とした「大沢会」だ。 祖父譲りの親分肌が慕われ、辻希美や藤本美貴らハロプロ系のタレントが集っている。09年にお笑い芸人の劇団ひとりと結婚。その翌年、妊娠・出産した新米ママではあるが、意外な人望を得ているのは、人脈の広さと元来持って生まれた世話好きな性格ゆえともっぱらだ。 「料理が得…

あとは発売するだけだった…

上重アナ問題に大沢あかね“怒り心頭” コラボ企画がお蔵入り


大沢あかね(29)も怒り心頭だというのだ。大沢は11年から「スッキリ!!」のレギュラーを務めるベテランメンバー。昨年5月ごろから「ABCマート」と番組がコラボした「大人カワイイスニーカー」をテーマにした商品のデザイン開発に関わっていたからだ。 加藤やテリー伊藤(65)、杉山愛(39)の意見も取り入れ、海外工場とのやりとりを経て昨年12月には最終サンプルが完成。1年間に及ぶ大プロジェクトで今春には…

ハリセンボンの近藤春菜

「スッキリ!!」新MC近藤春菜 社会ネタはまだツッコミ不足


店舗の防火対策や出火原因などについて加藤とリポーターの大竹真がやりとりし、大沢あかねは「人に大きな被害がなくて良かった」とコメントした。 後者は阿部祐二がJR本八幡駅北側にある開園予定地だった現場からリポート、373人の待機児童を抱える市の担当者、開園に反対した住民が事情、理由を語ったが、加藤が仕切り、春菜の発言はなしだった。 春菜のコメントを聞けたのは「企画ロケ」コーナー。一つの食材にこだわる…

ママタレたちは戦々恐々

ママタレは戦々恐々…上戸彩「第1子出産」で最強CM女王へ


具体的には元プロレスラーの北斗晶、大沢あかね、木下優樹菜、小倉優子などがこれに当たる。彼女たちはこれまで「ライオン」や「花王」「味の素」「ハウス」「明治」のCMに起用されてきた。しかし――。 「上戸もすでにキッコーマンやサンヨー食品、アサヒ飲料などのCMに出てますから同業他社は無理かもしれません。しかし、家庭用品やベビー用品、子供服などは“未開発”の分野。特に家庭用品は出稿量が多く、ギャラも高額…

芸能界は妊娠ラッシュ

上戸彩も蛯原友里も…ママタレに続いて「妊タレ」急増のワケ


生活用品などのCMが期待できるママタレは神田うの、大沢あかね、木下優樹菜、坂下千里子などの活躍で今や芸能界で最も“激戦区”になっています。今からそこへ参戦するよりは、もっと前倒しして“妊娠から発表しちゃおう”ということじゃないでしょうか」 かつてはドラマ撮影中やCM出演中に妊娠発覚となったら、「契約違反」などと騒がれたものだが、スポンサーサイドも変化しているという。 「妊婦さん=“家庭平和の象徴…

イメージが大事/(C)日刊ゲンダイ

三船、江角が沈み菊池浮上 激変「ママタレ」報酬ランキング


Cは北斗晶、大沢あかね、木下優樹菜、辺見えみりら。5万円以下のDは藤本美貴、くわばたりえ、辻希美、熊田曜子、小倉優子、西山茉希らとなります。ランキングには芸歴はもちろん、夫の影響力や注目度も加味され、CM本数も目安になりますね」 先ごろ発表されたランキングでは、「驚きの変化」が見受けられたのだと、こう続ける。 「3Aクラスの江角が2段階落ちのAクラスに。長嶋家との確執を巡るスキャンダルの影響がい…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事